ザ・バンク 堕ちた巨像  The International

「ザ・バンク 堕ちた巨像  The International」
2009 アメリカ・イギリス・ドイツ Columbia Pictures 117min.
監督:トム・ティクヴァ
出演:クライヴ・オーウェン、ナオミ・ワッツ、アーミン・ミューラー=スタールほか。
e0040938_0121719.jpg

<感想>
面白かった!楽しめた!久しぶりに2時間近く眠気ももようさず、ハラハラドキドキで
スリルとなぞ解きを堪能しました。ストーリーとしてはちょいとややこしいところが
あるのですが、銀行を描いたものとしては、割と判り易かった方かな。
原題のThe Internationalのほうがニュアンスは出てますね。クライヴ・オーウェン、
熱演です。ナオミ・ワッツもいい感じ。そして元東ドイツ秘密警察大佐で、銀行の
裏の仕事担当の重役を演じているアーミン・ミューラー・スタールが良かったです。
空撮をはじめとする俯瞰や煽りが効果的で、撮影や編集も上手いなあと感じた。
 
要するに国際紛争当事国に武器を斡旋することで、紛争国を借金漬けにし、そこに
付け込んで金を貸し、当事国を支配する巨大銀行の野望と挫折を描くものだ。

冒頭のベルリン駅頭でオーウェン演じるインターポールのサリンジャー捜査官の同僚が
ゲロを吐きながら歩道で急死するところ、道の向こうにいて賭けつけようとするサリンジャー
がクルマのミラーに跳ね飛ばされるところ、導入からもうドキドキ。
こういう銀行、実際にありそうだ。ラスト、この銀行のボスが「俺を殺しても組織は続くぞ」
と言うところにぞっとする。
e0040938_0135791.jpg

<ストーリー>
A国にミサイルを売り、今度は誘導装置を斡旋しようとするIBBCという巨大銀行。
誘導装置はイタリアのカルビーニ社。社長は次期首相候補だ。

サリンジャーとNY検事局のエレノア検事(ナオミ)は協力して長いことこの銀行の悪事を
暴こうとしていたが、証言をしようとすると、必ず証人は殺される。しかし二人は次第に
核心に迫っていく。
e0040938_014439.jpg

カルビーニ社長は、自分の会社の誘導装置が売れることはいいのだが、IBBCのやり方を
面白く思っていなかった。すると銀行は、暗殺者を使って、演説中の社長を暗殺、
組み易しと踏んだ息子たちと交渉する方法を選んだ。サリンジャーとエレノアは暗殺者が
残した足跡から、犯人は義足であることを突き止め、義足ならば空港の金属探知機に
かかると見てビデオカメラの映像を調べそこからNYの整形外科を割り出す。

そこの患者から一人の怪しい男が浮かび、捜査していると目の前をそいつが通り過ぎる。
慌てて追う、サリンジャーと2人のNYPDの刑事。

実はこの暗殺者は、すでに足がついたと思った銀行側から消される運命だったのだ。
元大佐に呼び出されグッゲンハイム美術館で落ちあい、いつものように暗殺指令を
受ける。それはサリンジャーを消す、という指令であった。

サリンジャーたちは暗殺者に気付かれ、その場で逮捕しようとするが、暗殺者を消そうと
美術館に来ていた大量の暗殺部隊の銃撃を浴びることになる。ここの銃撃戦は見応え
あった。グッゲンハイム美術館、セットだったのだろうか。機銃で穴だらけだけど。

大銃撃戦の中で、皮肉にも自分を狙った暗殺者と一緒に暗殺部隊と戦う羽目になったが、
暗殺者は銃弾に倒れ、死んでしまう。しかし、仲間の刑事の一人が元大佐を捕えていた。
大佐は、自分のしたこと告白したが、IBBCの犯罪は法の範疇では誰も告発できない、
という。政府も関わっている部分があるから、というのだ。サリンジャーは
エレノアに手を引け、といい、自分ひとりでIBBCと対決する決心をする。元大佐は
これに協力することに。

カルビーニ社の息子と契約しようとやってきたIBBCの顧問弁護士らは、サリンジャーが
息子にオヤジを暗殺したのはIBBCだ、と告げられたため、息子らに雇われた暗殺者に
追い返された上、弁護士は殺される。

ばれたか、と感じた銀行は、誘導装置の購入先をカルビーニ社のライバル社に話を
持ち込む。銀行の売り先はシリア・イラン。ライバル社はイスラエルに装置を売っていた。
ライバル社が売ったミサイルを無力化してしまう装置を今度は敵対する国に売ることに
ライバル社が納得するか。銀行は、ライバル社の社長を呼び出し、直接説得する。
元大佐はその時、銀行のボスの襟に盗聴マイクを仕掛け、サリンジャーに録音させようと
するが、地下に入ってしまい、証拠の会話を録音出来なかった。

行き詰まったサリンジャーは、銀行のボスを殺すことにし、イスタンブールの家の屋根の上
まで追い詰める。ボスに銃を向けると「俺を殺しても組織は続くぞ」と言われ、言い返せ
ないサリンジャー。その時、銃声が響き、ボスは倒れる。ボスを殺したのはカルビーニ社
に雇われた暗殺者であった。

その後、IBBCはボスの息のかかった男が頭取となり、悪行は続き、金を儲けていた。
しかし、その後国連が紛争国に不正融資をする銀行を調べ始めた。調査の指揮を執るのは
エレノアであった・・・・。

この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/13028736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2010-08-01 00:44
タイトル : ザ・バンク 堕ちた巨像
 『真実さえ、 取引されるのか。』  コチラの「ザ・バンク 堕ちた巨像」は、世界中の巨富が流れ込む、巨大銀行<メガバンク>の莫大な資金の行方を追うインターポール捜査官ルイ・サリンジャー(クライヴ・オーウェン)を描いた4/4公開のPG-12指定のスパイラル・サスペン...... more
Tracked from 我が頭に巣くう映画達 at 2012-04-12 21:17
タイトル : ザ・バンク 堕ちた巨像
2点 2009年のアメリカ、ドイツ、イギリスの合作映画で、 監督はトム・ティクヴァ、 主演は「トゥモロー・ワールド」のクライヴ・オーウェンです。 世界的な大銀行が行っている裏取引を告発するため...... more
by jazzyoba0083 | 2010-07-31 23:10 | 洋画=さ行 | Trackback(2) | Comments(0)