遥かなる大地へ Far and Away

●「遥かなる大地へ Far and Away」
1992 アメリカ Unversal Pictures,Imagine Films Entertainment,140min.
監督・製作・原案:ロン・ハワード
出演:トム・クルーズ、ニコール・キッドマン、トーマス・ギブソン、ロバート・ブロスキー他
e0040938_23474643.jpg

<評価:★★★★★☆☆☆☆☆>
<感想>
評価は星5,5ほど。長い!ボクシングのシークエンスはもう少し削るべきだと思う。
だから、テンポがなく、途中でだれる。そこが惜しい。ラストはちょっとひねってあっての
ハッピーエンドなのだが、ロン・ハワードの作品としては、成長軌道に乗る前の感じ。
「アポロ13」の3年前の作品だ。
アメリカン・ドリームの原点のような物語。コンパクトにすれば面白くなったのになあ。
ただ、山場に欠ける観は否めず、盛り上がりを欠いたまま結末まで引っ張られる。
トムとニコールは当時夫婦であり、特にニコールのおきゃんな娘の演技は良かった。
トムは普通かな。

<ストーリー>
「クルーズ夫妻が共演したことでも話題を呼んだ作品。19世紀末、西アイルランドの
農家の主が地主へのデモに巻き込まれ死亡する。敵を討つべく単身屋敷に乗り込む無鉄砲な
息子だが、そこで美しい娘と出会い、いつしか二人は自らの土地を手にいれるためすべてを
捨て遠い国へ旅立つ。開拓時代のアメリカを舞台に、移民してきた二人の愛と夢を
R・ハワード監督が美しい映像と共に詩的豊かに描き、忘れられたアメリカン・ドリームを
彷彿させるサクセス・ロマン。
 
 19世紀末、西アイルランドの片田舎で家族とつましい生活を送る青年ジョセフ。(トム)
ある日、農家たちによる地主への激しいデモが起こり、彼の父がその騒動に巻き込まれた末に
命を落としてしまう。ジョセフは地主のもとへ復讐に向かうが、そこで美しい娘シャノン
(ニコール)と出会い、やがて2人は自らの土地を手に入れるためアメリカへ渡るのだった。
行く先々で様々なトラブルに見舞われながらも夢に向かって歩み続けるジョセフとシャノン。
そしてジョセフは、いよいよ土地獲得をめぐるランドレースに挑むのだが…。」(allcinema)

つまり、アイルランドの小作人の三男坊、いつか自分の土地を持ちたいと、借金を負わされて
その返済に汲々とする生活ながらも、頑張っていたが、オヤジがデモ中に流れ弾に当たり
死亡してしまい、また借金を返さない、と家に火を付けられる。

地主に猛烈な抗議に行くと、そこで銃は暴発するわで散々。その地主の娘がシャノンで
彼女も、籠の鳥のような窮屈な生活を抜けだしたいと考えていた。密かにアメリカに渡り
タダで土地をくれるというオクラホマを目指す計画を持っていた。

ジョセフも俺はアイルランド人だからここは離れない、と言っていたが、シャノンに引っ張られ
金を出してもらい、大西洋を渡る船に乗る。ついたボストンで、シャノンはチキンの精肉工場、
ジョセフはその腕力を買われ博打ボクシングで稼いで、いつか西部に向かう日を夢見ていた。

しかし、ジョセフが町の実力者に立て付き、肝いりのボクシングでイタリア人に負けてしまい、
放り出されてしまう。また実力者がシャノンにちょっかいを出そうとしたので、それを
止めさせて、二人で逃亡生活に。雪の降るボストンの町を3日飲まず食わずでさまよい、
ある家に忍び込みクリスマスの準備のしてあった食べ物を失敬していたが、そこに家人が
帰って来て、逃げる二人を銃撃。玉はシャノンの肩に当たった。

一方、シャノンの両親と、彼女を嫁に、と考えている男もアメリカに渡ってきた。
アイルランドの小作人の反乱で家を焼き打ちされ、娘を追って新しい人生の再出発を夢見て
渡米してきたのだ。ボストンで娘を探す両親たち。

ジョセフは、傷ついたシャノンを両親の滞在先に置いて、姿を消した。
彼はその後、鉄道敷設工事で働いたりしていたが、オクラホマに向かう馬車の列を見て、
その列に加わる。そこにはシャノンらの一家もいたのだった。
彼女を追ってきた男は、土地を手に入れ、シャノンと結婚しようと考えていた。

オクラホマでは、区画された土地に向かって、ヨードンで走り、先に旗を立てたものに
無償で土地が提供されていた。競争は激烈だった。騎兵隊が見守る中、何百もの自分の
土地を夢見る人々が大砲の合図で飛び出す。あるものは馬で、馬車で、自転車で。
シャノンの両親は、ずるをして先回りして、隠れていて、皆が近づいてきたら旗を立てる
作戦。シャノンと男、そしてジョセフも馬で、希望の土地に向けて突っ走った。

途中で男とジョセフが、川の中で落馬したシャノンを巡りケンカとなったが、銃を向けた
男をかわして、ジョセフは、希望の土地に旗を立てようとした。
そこに男が馬で突っ込んできて、ジョセフは馬の下敷きになり、岩に頭をぶつけ、
重傷を負う。死んでしまうのか・・・。

ジョセフの父が、亡くなる前に言っていた。「お前が夢の土地を持てたら、天国から
守ってやるよ」と。ジョセフが死んだと思いシャノンは悲嘆にくれていたが、ジョセフは
眼を覚ました。二人はひしと抱き合い、夢の土地を手に入れたことを喜んだのだった・・。

この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/13660458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2010-11-18 23:25 | 洋画=は行 | Trackback | Comments(0)