リリィ、はちみつ色の秘密 The Secret Life of Bees

●「リリィ、はちみつ色の秘密 The Secret Life of Bees」
2008 アメリカ Fox Searchlight Pictures,Overbrook Entertainment,110min.
監督:ジーナ=プリンス・バイスウッド 原作:スー・モンク・キッド
出演:クイーン・ラティファ、ダコタ・ファニング、ジェニファー・ハドソン、
   アリシア・キーズほか
e0040938_06071.jpg

<感想>
面白い、というよりいい映画だったなあ、という観賞後の素直な感想。
原作が良くできているんだろうが、いい女優陣が更に作品を上質なものに
していた、と言えるだろう。

4歳のときに誤って銃を暴発させ母親を殺してしまった14歳の女の子の、自分と
母親を探す旅とその果てに行きついた黒人養蜂一家の心温まるお話。
ダコタ・ファニングが主演なんだろうけど、まだクレジットはクイーン・ラティファの
ほうが先だ。ダコタは、名子役で、名子役というのはえてして大成しないのだが、
今のところ作品にも恵まれ、着々と成長しているようだ。これからハイティーンになり
大人の美しさが出てくる頃がまた楽しみな女優さんではある。

クイーン、ジェニファー、アリシアの3人はもう、いろんな作品で評価が高い女優なので
観ていて安心だ。映像も美しく、少々はちみつ色になっている映像もまた美しい。
1964年の話だが、公民権に関することがらも出てきて、そういう面からも心を打つ
面が補強されている。

<ストーリー>
4歳の時、両親のケンカを観ていたリリィは、落とした母親の銃を母に渡そうとして暴発
させてしまい、結果母を殺してしまうことに。そのことを心の大きな傷として
育った。子守のロザリン(ジェニファー)は、勇気ある黒人で、ジョンソン大統領の時
黒人に投票権が与えられ、登録に行くところで白人に暴行を受けた。一緒にいた
リリィは、父親のT・レイが彼女を助けずに家に戻ったことを怒っていた。
T・レイは桃の栽培農家。父はリリィにケンカの時、ママは荷物を取りに来ただけで、
リリィを捨てて行った身勝手な女だ、と説明していたが、リリィはそんなはずはないと
信じていた。

T・レイはリリィに何かと辛く当たるので、彼女はある日、逮捕され病院に入れられていた
ロザリンを逃がし、一緒に母親の面影を求めて旅にでた。

とある町で見つけた「黒い聖母のハチミツ」に強く心を惹かれたリリィは、店の主人に
作っているところを教えてもらい、訪ねていく。オーガストと呼ばれる黒人女性
(クイーン)が経営する黒人の養蜂一家だった。リリィはウソを言ってそこで暮らすことに
なる。オーガストにはメイとジューン(アリシア)という妹がいた。

オーガストに教えられ、養蜂を勉強するリリィ。彼女はこの家に何かを感じていた。
メイは双子のエイプリルという妹がいたが、幼くして死亡。その時からメイは何かを
無くしてしまっていた。とにかくすぐに悲しくなってしまう子で、庭に「嘆きの壁」を
作り、悲しいことがあるとそこに行って泣き、メモを挟むのだった。
ジューンは恋人がいるが、なかなか結婚に踏み切れない。

そしてリリィは一緒に働く黒人少年ザックと仲良くなる。公民権を認められた黒人
だったが、まだまだ白人たちとは融和出来ない時代だった。リリィと一緒に行った
映画館で、ザックは一緒にいたところを白人たちに拉致されてしまう。

メイは、ザックが帰らないことに、心痛のあまり、石を抱えて川に入り自殺してしまう。
リリィは自分がこの家に来たことが不幸を呼んでいる、と家を出ていこうとする。
ザックはやがて、見つかって帰って来た。

やがてオーガストは、ママがこの家にかつて過ごしていたこと、オーガストはママの
子守であったことを明かす。ママは朝鮮戦争の英雄だったT・レイと結婚したが、
妊娠したことで、レイから心が離れ、離婚寸前だった。そして、逃げてきていたのが
オーガストの家だったのだ。ママはあの日、娘に会いにいったの、と説明した。
そしてママの遺品をリリィに与えたのだった。
そのころT・レイは、娘の部屋の地図からリリィの居場所を突き止め、連れ戻しに
やってきた。しかしリリィはここに留まるという。オーガストら姉妹もここに残す
という。仕方なく引き上げる。ザックは必ず弁護士になる、そして作家になった
リリィのサイン会で再び出会うことを約束する。
ジューンはボーイフレンドのプロポーズを受けることした。
そして、オーガストの家でのリリィの新しい暮らしが始まったのだった。

リリィという娘の周りの出来事を上手く織あげて、秘密のストーリーも加えつつ
不思議な魅力のある作品に仕上がった。
この映画なりに人生を考えさせる作品ではないか。
e0040938_063685.jpg

この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/13090517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2010-08-14 18:30 | 洋画=ら~わ行 | Trackback | Comments(0)