ザ・マジックアワー The Magic Hour

●「ザ・マジックアワー The Magic Hour」
2008年 東宝、フジテレビほか。136分
監督・脚本:三谷幸喜
出演:佐藤浩一、妻夫木聡、深津絵里、西田敏行、綾瀬はるか、小日向文世、寺島進、戸田恵子ほか
e0040938_104189.jpg

素直に楽しませて、笑わせてもらいました。映画好きには好悪が分かれるかもしれませんね。これは
映画か?と。確かに終始舞台劇を見ているような気分ではありましたが。
三谷の描く世界は、日本では三宅裕司、ラサール石井、伊東四朗、渡辺正行らが興行している関東系の
軽演劇に属するものと思えます。この数年、三宅の「熱海五郎一座」、SETの定期公演、「伊東四朗一座」
萩本欽一一座などの関東系の演劇を見続けているだに、そう思えます。

2時間15分、凝った構成で飽きさせない筆力は買うべきだろう。加えて、三谷組とも言うべき芸達者の
役者が揃いも揃って出演、中でも私は佐藤浩一という俳優さんが好きなので、特に面白く観ました。
e0040938_131226.jpg

allcinemaなどで、映画論をぶっている人々は、それはそれとしておいて、こういうおバカで笑える
映画を作って客を入れられる脚本家が日本に今、いますかね。日本の伝統的軽演劇を大切にしてほしい
と思いますが。どうでしょう。ましてや西洋のコメディと比べるのはナンセンス。
日本には浅草に古川六破、大宮デン助、関敬六らのオリジナリティのある軽演劇が息づき、これが
コント55号やビートたけしらに受け継がれて行くわけですよね。関西の吉本とはまた違った種類の笑いが
三谷作品にも感じます。

街のボスの愛人(深津)といい仲になったホテルの支配人(妻夫木)が、二人を許してもらう条件として
伝説の殺し屋、デラ富樫を5日以内に連れてくること。
あせった支配人は、無名の映画俳優(佐藤)をだまして、映画撮影だから、と言って富樫に成りすまさせ、
ボスをだましていく。このあたりのぎくしゃく感が、とても面白い。さまざまなエピソードを入れながら、
最後は、ばれてしまい、深津も妻夫木も東京湾に沈められることに。その時、子分の寺島が、数日前の
武器の取り引きで偶然、俳優らに助けらた礼として、彼らを逃がした。
全てがウソだったことに愕然とした俳優は、役者をやめようと決心した。しかし、妻夫木と佐藤を逃がす
ため、自分はボスのところに残ることにした愛人を、何とか自分の所に戻したい妻夫木は、佐藤に
最期に一芝居打つことを願い出る。それには、佐藤と仲の良い本物の映画スタッフが協力することに。
そして、結局は筋書き通りにことは運ばず、愛人は元のボスのところに戻って行ってしまい、妻夫木は
がっかり。
e0040938_112866.jpg

そこに、本物のデラ富樫が現れた。彼は、ホテルでけがをする妻夫木らの手当てをしていた
船医だったのだ。しかし、使わないままの特効を、ここぞとばかりに破裂させ、ビックリした富樫は
ほうほうの体で消えていく。そんな佐藤を見ていた子分(寺島)は、佐藤に弟子入りを志願する。
最後は、埠頭に響く、矢吹吾朗の「撤収~」の言葉で終わっていく・・・。

日本の良質な喜劇映画が、きちんと製作されていくことを望みます。
この映画の情報はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/10031195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2009-04-12 10:45
タイトル : ザ・マジックアワー
 『最後に笑うのは誰だ?』  コチラの「ザ・マジックアワー」は、「THE 有頂天ホテル」の笑激から3年、三谷幸喜監督の最新作となる6/7公開のコメディなのですが、やっと観て来ましたぁ〜♪東宝系なので、当初は14日のTOHOの日に鑑賞しようと思っていたのですが、なんと....... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2009-04-19 22:25
タイトル : ザ・マジックアワー
意識したわけではないけれど、今年に入って『月一邦画』のペースが出来ていて、今月の邦画は『アフタースクール』を観に行きました〜^^・だってぇ〜三谷幸喜監督の作品は、『THE・食わず嫌い』で未見なんだも〜んでも、、、あれだけ『コウちゃんズ』とか言ってTVで宣伝しまくっていると、、、辟易しながらもだんだん気になってきちゃったの〜「本当に面白いの?」って― (すぐに影響される性格・恥)ポコっと時間が空いたので、チャチャっと観に行っちゃいました〜【story】暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マ...... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2009-04-26 18:04
タイトル : 映画「ザ・マジックアワー」
終わりよければすべて良しというけれど、有終の美を飾れてないのが残念なところですね、最初からラスト直前まで面白くて笑い死にしそうでも盛り下がる・・ いかにも芝居がかった、それでいて思わず引き込まれてしまうような、芝居じみたボスの愛人高千穂マリ(深津絵里)の... more
Tracked from itchy1976の日記 at 2011-12-26 21:32
タイトル : 映画「ザ・マジックアワー」
ザ・マジックアワー - goo 映画 ザ・マジックアワー - Wikipedia 映画 ザ・マジックアワー(公式サイト) ザ・マジックアワー@ぴあ映画生活 ザ・マジックアワー(映画.com) ○スタッフ・キャスト キャスト: 佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向文...... more
by jazzyoba0083 | 2009-04-11 23:20 | 洋画=さ行 | Trackback(4) | Comments(0)