フェイク・シティ/ある男のルール Street Kings

●「フェイク・シティ/ある男のルール Street Kings」
2008 アメリカ Fox Seartchlight Pictures,Regency Enterprises,109min.
監督:デヴィッド・エアー  原案:ジェームズ・エルロイ
出演:キアヌ・リーヴス、フォレスト・ウィテカー、ヒュー・ローリー、クリス・エヴァンス他
e0040938_22213810.jpg

<感想とストーリー>
「“LA暗黒四部作”などで知られる犯罪小説の巨匠ジェームズ・エルロイが書き下ろした
脚本をキアヌ・リーヴス主演で映画化したクライム・アクション。
元相棒の殺人事件を調べ始めたロサンジェルス市警のベテラン刑事が、次第に事件の背後に
広がる巨大な闇に呑み込まれていくさまをストイックなタッチで描く。
監督は「トレーニングデイ」などの脚本を手掛け、前作「バッドタイム」で監督デビューを
飾ったデヴィッド・エアー。
 
 ロサンジェルス市警のベテラン刑事トム・ラドロー(キアヌ)は、正義のためには手段を
選ばない一匹狼。その強引なやり方が同僚たちからも問題視されていたものの、上司のジャック・
ワンダー(ウィテカー)だけはトムを信じ、庇い続けていた。
ある日、トムはかつての相棒ワシントンが、彼を内部調査部に密告しようとしているとの情報を
掴み警戒していたところ、当のワシントンが強盗事件に巻き込まれ、彼の目の前で殺されてしまう。犯人を取り逃してしまったトムは、自分に疑惑が向きかねない証拠を処分してしまう一方、自ら
犯人を挙げるべく独自で捜査を進めていくが…。」(allcinema)

多くの感想にもあるように、LAPDの汚職ものなど、いまどき珍しくもない。それにストーリー
が微妙に複雑でスキッといかない。キアヌのアクションなどは見られるのだが、フォレスト・
ウィテカーはミスキャストではなかったか、と思う。
悪の後ろにさらに大きい悪がいて、そのまた後ろに巨悪がいて・・というマトリョーシカのような
ストーリー。公開時にはシネコンに観に行こうか迷った映画だったが、WOWOWで十分だった。
この映画の詳細はこちらまで。
by jazzyoba0083 | 2010-06-08 23:40 | 洋画=は行 | Comments(0)