ソーシャル・ネットワーク The Social Network

●「ソーシャル・ネットワーク The Social Network」
2010 アメリカ Columbia Pictures, Relativity Media, Michael De Luca Pro.120min.
監督:デヴィッド・フィンチャー
出演: ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、
   ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハマー マックス・ミンゲラ ほか

e0040938_19455978.jpg

<評価:★★★★★★★☆☆☆>
<感想>
まず、SNSがなんたるかを少しでも判っていた方がいい。それにしても、前半もの凄い
セリフの交換。嵐のようだ。字幕を追うだけでも精いっぱい。フィンチャーの映像も
なかなか凝っているのだが、味わうゆとりさえない。更にPC用語がガンガン出てくるので
一緒に行った奥さんは早々にギブアップして爆睡!
字幕テロップをこんなにたくさん作った映画も最近ないんじゃないかな。基本的には
セリフ劇といっても過言ではない。アメリカでの評価が高いのはネイティブとして英語を
理解できる環境と、Facebookというシステムが身近だからだろう。

アカデミー候補になっている映画は発表までに出来るだけ見ておこうと、出かけた。
シネコン日曜の午後一番の上映の割に人出は少なめ。これは年配向きではないな、と
感じた。セリフのフォロー、時折出てくる耳を覆いたくなるような大きな音量の音楽、
には不快感を覚えたが、物語そのものは非常にシンプル。フィンチャーの映像表現も
上手いとは思うが、感動を覚える映画かと問われれば、私の場合は????である。

知っている俳優さんが殆ど出てこない。実話に基づいて作られているが、ナップスターを
作った男は相当悪く描かれているけど、実在の人なのにいいのかなあ、なんて思って
見てた。まあ若さゆえの大胆さ、自由な発想、チャレンジャーである向う見ずな行動、
それに伴う、大人社会との対立、彼らを狙う資本、また同じアイデアを持っていた同志の
対立、裏切り、恋愛など、青春映画に必要な要素をふんだんに取り入れてあるので、
PC用語が判らなくても何となくは判る。ラスト、既に100万人の参加者を超えて企業と
しても大きくなったFacebookを開き、かつての恋人のページに「友達になる」と送って
返事を待つ「リターン」ボタンを押しづ付ける主人公の姿が、全てを物語る。
巨額の富を手にした彼は、大事なもの、大切な人を失うことが代償となっていたのだった。
それが果たして幸せなのか?とフィンチャーは問うているわけだ。
だけど、今や最年少の富豪と言われる、ザッカ―バーグ、資産価値は4兆円と言われて
いるが、それだけの金があれば人生たいがいの悩みは解決できるけどなあ。
作品の中に「早口の世界選手権か?」と言うセリフが出てくるが、それは特にザッカ―バーグ
と仲間のマシンガンのようなセリフについて言ってやりたセリフだ。
正直しんどい映画で疲れたが2時間はあっという間ではあった。
e0040938_19462448.jpg

<ストーリー>
「2003年秋。ハーバード大学2年生のマーク・ザッカーバーグはボストン大生の恋人の
エリカと口論になり、「アンタがモテないのは性格がサイテーだからよ」と言われて
振られてしまう。怒ったマークは酔った勢いも手伝ってブログに彼女の悪口を書き並べ、
さらにハーバード大のコンピュータをハッキングして女子学生の写真を集め、
ルームメイトで親友のエドゥアルド・サベリンの協力の下で女の子の顔の格付けサイト
「フェイスマッシュ」を立ち上げる。サイトは瞬く間に話題となり、公開から2時間で
2万2000アクセスを記録するが、4時間後には大学側に潰されてしまう。

後日、理事会に呼び出しを食らったマークは半年の保護観察処分を受け、大学中の
女学生全員から嫌われ者となる。そこへ、ボート部に所属するエリート学生である
キャメロン&タイラー・ウィンクルボス兄弟とその友人のディヴィヤ・ナレンドラは
マークの優れたプログラミング能力に目を付け、「名誉挽回のチャンス」と称し、
「harvard.eduドメイン」に群がる女と出会うことを目的としたハーバード大生専用の
コミュニティサイト「ハーバード・コネクション」の制作協力を依頼する。
これにヒントを得たマークはエドゥアルドをCFOとして1000ドルの融資を受けて
ソーシャル・ネットワーキングサイトの制作に取り掛かり、2004年初頭、
「ザ・フェイスブック」が誕生する。」(Wikipedia)

これに「ナップスター」を作り、著作権がらみで、文無しとなっていたショーン・パーカーが
シリコンバレーに本社を移したFacebookに絡んできて、騒動が広がっていくのだ。
今や207カ国に5億人の参加者を持ち、昨年のサイト訪問者数では世界一のSNSになった
Facebook。この新機構といえども、半年後にはどうなっているのかは誰も判らない。
つい先日はYouTubeでありTwitterであったのに・・・。
尚、エンディングロールのバックで流れるのはビートルズの「Baby,You are a rich man」。
意味深長だ。

この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/13992496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from だらだら無気力ブログ at 2011-01-19 01:42
タイトル : ソーシャル・ネットワーク
ベン・メズリックのベストセラー・ノンフィクションを基に、誕生から わずか数年で世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)へ と急成長した“facebook”をめぐる創業秘話を『ベンジャミン・バトン  数奇な人生』の鬼才デヴィッド・フィンチャー監督が映…... more
Tracked from 気ままな映画生活 at 2011-02-11 18:59
タイトル : No.236 ソーシャル・ネットワーク
【評価ポイント】 ☆をクリックしてこの映画の評価をお願いします(5段階評価) var OutbrainPermaLink='http://blog.livedoor.jp/z844tsco/archives/51862469.html';var OB_demoMode = false;var OBITm = "1221446538656";var OB_lang ...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2011-02-28 22:27
タイトル : ソーシャル・ネットワーク
 『天才 裏切者 危ない奴 億万長者』  コチラの「ソーシャルネットワーク」は、いよいよ2日後に迫ったアカデミー賞では、作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞、録音 ...... more
Tracked from Subterranean.. at 2011-08-13 20:14
タイトル : ソーシャル・ネットワーク (The Social Net..
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ジェシー・アイゼンバーグ 2010年 アメリカ映画 120分 ドラマ 採点★★★★ いつまでも根に持って虎視眈々と復讐の機会を伺うタイプではないんですが、“機会があれば仕返ししたいリスト”ってのを常に心の奥にしまっている私…... more
Tracked from 我が頭に巣くう映画達 at 2012-04-12 21:47
タイトル : ソーシャル・ネットワーク
52点 2010年のアメリカ映画で、 監督は「セブン」、「ファイト・クラブ」のデヴィド・フィンチャー、 主演はジェシー・アイゼンバーグです。 2010年度のアカデミー賞で脚本賞、脚色賞、編集賞を受賞し...... more
Commented by シムウナ at 2011-02-12 17:54 x
TB有難うございました。
映画冒頭5分の会話シーンに引き込まれました。
あまり好きになれないなぁ~友達としては
どうかなぁ~と最初の印象でしたが、
フェイスブックに登録された元彼女にメールを
送った後の行動を見ていると…
最初の印象と大きく変わりました。
孤高の天才ですね。
Commented by jazzyoba0083 at 2011-02-14 22:28
シムウナさん
いつもありがとうございます。ご指摘のように唯我独尊の
冒頭のマークと成功を手にしたマークの差がこの映画の
全てなのですね。
by jazzyoba0083 | 2011-01-16 15:20 | 洋画=さ行 | Trackback(5) | Comments(2)