プロフェシー The Mothman Prophecies

●「プロフェシー The Mothman Prophecies」
2002 アメリカ Lakeshore Entertainment,119min.
監督:マーク・ペリントン
出演:リチャード・ギア、ローラ・リニー、ウィル・パットン、ルシンダ・ジェニー他
e0040938_193475.jpg

<感想>
「数多くのUFO現象や怪奇現象で有名な地域ウェスト・バージニア州ポイントプレザントで
実際に起きた数々の怪奇現象を題材にしたミステリアス・サスペンス。」(allcinema)

いわゆる都市伝説の一種、「蛾男の予言」を映像に凝ったタッチで綴るが、結果ウッチャリ型
サスペンスの典型だ。蛾男が起こしていると思しき奇怪な事象が次々と発生、それに
巻き込まれたワシントン・ポストの有能記者(リチャード・ギア)の苦闘、苦悩を描く。
オカルティックだが、事実を元にした話であるという。

オカルティックなサスペンスなので、基本は何でもアリ。どんな不思議な現象が起きようが、
そういう映画なので。リチャード・ギアと口元が美しいローラ・リニーの演技に支えられ、
何とか観きった、という感じ。不思議な現象の謎は結局解けず、都市伝説は続くのであった・・
という風に終わっていくので、隔靴掻痒の感は否めない。で、どーなったのよ!という感じ。
モスマン(蛾男)の謎が深く描かれないので、映画に不安定を与えている原因が判らないから
落ちつかない終わりになるのだね。

<ストーリー>
ワシントン・ポストの有能な記者ジョン・クライン(ギア)は、新しく大きな家を郊外に
買うことに決め、その帰り道、運転していた妻メアリーが、突然何かにぶつかったような
そぶりの中で急ハンドルを切り、事故を起こす。
意識不明になったメアリーだったが、検査の結果、60万人に一人という極めて珍しい脳腫瘍に
罹っていたことが判明、意識は回復するが、メアリーは間もなく帰らぬ人に。
妻は亡くなる前に「事故の時、あれは見た?」と話していた。
メアリーのベッドサイドには、黒い人物の絵がたくさん残されていた。

2年後。仕事でDCからリッチモンドに向かっていたジョンは、1時間600キロ移動した、
ウエスト・ヴァージニアのポイント・プレザントという街にいた。無意識のうちにクルマが
時速600キロで移動したことになる。
そこでクルマが故障し、近くの家を訪ねると、いきなり、ストーカーの犯人に仕立てられ、
そこの主人に銃を突きつけられ、警察を呼ばれてしまう。彼曰く、このところ3日間毎夜、
2時半ごろ、家のドアを叩く奴がいるんだ、ということで、それがジョンだというのだ。

そこの主人エドも不思議な体験を重ねていた。また警官のコニー自身も不思議な体験をした
という。この街ではそういう体験を警察に報告してくる人が最近実に多いという。

ジョンは、都市伝説を研究している男を探し出してその謎を追求しようとする。彼の口から
説明されたのが蛾男の伝説だ。蛾男は未来を予告するという。
エドは飛行機が墜落することを、またエクアドルで地震があり多くが亡くなることも、
蛾男のささやきで、事前にそれらしき悲劇が起きることを知っていた。

さらにジョンはホテルの電話で、街に流れる川で悲劇が起きる、というメッセージを受け取る。
音声をテープに取って専門家に解析してもらうが、その声とは人間のものではなく、電気だ、
というのである。ジョンは、知事が川に面している工場を視察に来る、という情報を聞き、
知事の身に何かが起きると思い、来訪した知事一行に工場に行くな、と身を挺して忠告するが、
結局何も起きなかった。

そしてクリスマスイブ。前の日にDCのジョンの自宅に亡くなったはずの妻から電話がかかる、
というメモが来たジョンは、DCに行ってみる。指定された時刻に電話は鳴るが、コニーからの
忠告もあり、電話には出ず、ポイントプレザントに戻ってきた。
そして、クルマで街に入ろうとすると、信号の故障とかで、川に架かる大きな鉄橋大渋滞を
起こしていた。と、その時、橋がクルマの重みに耐えかねて?鉄橋の支えが次々と外れ、
橋が崩壊を始めた。たまたま、パトカーに乗っていて橋の上にいたコニーも、事故に巻き込まれ
てしまう。川に落下し、水中に没したパトカー。ジョンは、高い橋から川に飛び降り、川底の
パトカーの中からコニーを引っ張り上げて救った。

救助に当たっていた消防チーフに何人犠牲になったかと尋ねると36人だいう。そこでコニーと
ジョンは顔を合わせた。コニーが前に観た幻想というのが、「目を覚ませ!37番」という
ものであったのだ・・・

橋の崩落の原因は結局判らずじまい。その後ポイントプレザントから蛾男の噂は消えたという。
しかし、今でもアメリカのどこかで蛾男の噂を聞くことが出来るという。
この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/12223183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2010-02-27 19:31 | 洋画=は行 | Trackback | Comments(0)