その土曜日、7時58分 Before the Devil Knows You're Dead

●「その土曜日、7時58分 Before the Devil Knows You're Dead」
2007 アメリカ Lincefilms,117min.
監督:シドニー・ルメット
出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、イーサン・ホーク、マリサ・トメイ、
   アルバート・フィニーほか。
e0040938_19512254.jpg

<感想とストーリー>
3連休の最後、午後に時間が空いたので、観てみたが、暗い映画だったなあ。カタルシスを
感じないタイプの映画で、こういうのは苦手ではあるが、作品としては面白かった。
1つの事件を発端とする、ある家族の崩壊の過程を、時制をずらしながらマルチに描く。
息苦しいくらいにやりきれない展開だが、引き込まれていく力強さは感じた。それは
フィリップ・シーモア・ホフマンをはじめとする演者たちの、深い演技が醸し出すものだと
思った。特に父親のアルバート・フィニーの活躍は、ひときわ輝いていたと感じた。
イーサン・ホークのダメ弟も良かったね。終始おどおどしている人生を良く演じていた。

セックスシーンやドラッグシーンなど、こりゃ最大限に規制が働くジャンルだろうが、これは
子どもがみても判らんと思うなあ。これを見て観客は何を感じろ、というのだろうか。その
手のカタルシスを本作は排除した。だから、観た後は、重い気持ちが残ってしまうのだ。
逃亡していったイーサン・ホークの行方は判らずじまいなのだが、これとてカタルシスには
到底ならない。オヤジが息子を殺したこと?これも一層の絶望感を募らせているにすぎない。
コーエン兄弟の映画を見た後の感覚に似ていた。うっちゃられ感、とでもいうのかな。
映画としては面白かったが、もう一度観たいと思うのは数年先になるな、という手のものだった。

結局兄はドラッグの金を欲しくて会社の金に手をつけて、リオに高跳びしようとしていたのか?
弟は典型的なダメ夫で、離婚して養育費にも事欠く。そんな弟に兄が強盗に誘う。
襲うのは何と、彼らの両親が経営している小さい宝石店。兄は年寄りが一人で店番をしている
町の宝石店で、60万ドルほどの宝石を奪い、2割で故買し、利益を折半しようというものだ。
店は保険に入っているから実害はない、けが人も出ないと軽く踏んでいた。

弟は両親の宝石店を襲うと聞いて、それだけはダメだというが結局は兄のいいなりに。兄弟
それぞれ金は欲しかったのだ。実行犯に指名された弟は、自分では出来ないヘタれなので、
職場のワルを誘い込む。

そうして強盗が決行された。ボブと呼ばれる実行犯は、開店間もない宝石店に入り込み、
たまたま普段は店に出ない兄弟の母を脅し、(ボブは彼女が彼らの母とは知らない)袋に
宝石を詰め込むが、ケースのガラスを割るのに気をとられている時に、母は銃を取り出し、
ボブを撃った。ボブが脅しのために持っていた銃を母に発射、気丈な母は、傷を負いながら
逃げようとするボブにもう一発ぶち込んで、気絶した。

外のレンタカーでボブの強盗が済むのをドアを開けて待っていた弟は、数発の銃声の後、
ボブが正面ガラスを破って倒れこんできた状況に、失敗した、と直感し、慌てて逃げる。
途中でレンタカーの指紋をふき取り、変装を戻して、兄に失敗したと電話する。

その時点では自分たちの母親が撃たれたとは知らない。しかし、現場に行った父親から
母が病院に運ばれた、と聞いて駆けつけてみると、なんとボブが撃ったのが自分たちの母親で
あったことに愕然とする。母親は植物状態で、父親と兄弟は数日苦しんだ挙句、生命維持装置を
外すことに。自分たちの仕業で母を殺してしまった兄弟。そして最愛の妻を殺された父は
復讐の鬼と化す。
e0040938_19533465.jpg

e0040938_195275.jpg

実は、ボブを計画に誘う時に彼の家で、ボブの妻に弟は姿を見られていて、その妻の兄という
男から1万ドルで決着をつけてやると脅される。兄は、どうして銃を持った仲間なんて連れて
いったのだ、お前を殺してやりたい、と言うが、現状は打開しなければならない。
兄は嫁(マリサ・トメイ)からも逃げられ、会社からは不正経理がばれて呼び出しを喰らって
いた。実は兄嫁と弟は不倫関係にあったのだ。別れ際、そのことを言い捨てていく妻。
e0040938_19535694.jpg

ドン詰まりを解消するために兄が計画したのは、自分が普段から通っているコカインの売人の
マンション。彼らはこの部屋に押し入り、たまたま居た客を射殺。売人も射殺した。実行は
すべて兄。この時点で兄はもう転落するならとことんやってやる、とやけになっていたふうだ。
弟は、そこまでやらなくても、とヘタれて観ているだけ。売人のところから売上金やコカインを
強奪した二人は、ボブの家に行き、兄に1万ドルを渡す。しかし、兄はこれで終わりにするか、
と訊く。兄は、終わりにするさ、というが、兄は信じられんな、と言って背後から射殺する。
さらに妹にも銃を向けるのだが、弟は、それだけはするな、それなら俺を撃てという。
弟ももはや自暴自棄状態に。兄は嫁が不倫をしていたこともあり、弟に銃を向ける。その時
妹が撃った銃が兄の背を貫いた。弟は金を妹に与え、残りを持って逃げた。
e0040938_19542771.jpg

この二人の行動を父がずっと追跡していた。ダイヤの故買屋が兄の名刺を持っていたのだた。
警察署でパトカーに八つ当たりして激突したとき外れかけた後ろのバンパーが、一家の、
また父の頭のねじが外れた状態を表していたようだ。飛び出してきた弟を呼びとめるのだが、
聞こえていたのかいないのか、弟は走り去った。
父は、救急車に運び込まれる瀕死の兄を茫然と見つめる。そして、病室で兄から真実の告白を
受けた父は、ナースステーションに繋がる心電図の端子を自分の胸に付け、寝ている兄の顔に
枕を押しつけて殺害する。父は母を殺したわが子を許すことは出来なかったのだ。
病室を去っていく父の後ろ姿で映画は終わる。
この映画の詳細はこちら
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/12352224
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2010-03-22 19:50
タイトル : その土曜日、7時58分
 『その瞬間、一つめの誤算。 兄は弟に禁断の企てを持ちかけた。 最悪の誤算をきっかけに、 次々に暴かれる家族の闇。』  コチラの「その土曜日、7時58分」は、「十二人の怒れる男」のシドニー・ルメット監督の最新作で、10/11公開となったR-18指定のクライム・サス....... more
Tracked from 気ままな映画生活 at 2010-03-22 21:56
タイトル : No.195 その土曜日、7時58分
人生のどん底・・・ かすかな光明にすがり、きっと元の状態に戻ると 期待するも悪化して最悪の事態を招いてしまう。... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2010-03-23 07:22
タイトル : その土曜日、7時58分
レンタルで鑑賞―【story】アンディ(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、離婚した元妻に娘の養育費もまともに払えない弟ハンク(イーサン・ホーク)を誘い、実の両親が営む宝石店へ強盗に入ることに。しかし事態は最悪な方向へと突き進んでしまう―     監督 : シドニー・ルメット 『十二人の怒れる男』『狼たちの午後』【comment】原題は、“BEFORE THE DEVIL KNOWS YOU'RE DEAD”―「悪魔にお前の死を嗅ぎつけられる前に(天国へ行け)」っていう意味合いだそうです。う〜ん、意味...... more
Tracked from soramove at 2010-04-13 00:21
タイトル : 映画「その土曜日、7時58分」起こりうる最悪の展開そし..
「その土曜日、7時58分 」★★★☆wowow放送 フィリップ・シーモア・ホフマン、イーサン・ホーク主演 シドニー・ルメット監督、117分 、 2008年10月11日公開、2007,アメリカ、イギリス,SPE (原題:BEFORE THE DEVIL KNOWS YOU'RE DEAD )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「ニューヨークに住む会計士のアンディ(フィリップ・シ...... more
Tracked from oguoguの日々映画見.. at 2010-12-06 23:25
タイトル : その土曜日、7時58分
2008年10月上映 監督:シドニー・ルメット 主演:フィリップ・シーモア・ホフマン、イーサン・ホーク他  その瞬間、一つ目の誤算・・・・・・・負のスパイラル、進めば進むほど、見てられないw...... more
Commented by シムウナ at 2010-03-26 23:29 x
TB有難うございました。
うまくいくはずだった簡単な計画が
ひとつのほころびにより家族の裏側の
表情まで写しだしていく展開には
驚きでした。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
Commented by oguogu at 2010-12-06 23:44 x
TB&コメントさせてもらっちゃいますねぇ~。
確かに子供にはわからん深い映画だw
深いのか、浅はかなのかは微妙ですが、親子が壊れていく様は
見応えがありました。
ただ、親が宝石屋なら「金を貸してくれ」と一言言えなかったのか?
そんな親子には成らないようにしたいなぁと言う教訓が残る映画でした。(子供に貸すほどの金は持ってませんけどねw)
Commented by jazzyoba0083 at 2010-12-07 21:22
oguoguさん
何時もありがとうございます。確かに深い映画でした。
カタルシス無しタイプの映画でしたが、嫌いじゃないです。
おっしゃる通り、親に金を無心する算段を思いつかなかった
のは子どもだけじゃなく、親の方にも問題は無かったかと
読める展開ではありますね。
Commented by zebra at 2014-02-03 19:11 x
今朝 アニキ役のフィリップが亡くなったニュースをみました。ご冥福をおいのりします。

作品ですが まあ 失敗に失敗を重ねまくったドミノ倒しな破綻を描いてましたね。
アニキのアンディは社会的地位は確立したものの 会社の金を使い込んでいたし 父親への愛情の渇望や憎しみがあった。弟は妻と離婚して アニキの妻とできてたし・・・心の闇がしっかり伏線になってました。

で・・・お粗末な計画は お粗末な結果しか待ってなかった。

弟のハンクは逃げた後が描かれてませんでしたが まあ捕まったでしょうね。
別れた妻や娘からは 愛想つかされて絶縁されたと見ています。
Commented by jazzyoba0083 at 2014-02-09 19:37
zebraさん コメントありがとうざいます。 F・C・ホフマン、残念でしたね。ヤクのオーバードーズというのにも驚きましたが。いい性格俳優だと思っていたのですが、若くして本当に残念です。
by jazzyoba0083 | 2010-03-22 15:30 | 洋画=さ行 | Trackback(5) | Comments(5)