デビル The Devil's Own

●「デビル The Devil's Own」
1997 アメリカ Columbia Pictures,111min.
監督:アラン・J・パクラ
出演:ハリソン・フォード、ブラッド・ピット、マーガレット・コリン、ルーベン・ブラデス
e0040938_1955371.jpg

<評価:★★★★★★★☆☆☆>
<感想>
パクラ+H・フォード+ブラピ。期待しちゃいますねえ。大外れではないのですが、
IRA戦士のブラピが今一つハマってないかなあ、って感じなのと、ハリソン・フォード、
年齢を重ねるに従って演技に力みがあるようにも。
物語の底が若干浅かったかなあというウラミがるように感じました。友情が芽生えた警官と
犯罪者(ではあるわけで)の間のラストはどのように描かれるのか、最後まで
期待を繋ぐ構成は、良かったと思う。だが、所詮はああならざるを得ないなあ。
それとアイルランド紛争を少しは知ってないと魅力も減るだろう。しかし、幹はアメリカに
渡ってからのハリソンとブラピの物語なんで、アイルランド紛争が飾りのようになっちゃう
のかな。ブラピがハリソンに自分の悲惨な生い立ちを説明したあと「アメリカの話じゃないよ、
アイルランドの話さ」というのが印象深い。悪く言いすぎたかな。見て損はない映画では
ありますよ!パクラの遺作であります。

<ストーリー>
8歳の時、IRAシンパだった漁師の父親を眼の前で政府軍に射殺されたローリー(ブラピ)は
長ずるに及んでIRAの戦士となり、父親を殺された復讐を政府軍や警察相手に繰り広げていた。
e0040938_19564378.jpg

ある日政府軍の大攻勢の中で多くの仲間を失ったローリーは、IRAの指示でヘリを撃ち落とす
スティンガー・ミサイルを闇で買い付けるためにNYへと渡った。

彼はシンパの判事に紹介され、警官の家に居候しながら、金の工面とミサイルの買い付けに
走った。一方でミサイルを運ぶ中古の船を買い、NYに先に入っていた男とレストアを始めた。

判事の家には、ベルファストで命を落とした仲間の妹が住み込んでいて、彼女が間に入り
判事がどこからか用意してきた大金をローリーに渡す。

ローリーが居候をした家の警官トムは、嘘の付けない正義の人で、ある日仲間のエドが
一緒に追っていた車上狙いが拳銃を捨てて逃げているにもかかわらず、後ろから射殺した
事件が発生。ビリーから頼まれ嘘の証言をし彼を助けたが、彼は責任を感じて警官を
辞める覚悟を決めたのだった。

そんなトム一家とローリーは、仲良しになり、友情さえ芽生え始めた。しかし、ある日
トムの家が荒らされ、家の中を点検するうちに、ローリーに貸している地下室のバスルームの
床下に大金が入ったバッグを見つけてしまう。

ローリーがIRAの戦士であり、NYPDのほか、英国情報部やFBIからも追われる身である
ことを知り、彼を逮捕することで、彼の身を守ろうとする。
ローリーは、アイリッシュでバーを経営するビリー(武器商人)から金を催促されるが
ベルファストからの指示で待ってくれるように頼む。しかし彼は承知せず、仲間を
誘拐し、金を持ってくるように迫る。だが、トムの家で大金を発見したトムに逮捕され
大金も没収された。エドと護送の途中、渋滞して止まった警察車両からトムを殴り
逃亡しようとしたが、エドに見つかりエドを射殺してしまう。大金を取り損ねた
ローリーは逃亡する。そして判事の家に匿われるのだが、ローリーは判事の家に行き
ローリーがいることを察知、追いかけるが逃げられてしまう。

ローリーは、工場跡地でビリーらにミサイルと引き換えに大金を渡す、と交渉、
カバンの中は爆弾で、中を開けた瞬間に爆発、そのすきにローリーはその場にいた
ビリーらを射殺して、ミサイルを奪った。一緒に船の修理をしていて誘拐された
男は殺されていた。
ローリーはミサイルをその船に積んで大西洋を横断しようと企てたが、トムは
ローリーがミサイルを船につんでアイルランドに渡る計画を持っていることを知り
港に急ぐ。
e0040938_19572823.jpg

ちょうど出港するところの船に飛び乗ったトムは、ローリーを逮捕する、と銃を
向けるが、ローリーは逮捕されるくらいなら俺を殺せ、といい言うことを聞かない
それどころかトムに銃を向けてくる。撃ち合いになった二人。肩に銃弾を受けた
トム、「ここに来るなといっただろう」というローリーだったが、その場にくずれ
るように倒れる。致命傷を負っていたのはローリーだったのだ。
「あんたはいい人だ」そう言い残してローリーは絶命する。「こうなる運命だった
のか、私たち二人は・・・」と思うトムであった・・・。

この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/13988993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2011-01-15 23:30 | 洋画=た行 | Trackback | Comments(0)