バレンタインデー Valentine's Day

●「バレンタインデー Valentine's Day」
2010 アメリカ New Line Cinema,Karz Entertainment,Rice Films,124min.
監督:ゲイリー・マーシャル
出演:ジェシカ・アルバ、キャシー・ベイツ、ジェシカ・ビール、ブラッドリー・クーパー
   エリック・デイン、パトリック・デンプシー、アン・ハサウェイ、
   アシュトン・カッチャー、ヘクター・エリゾンド、ジェイミー・フォックス、
   ジェニファー・ガーナー、ジュリア・ロバーツ、シャーリー・マクレーン、
   クィーン・ラティファ、エマ・ロバーツ他
e0040938_20132849.jpg

<感想・オチがばれてます!>
まあ、出てくるわ、出てくるわ、ハリウッド・スターのオンパレードで描く、あるバレンタイン
デーの1日。何組かの老若男女がそれぞれのバレンタインデーを過ごしながら、愛の確認作業を
していくのだが、洋画に詳しい人でないと、誰と誰がどうくっついて離れたのか、良く解らなく
なるんじゃないかな。バレンタインデーの性格が日本とは全く違うアメリカの風習を理解して
からみるべし。
 記憶に残るのが花屋のアシュトン・カッチャー&ジェシカ・アルバ組、アン・ハサウェイ&
トファー・グレイス組、不倫を隠して付き合っていてバレテしまったパトリック・デンプシー&
ジェニファー・ガーナー組、飛行機で隣り合わせになったブラッドレー・クーパー&ジュリア・
ロバーツ組、(ブラッドレーはフットボール選手のエリック・デインのゲイ仲間であることは
この映画のオチの一つ)、シャーリー・マクレーン&ヘクター・エリゾンド組のマゴが一番
好きな女の子に花をあげるんだと頑張るのだが、その相手が、学校の先生で不倫に破れた教師
ジェニファー・ガーナー。
e0040938_20142878.jpg

e0040938_2015678.jpg

e0040938_20153564.jpg

その孫の母親がジュリア・ローバーツであることもオチの一つである。つまりマクレーンの娘が
ジュリアだったというわけだね。で大オチは、花屋アシュトンは、幼馴染であった教師
ジェニファー・ガーナーと結ばれる、ということになる訳。アルバは、アシュトンのような純な男の
相手になるような女性では無かった、と。またフットボール選手のエージェントである
ジェシカ・ビールは、スポーツキャスター、ジェイミー・フォックスと出会い、惹かれていく。
e0040938_20161940.jpg

15人のそれぞれのバレンタインデーを描きながら「愛するということは、その人の欠点や
醜い点も含め愛するということ」という結論にたっするのだ。
ロバート・アルトマンも斯くや、とばかりの群像恋愛劇だが、似たような話があったりで話が
とっちらかってしまった点は否めないし、だいたい、アルトマンばりに長い!長すぎ。
それぞれの配役たちのそれぞれのシチュエーションにおける演技はみなさすがだし、共感を
得られるものがあるだろう。ジュリアなんてエンドロールの手前のNG集みたいなところで
舞台となって出てくるビバリーヒルズ・ウィルシャーホテルをおちょくる以外はもったいない
使い方(贅沢な?)だなと思う。いずれにせよ、アルトマンほどの深い思想性はなく、デート
ムービーとして楽しめばいいのじゃないかな。それにしても客が入って無かったなあ。
e0040938_2017212.jpg

e0040938_2017367.jpg

e0040938_20233888.jpg

<ストーリー>
「一緒に暮らす恋人(アルバ)に、朝一番でプロポーズをした花屋を営む男。(アシュトン)
笑顔で婚約指輪を受け取った彼女は、彼が出かけた後に、なぜか部屋の荷物をまとめ始める…。
飛行機でたまたま隣り合わせた男女。(ジュリア&ブラッドレー)男は洗練された物腰が魅力
的な30代。女は11ヶ月ぶりに一晩だけ、LAでの滞在許可が出た軍人。
会話を交わすうちに惹かれ合う二人だが、共に目的地には意外な人が待っている…。

理想の男性と出会い、幸せいっぱいの小学校教師。(ジェニファー・ガーナー)仕事で出張に
行く彼(デンプシー)をこっそり追いかけると、彼は飛行場ではなく、秘密の場所へと向かっ
ていた…。
結婚50年を過ぎても変わらぬ愛を誓い合う夫婦。(マクレーン&ヘクター)だが、よりに
よってこの日に、妻は夫に重大な告白を始める…。有名アメフト選手のマネージャーをする
女(ビール)は、今年も開催予定の“バレンタインデーなんか大嫌いだ!パーティ”の参加者
がまだゼロと知り焦る。そんな彼女に近づくスポーツキャスター(フォックス)は、彼女が
バレンタインデーを嫌う本当の理由を知った時から、彼女の存在が気になり始め…。
e0040938_2019716.jpg

e0040938_2024365.jpg

バレンタインデーのロサンゼルスを舞台に、恋愛と完璧なバレンタインを求める老若男女15人の愛の行方を描くラブストーリー。監督は、今も恋愛映画の最高傑作の一つとして絶大な人気を誇る『プリティ・ウーマン』のゲイリー・マーシャル。(作品資料より)

この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/12189028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2010-02-21 22:13
タイトル : バレンタインデー
 『甘い恋もある、苦い恋もある。』  コチラの「バレンタインデー」は、「プリティ・ウーマン」の監督と豪華キャストが贈る、15人が全力で想いを伝える1日を描いた2/12公開のアンサンブル・ロマンティック・コメディなのですが、バレンタインデー当日の今日、観て来ちゃ...... more
by jazzyoba0083 | 2010-02-21 12:20 | 洋画=は行 | Trackback(1) | Comments(0)