剱岳 点の記

<●「剱岳 点の記」
2009 日本 東映、フジテレビほか「剱岳 点の記」製作委員会 139分
監督・撮影・脚本(共同):木村大作 原作:新田次郎「剱岳 点の記」
出演:浅野忠信、香川照之、松田龍平、モロ師岡、螢雪次朗、仁科貴、蟹江一平、仲村トオル
   宮崎あおい、小澤征悦、笹野高史、夏八木勲、役所広司ほか。
e0040938_11381130.jpg

<感想>
印象に残ったのは、まず、よくこの原作を映画にしたな、ということ。プロダクションノートを
読むと、殆ど「映画道」の世界。精神一統何事か成らざらん、という古来の日本の映画作法が
この映画を作らせたのだろう。それは木村大作と言う人の精神構造そのものであろう。
原作を読みたくなった。ということは映画の出来としては一歩下がる、ということ。スタッフ
キャストの長時間の努力は認めるが、それが映像美として迫ってくることはあっても映画という
作品として迫ってくるところまでは達していないように私には思えた。
事実のみが持つ重みを事実に忠実に映像化しようとした監督に敬意は払うが。長い時間をかけて
しか撮影できない、立山連峰の自然の美しさは見るに値しよう。
そして、エピソードをいたずらに引きずらない編集方法は良かった。これで長い映画にリズムが
生まれ、勢い吹雪や登山シーンという地味なシーンが多い映画を引き締めていた。
また、主役の浅野忠信のセリフ回しが極めて自然体で、びっくりした。役者と言うのは
どうしても多少はセリフ回しに演技が入るものだが、むしろ不自然なくらい普通にセリフを
しゃべる人なんだなあ、と。ただし全員がそうでないと、逆に浮いて見えてしまうのが残念だ。
e0040938_1138351.jpg

<ストーリー>
「日本映画界を代表する名カメラマン木村大作が自ら初監督に挑み、新田次郎の同名小説を
完全映画化。明治時代末期、国防のため日本地図の完成を急ぐ陸軍の命を受け、最後の空白
地点を埋めるべく前人未踏の難峰・劔岳に挑んだ男たちの命を懸けた真実の物語を圧倒的な
スケールで描き出す。実際に劔岳・立山連峰各所でロケを敢行、測量隊と同じ行程をほぼ
忠実に辿る危険と隣り合わせの過酷な撮影の末に実現した雄大さと迫力に満ちた映像美に注目。
出演は「モンゴル」の浅野忠信と「トウキョウソナタ」の香川照之。
e0040938_1139890.jpg

 明治39年、陸軍参謀本部陸地測量部の測量手、柴崎芳太郎(浅野)は、国防のため日本
地図の完成を急ぐ陸軍から、最後の空白地点である劔岳の初登頂と測量を果たせ、との命令を
受ける。
立山連峰にそびえ立つ劔岳は、その険しさから多くの者が挑みながら誰一人頂上を極められずに
きた未踏峰の最難所であった。
さらに、最新装備で初登頂を目指す日本山岳会という強力なライバルが出現、測量隊には陸軍の
メンツという重いプレッシャーがのしかかる。そんな中、柴崎は前任の測量手・古田盛作(役所)
を訪ね、信頼できる案内人として宇治長次郎(香川)を紹介される。そして翌40年、柴崎たち
測量隊一行は総勢7人でいよいよ劔岳の登頂に臨むのだったが…。」(allcinema)
e0040938_11452370.jpg

日本山岳会の小鳥(仲村)は、自分たちは登頂して終わりだが、柴崎たちは登頂してからそこに
三角点を建て測量を実施する、という仕事がある、ということに感動し、世間ではどちらが先に
初登頂に成功するか、で騒いでいたが、自ら引いて行く。(後に登頂するが)
e0040938_11425577.jpg

柴崎と地元のシェルパみたいな役の人たちは、前年から入念な調査を実施し、翌年の4月に入山
27か所に三角点を建て測量をしながら剱岳登頂の時期を覗っていた。
e0040938_11411198.jpg

e0040938_11413913.jpg

e0040938_11421612.jpg

映画の中では、以外にあっさりと登頂に成功、しかし、そこには行者の杖の先端に付く金属の
印が残っていた。つまり柴崎たちは初登頂では無い、ということになってしまう。陸軍は
三等三角点でなく四等三角点しか建てられなかった(点の記、つまり測量記録に残らない)
柴崎隊の成果を認めようとしなった。しかし柴崎は、誰が先に登ろうが、測量点を置けたことに
満足していた。
e0040938_11435572.jpg

ストーリーとしては飽きずに見ることが出来たし、知らないが故の剱岳を巡る様々な話しを
知ることが出来、面白かった。柴崎が登頂したら、行者の錫杖があったとは(真実らしい)。
富士山より低い2998メートルの山だがその屹立した岩場故、人を近づけ無かった最後の山、
剱岳のエピソードを楽しむことが出来た。
この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/12583593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2010-05-03 23:30 | 邦画・新作 | Trackback | Comments(0)