フールズ・ゴールド カリブ海に沈んだ恋の宝石 Fool's Gold

「フールズ・ゴールド カリブ海に沈んだ恋の宝石 Fool's Gold」
2008 アメリカ Warner Bros.Pictures,De Line Pictures,113min.
監督:アンディ・テナント
出演:マシュー・マコノヒー、ケイト・ハドソン、ドナルド・サザーランド、ユエン・ブレブナー、アレクシス・ジーナ
e0040938_1714442.jpg

そこそこの配役なのに、いまいちしまりのない出来になっちゃっているのは脚本の詰めの甘さか。
アドベンチャー、サスペンス、ラブコメ、いろんな要素が入っている欲張り映画なのだが、結局は
夫婦再生の結論か。 カリブ海の光景は美しいが、既視感たっぷりの物語。

スペインのフェリペ国王の婚礼に使うために宝石や金貨を満載した帆船団は、先を急ぐあまりにハリケー
ンに突っ込み、沈んだ。1715年のことであった。

トレジャーハンターのベンジャミン(マコノヒー)と相棒のウクライナ人アルフォンゾは、今日もカリブの海に
財宝を探して潜っていた。しかし、彼らの不注意で、借り出していた船を火事で沈めてしまった。
しかし、その時、スペインの沈船が近くにあることを証明する皿のかけらを発見したのだった。
しかし6万ドルもの借金を背負ったベンジャミンは、島を取り仕切るビッグ・バニーに追われる身となった。
e0040938_17143837.jpg

一方、彼の妻テス(ケイト・ハドソン)は、宝石探しバカのベンジャミンにほとほと愛想を尽かし、離婚を
考えていた。本来ならば大学院で歴史を学び、静かな生活を送りたかったが、ベンジャミンと結婚した
ばかりに周囲はいつも騒がしかった。

そんな彼女が職を得たのが、大富豪ナイジェル・ハニーカット(ドナルド・サザーランド)の大型クルーザー
のキャビンアテンダントだった。彼には若気の至りの勢いで愛したカジノの女が生んだジェマというアホな
娘がいた。
e0040938_17151448.jpg

ベンジャミンは、ビッグ・バニーの一味に重しを付けられて海に沈められたが、危ういところで足の鎖を
ほどくことができ、離婚調停日の午前10時に家庭裁判所に出廷することは出来た。しかし定刻を
数分過ぎたことで、離婚はすでに成立、財産はテスのものになったのだ。しかし全財産と思っていた
船も人出にわたりしかも火事で沈んでしまったことを知ったテスは、ベンジャミンの頭を殴りつけて
去って行ったのだった。
e0040938_17163100.jpg

そんなベンジャミンがハニーカットの娘が海で飛ばしてしまった帽子を体を張って取ったことから、
大型クルーザーに乗ることになり、そこでテスとも再会したのだった。ベンジャミンから皿の破片の底に
付いていた家紋や皿の柄から、間違いなく、その皿はスペイン王家のものであり、財宝を積んだ船は
そのあたりにあることを確信した。
e0040938_17171093.jpg

二人は、新婚旅行でスペインに行った時マドリードの図書館に2年間通い詰め、そこで、財宝船の
謎を解くヒントをたくさん得ることに成功した。それによれば財宝は旗艦カピターナからオーレーリア号に
積みかえられていた、オーレリア号は、ビッグ・バニーの所有する島の一部に乗り上げたことが
判る。島の教会の地下室から記録を探し出した二人は、オーレーリア号の船長の日記を墓の中から
探し当てたのだった。
e0040938_17173787.jpg

ハニーカットは二人から財宝の話を聞いて、娘と宝さがしに乗り出すことにしたが、ベンジャミンの
宝探し仲間のモーらが、一足早く、皿の発見場所にいて、宝探しを始めていた。
e0040938_1718185.jpg

最終的にオーレーリア号の場所を探し当てたベンジャミンらだが、ビッグ・バニーと彼の雇った殺し屋ら
が宝の横取りをもくろみ、二人を襲ってくる。
テスを人質にして水上飛行機で逃げようとするビッグ・バニー、その時、ハニーカットの娘ジェマが水上
バイクで現れ、ベンジャミンを救いあげて、飛び立とうとする飛行機に追いついた。彼はこれにすがり
つき、飛行機からビッグ・バニーを突き落として、なんとか飛行機を不時着させた。

財宝は、引き上げられフロリダにモーとベンジャミンの名前を付けた記念館が作られてそこに展示さ
れた。ベンジャミンとテスの間は修復されおなかにはベビーが。ハニーカットと娘ジェマ、ジェマと
アルフォンゾ、ベンジャミンとモーの間もすべて上手くいったのだった・・・。

そこそこ面白いのだが、どこか安っぽいのはなぜか。財宝船団の旗艦船長と息子の話とか、その
息子が財宝を守るために取った行動など、スペイン国王に絡む話は面白いのに活かしきれていない、
ライバルで仲間でもあるトレジャーハンター、モーの存在も活かしきれてない。逆にアホな娘ジェマの
顛末とかどちらかというとどうでもいいようなところに目が行っちゃってます。オチも、いまひとつひねりが
ないしなあ。
これだけあれこれ言われるのも、カリブの宝探しをテーマにした映画ってこれまでたくさん作られてきた
から、それだけ分野としてはハードルが高いのだよね。
ケイト・ハドソンは「あの頃ぺニー・レーンと」以来のファンだけど、この映画ではもう少し存在感が欲しい
ところ。賢いテスが、宝探しバカのベンジャミンと離れられないのはセックスだけ?それと相変わらずの
胸のなさは、水着のシーンとかあるだけにちょっと可哀そうかな。(要らん心配だな)
e0040938_17185460.jpg

ドナルド・サザーランドがいい押さえとなってはいましたね。
この映画の詳しい情報はこちら
まで
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/10703892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2009-07-26 17:22
タイトル : フールズ・ゴールド カリブ海に沈んだ恋の宝石
 コチラの「フールズ・ゴールド カリブ海に沈んだ恋の宝石」は、マシュー・マコノヒーとケイト・ハドソンのコンビと、「最後の恋のはじめ方」のアンディ・テナント監督による、夏とビーチと水着と恋のロマンチック・アドベンチャーです。  トレジャー・ハンターものは苦...... more
by jazzyoba0083 | 2009-07-25 23:20 | 洋画=は行 | Trackback(1) | Comments(0)