魔法にかけられて Enchanted

●「魔法にかけられて Enchanted」
2007 アメリカ Walt Disney Pictures,108min.
監督:ケヴィン・リマ
出演:エイミー・アダムス、パトリック・デンプシー、スーザン・サランドン、ジェームズ・マースデンほか。
e0040938_0494983.jpg

これはもう、万人向けの所謂ディズニー映画です。音楽もたっぷり。当然のハッピーエンド。それに
至るまでに、これまでのディズニー映画のパロディが入っていたりで、楽しめます。
ただ、設定があまりにも見え見えなので、ドキドキ感があまりないんだな。アニメと実写の合体と行っても
ニューヨークに現れる時のマンホールのところだけで、もっとあるのかと思った。が、この程度で
良かったと思う。

昔々、アンダレーシアという国に、ジゼルというそれは美しいプリンセスがいました。彼の継母で、王妃の
メリッサは、いずれ現われる王子と結婚すると、自分は王妃の座を追われる、と恐れていた。
森の中で、動物たちと話しながら、理想の王子様の登場を待っていたところに、エドワード王子が現れ、
2人は運命に定められたように結婚することになるが、メリッサ王妃は、王宮の願いが叶う井戸に
ジゼルを連れて行き、そこに突き落としてしまう。 (ここまでがアニメ)
e0040938_0502979.jpg

井戸の中を転落して着いた先は、現在のNY。何が何だか判らない状況の中で、街の中で見つけた
中世風のお城の看板によじ登っているところを、たまたま通りかかったバツイチの離婚裁判を専門に
する弁護士ロバート(デンプシー)とモーガン(女の子)。落ちてくるところを支えて、助けたことから
彼の家に身を寄せることになった。とんちんかんなジゼルだが、底抜けに明るく、近いうちに王子様が
この状況から救い出しに来てくれるに違いない、と思っていた。

ロバートにはナンシーという恋人がいて、間もなく再婚という段取りだったが、遊びに来てみたら、ちょうど
シャワーを浴びて着替え中のジゼルを目撃、ロバートとナンシーの中はまずい状態に。

そうこうしているうちに、エドワード王子も池に飛び込み、婚約者を助けるべくNYにやってきた。
彼も頓珍漢なことをやらかしてハラハラさせるが、やがてジゼルを捜し出すことに成功。
e0040938_0512154.jpg

e0040938_0532799.jpg

ロバートの家から出ていくことになるのだが、ロバートとモーガンは、彼女が去っていくことが寂しい。
この間にも、魔女である王妃から、二人を無き者にするために送り込まれたナサニエルが、なんとか
彼女に毒りんごを飲まそうとしていろいろ苦労するが、これも笑いどころのひとつ。
e0040938_052275.jpg

やがて開かれたキングとクイーンの舞踏会にロバートはナンシーと、エドワード王子は、すっかり現代風
に着替えたジゼルを伴い、参加。お互いにパートナーを入れ替えて踊るところで、ジゼルもロバートも
お互いに惹かれあっていることを理解する。

そこにしびれを切らしたメリッサ王妃が、魔女の恰好で現れ、、ジゼルがロバートを好きになったことを
見抜いて、つらい思い出を消してあげよう、12時になるまでにこのリンゴをかじればいいのさ、と誘う。
e0040938_057878.jpg

ジぜルは、誘いに負けてリンゴをかじり、意識不明になってしまう。「真実のキス」だけが、彼女を
目覚めさせることが出来るのだ。王子がキスをしても目が覚めない。まさか、と思ってロバートがキスを
すると、12時ジャストちょっと前にジゼルが目を覚ましたのだった。
ロバートこそ、ジゼルが求めていた男性だったのだ。その様子を見ていた婚約者のナンシーは、
ロバートに、ジゼルと結ばれることを許してあげるのだった。
しかし、メリッサ王妃は、龍に変身し、ジゼルをさらって高層ビルの上に登る、追いかけるロバートと
協力するエドワード王子。龍は、高いビルから落ちて滅びたのだった。

こうしてロバートとジゼルは結婚することになり、、ナンシー自身は、王子から会場にあった脱げた靴を
履かせてもらい、シンデレラのように、おとぎの国に行くことになる。

ジゼルは現代のNYにおいて、得意のお裁縫の手腕を発揮してブティック経営者として成功、まわりには
当然手伝ってくれる動物たちがいた。ナンシーはおとぎの国で王子と結婚、みな幸せに暮らしましたとさ。

能天気に明るく、動物と話せて、どこまでも前向きなプリンセス・ジゼル。映画館で予告編を見ていた時
から映画館で観る映画ではないな、とは思っていたのですが・・・。小学校女子4年生以上から女子
中学生が観たら楽しい映画ではないでしょうか。大人の男には、ちょいとなあ。撮影当時31歳の
エイミー・アダムスの目もとのシワに目が行ってしまうのは私ばかりではないでしょうねえ。
この映画の情報はこちらまで。
Commented by disneycruise at 2009-04-26 21:50
大人のおとぎ話って感じでしょうか?嫁と見に行きましたが、デートムービーには最適でした。
by jazzyoba0083 | 2009-04-25 19:10 | 洋画=ま行 | Comments(1)