好きと言えなくて The Truth about Cats & Dogs

●「好きと言えなくて The Truth about Cats & Dogs」
1996 アメリカ 20th Century Fox Films,96min.
監督:マイケル・レーマン
出演:ユマ・サーマン、ジャニーン・ガロファロー、ベン・チャップリン他
e0040938_2338396.jpg

<評価:★★★★☆☆☆☆☆☆>
<感想とストーリー>
まあ、見終わって嫌な思いがしない、ごくごく普通のラブコメディ。ちょっとイラッと
するストーリー展開だったりもするが、デートムービーというか、仲のいい男女二人で
見ると良いかもしれない。

獣医で、ラジオのペット健康相談番組のDJもやっているアビー(ジャニーン)は、
バイオリンを弾いたり、文学に親しんだりと才女であるが、自分の容姿にコンプレックスを
持っていて、男性に対しては積極的になれない。

片や、同じアパートに住むモデルでニュースキャスター志望のノエル(ユマ)は、身長178㎝
のブロンドでスタイル抜群の美女だが、おつむが少々軽い。

ある日のラジオ番組で相談してきた男性ブライアンは、犬をモデルにした写真を取らなくては
ならないのだが、犬が言うことを聞かないと、アビーに相談してきた。アビーの的確な
指示と知性ある声に惹かれたブライアンは、後で局に電話してきて、会いたいという。
何とはなしに会う約束を取り付けては見たものの、自分が身長155センチの小太りであること
を気にしていたため、とっさに自分をノエルの体形に偽り、ノエルに自分に成り済ましてもらい
デートが進んでいった。

ブライアンはラジオの声とは違うし、どうも会っている時は知性が感じられないことを
不思議に思いつつも、偽のアビーに惹かれていく。しかし、親友の彼氏を取るわけにはいかない
ノエルも、彼のアプローチをなんとか避けていた。二人は本当のことを切りだしたいのだが、
勇気が出ない。ノエルには彼氏がいるのに・・・。

ある日、アビーの部屋にやってきたブライアンは、部屋にあった、ドクター・アビーの
動物相談のチラシを見つけてしまう。本当のアビーを知ったブライアンは、ノエルと二人で
自分を騙していたと思い二人から距離を置いてしまう。

アビーは、自分に本当のことを言う勇気が無かったことを詫びるが、許せないブライアン。
しかしブライアンも、本当のアビーを見抜けなかったことを後悔していた。
そして二人は、お互いの愛情を確かめあい、またノエルとの友情も続いたのだった。

映画の中で軽く流れているジャズが、雰囲気を出していた。肩の力を抜いて気軽に楽しめる
ラブコメだ。小柄な美人、ジャニーンがいい感じだった。
この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/13197254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2010-09-07 22:00 | 洋画=さ行 | Trackback | Comments(0)