トランスフォーマー/リベンジ Transformer Revenge of The Fallen

●「トランスフォーマー/リベンジ Transformer Revenge of The Fallen」
2009 アメリカ Dreamworks Pictures,Paramount Pictures,150min.
監督:マイケル・ベイ
出演:シャイア・ラブーフ、ミーガン・フォックス、ジョシュ・デュアメル、タイリース・ギブソン
e0040938_0395611.jpg

<感想>
この年のラジー賞作品賞と監督賞を受賞してしまい、評判は良くなかった作品だけど、
私は結構楽しめたな。マンガだから。劇画だから。ストーリがどうのとか役者の
演技がどうのという類を楽しむ映画じゃないでしょう。
ただひたすら、トランスフォームするクルマと金属生命体の戦いのCGを楽しめば
いいのじゃないか。1作目は金属生命体という初体験の出来事があったから、目新しさも
手伝って評価も高かったが、2作目だって、CGには更に磨きがかかり、なかなかの
見応えだったぞ。 ストーリーの大ご都合主義は、笑い飛ばし、突っ込みを入れながら
観るのがこの映画の作法と言うものだ。

<ストーリー>
「スティーヴン・スピルバーグとマイケル・ベイの初タッグで大ヒットを放ったSF
アクションの続編。前作のスタッフ・キャストが再結集、主人公を守る金属生命体の
集団オートボットに敗北した悪の一味ディセプティコンが復讐のため新たな仲間と共に
再び地球へ襲来し、世界規模に展開していく壮絶な戦いを、さらにスケールアップした
驚異のビジュアルで描く。主演は引き続き「イーグル・アイ」のシャイア・ラブーフ。
 
 金属生命体トランスフォーマーの正義の集団オートボットと悪の集団ディセプティコンの
激闘から2年。その渦中に巻き込まれたサムも大学生となり、親元を離れるばかりか恋人
ミカエラともしばし離ればなれでキャンパス・ライフを始めることに。

一方、米政府は金属生命体の極秘研究機関だったセクター7を解体、レノックスをはじめ
ディセプティコンと戦った兵士たちを集め、オートボットと連係しながら世界に散らばる
ディセプティコンを掃討する精鋭部隊“NEST”が組織されていた。
そんなある日、サムは、あらゆる金属物をトランスフォーマー化するパワーを持ち、
トランスフォーマー同士の争いの元となった“キューブ”のかけらを発見する。
この時サムの体にはキューブからある“情報”が刷り込まれ、以来たびたび脳裏に浮かぶ
幻覚の中でトランスフォーマーと人類の浅からぬ因縁を知ってしまい、図らずも再び
トランスフォーマーの戦いに身を投じていくこととなるのだが…。」(allchinema)

人類と金属生命体は太古から結びつきを持っていて、サムの脳に刷り込まれた記号は
かつて正義の金属生命体が悪の金属生命体から地球を守るために隠したマトリックスと
よばれるカギを隠した場所を示していた。
悪のボス、フォーレンらの一斉攻撃を前に、オプティマス・プライムは生命を断たれて
しまっていた。これを復活させることが出来るのはマトリックスしかないのだ。
サムとミカエラはエジプトに飛び、神殿の中に、かつて善の7プライムが隠した
マトリックスを発見するが、サムが手にしたとたんに金属分になってしまったのだ。

フォーレンらの目的は自分たちのために太陽を破壊すること。その装置がピラミッドの
先端にあり、これを動かすことが出来るのもマトリックスだったのだ。
フォーレンらに追われまくるサムとミカエラを米軍のNESTが助け、破壊された
オプティマスをエジプトに運び、迫りくる攻撃をかわし、一旦は死にかけるサムは
元の形に戻ったマトリックスをオプティマスの胸に差し込み、彼を蘇生させた。

さらにパワーアップしたオプティマスは、フォーレンとの最終決戦に臨んだのだった。
この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/13108892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2010-08-19 05:28
タイトル : トランスフォーマー リベンジ
 『新たなるトランスフォーム<変身>は リベンジから始まる!』  コチラの「トランスフォーマー リベンジ」は、スティーヴン・スピルバーグ製作&マイケル・ベイ監督が初めてコンビを組んだ2007年夏公開の「トランスフォーマー」の続編となる6/20公開のブロックバスター...... more
Tracked from erabu at 2010-08-20 00:25
by jazzyoba0083 | 2010-08-18 23:20 | 洋画=た行 | Trackback(2) | Comments(0)