パッセンジャーズ Passengers

●「パッセンジャーズ Passengers」
2008 アメリカ TriStar Pictures,Mandate Pictures,93min.
監督:ロドリゴ・ガルシア
出演:アン・ハサウェイ、パトリック・ウィルソン、デヴィッド・モース、アンドレ・ブラウアー
e0040938_025997.jpg

<感想>
1日に2回、アン・ハサウェイを観ちゃった。本作は、昨年シネコンに観に行こうかな、と
思っているうちに終わっちゃったもの。よほど客の入りが悪かったんだろうな。
ストーリーは面白い設定なのだが、"シャッター・アイランド"もそうだったけど、「その手なら
なんでもありでしょう」的なオチで、引っ張られる割にはガックリ感もひとしおである。
オチじゃないけど、なんか登場人物がみんな存在感薄いなあ、っていうかそれでいいのか?(爆)
お人形さん顔のアン・ハサウェイがこの役回りが良かったのかどうか。私はもう少し引き締まった
感性が顔に現れる女優さんが良かったのじゃないかなと。短い映画の割には中だるむ。

<ストーリー>
『「プラダを着た悪魔」「ゲット スマート」のアン・ハサウェイが、飛行機事故を巡る
不可解な謎に巻き込まれていくセラピストを演じるサスペンス・スリラー。
共演はパトリック・ウィルソン、デヴィッド・モース、クレア・デュヴァル。
監督は「彼女を見ればわかること」「美しい人」のロドリゴ・ガルシア。
e0040938_033694.jpg
 
 若きセラピストのクレアは、飛行機事故で奇跡的に生き残った5人の乗客のセラピーを担当
することに。しかし他の生存者とまるで様子の違うエリックはグループ・カウセリングを拒否
して個別カウンセリングを要求した上、薄気味悪い言動でクレアを困惑させる。
そんな中、事故の状況を巡って生存者たちの証言と航空会社の公式説明との食い違いが表面化し、
さらに生存者たちが次々と謎の失踪を遂げる事態に。航空会社への不審を強めたクレアは、
懸命に事故の核心に迫ろうとするのだが…。」(allcinema)
e0040938_04519.jpg

e0040938_0652.jpg

★ここからオチですから未見の人は読まないでね・・・

結局、この飛行機事故では全員死んでいて、クレアもエリックもみんな死んでいたのだ。
ね、「シックスセンス」的でしょ?だから、ラストの真実の飛行機事故のシーンと、亡くなった
妹の部屋を訪れたクレアの姉夫婦のエピソードのみ本当で、あとは死んだ人の妄想というか、
作り話だったのだね。だから何にも一致しなくて当たり前。
e0040938_053251.jpg

アーキンという航空会社の人、クレアに治療を依頼するのだが、どことなく挙動不審。そりゃ
そうだ。彼はパイロットだったんだもん。エリックとクレアは墜落した飛行機の隣同士になった
客だった。それがベースになって霊魂は、亡くなっている近しい人が迎えに来るのだよ、てな
オチの中で終わっていく。
え~っ。そんなあ、置いてけぼりかよ!と、サッパリする観賞後の印象では無かった。私はね。
この映画の詳細はこちらまで。
by jazzyoba0083 | 2010-04-24 22:40 | 洋画=は行 | Comments(0)