目撃 Absolute Power

●「目撃 Absolute Power」
1998 アメリカ Warner Bros.Pictures,Castle Rock Entertainment, Malpaso Pro.
監督・製作:クリント・イーストウッド
出演:クリント・イーストウッド、ジーン・ハックマン、ローラ・リニー、エド・ハリス他。
e0040938_022069.jpg

<感想>
最近は、人生の深淵を覗かせてくれるような秀作を排出しているイーストウッドだが、この
映画はどちらかというと「ダーティ・ハリー」系のエンターテインメント性たっぷりの作品。
このところの映画と比較するものでもないとは思うけど、厚みとリアリティにはやや欠けるか。

しかし、娯楽映画のツボを心得た構成は、2時間全く飽きることなく見せてしまうのは流石だ。
大統領の犯罪にしてはちょっと無理がなるかな、とか詰めの甘さを感じるところもあるが面白い
映画であったことは確かだ。
大統領を演じたジーン・ハックマンは大統領と言うにはどうもなあ、という感じがした。
娘役のローラ・リニー、いいんだけど、深みが描かれてないので勿体ないキャスティング。
エド・ハリスは相変わらずいいなあ。
e0040938_031717.jpg

<ストーリー>
プロの泥棒、ルーサー(イーストウッド)は、ハイテクで防御されたサリヴァン邸に忍び込み、
隠し扉の奥にある金庫から宝石や大金を奪うのに成功しかけた。しかし、そこに留守のはずの
妻クリスティが酔いながら男を連れてやってきた。妻は「夫はいないのよ」とか言って誘う。
しかし、連れ込んだ男は暴力的で、クリスティに暴力を振るう。こうして格闘になり、男は
クリスティの首を締めにかかったため、クリスティはペーパーナイフで男の腕を刺す。そして
更に男にナイフを振りかざしたところで、駆けつけてきた2人の男に銃で射殺される。
ルーサーは、ハーフミラーの金庫の中で一部始終を目撃してしまったのだ。
補佐官らは証拠を消して引き上げようとするが、大統領を刺したペーパーナイフを落として
来たことに気付き、引き返すと、これをルーサーが奪って逃げるところだった。
警護官は窓からロープで逃げたルーサーを必死で追うが逃がしてしまう。

ここまで、この男が大統領で、駆けつけた男は大統領警護官、事件をもみ消しにかかったのが
グロリア主席補佐官(ジュディ・デイヴィス)であることが伏せられているので、掴みの部分
で、すっかり映画に入り込まされて、後で一行が大統領であることが判る仕組みになっている。
このあたり演出が上手いなあ、と感じる。

さて、地元の警察で担当刑事となったセス(エド・ハリス)は、こういうことが出来る泥棒は
全米に6人しかいなくて、そのうちの一人がここに住んでいる。つまりルーサーこそ怪しいと
踏んだ。

ルーサーには死別した妻との間に、今や検事となった一人娘ケイト(ローラ・リニー)がいる。
彼女は幼いころから父にほったらかしにされていたため、ルーサーのことを父とは思ってない。
地元警察に盗聴を仕掛けたSPは、セスがケイトを説き伏せてオヤジさんを呼び出すことに成功
したことを察知し、警察と共同で大包囲網を敷く一方、極秘裏に例の事件を無きものにするため
警護官に狙撃を命じていた。また妻を殺された富豪で、大統領のパトロン、サリヴァンも
犯人の暗殺者を200万ドルで雇っていた。
娘の待つ喫茶店にやってきたルーサーだが、狙撃が失敗、そこから逃げ出すことに成功し、後に
娘の家に行き、自分が見たことを全て娘に話して聞かせた。警察に言うように説得するケイト
だったが、警察が俺を信じるか?と、一旦は国外に身を隠すことを決める。しかし空港で
大統領が記者会見で、自分の手下がその妻を殺してしまったパトロンであるサリヴァンを
気遣う様子を見せているのを見て、俄然許せなく思い、大統領の犯罪を白日のもとに晒そうと
する。大統領サイドは、ケイト殺害も企てる。クルマごとがけ下に落とされたケイトだったが
ルーサーが駆けつけ、ケイトは九死に一生を得る。しかし収容された病院に警護官が侵入、
毒物を注射しようとするが、隠れていたルーサーに逆に頸動脈に注射されて殺される。

ルーサーはサリヴァンの運転手に化けて、彼に真実を告げ、証拠のペーパーナイフを渡し、
クルマごとホワイトハウスに乗り付けた。驚愕の真実を知ったサリヴァンは、大統領執務室に
行き、彼を刺殺、会見して、大統領は最近仕事に悩んでいた、止めたが自殺した、と言った。
あのペーパーナイフにはそもそも大統領の指紋と血が付いていたのだから、怪しまれないのだ。
警護官と補佐官はセスらによって逮捕されたのだった。
この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/12721156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2010-05-29 23:05 | 洋画=ま行 | Trackback | Comments(0)