英国王のスピーチ The King's Speech

●「英国王のスピーチ The King's Speech」
2010 イギリス・オーストラリア Bedlam Productions,118min
監督:トム・フーパー
出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーターガイ・ピアース他
e0040938_1634645.jpg

<第83回アカデミー賞 作品、監督、脚本、主演男優賞授賞作品>

<評価:★★★★★★★★★☆>
<感想>
素晴らしい!
アカデミーに13部門ノミネートされ、注目度も高かった作品。シネコンも多くの人が入っていた。
私は、本来実話物は、その感動が映画に下駄をはかせている、と思うので、評価を若干下げる
のだが、今回は、それを加味しても、素晴らしい出来だった。というかコリン・ファースと
ジェフリー・ラッシュの演技が素晴らしい。このところ観た映画では最高評価を与えたいと
思う。オスカーの主演男優賞、助演男優賞、作品賞は本作に上げたい。最低でも。
e0040938_16385550.jpg

e0040938_16345026.jpg

ヨーク公時代に吃音の治療に来たジョージ6世と治療家ライオネル・ローグ。大公を
王室の人間とではなく、一般の人間として接することにより、お互いの目線を同じにし
王室の人間にはどうか、と思われるような治療法を施す、ジョージ6世もこれに悩み
挫折しながら、くらいついてくる。二人の間の友情に胸が熱くなる。
ローグはラスト、いよいよスピーチのシーンでは、王の前で身ぶり手ぶりで、励ますの
だが、スピーチの後半は、ローグの指導が無くても王はしゃべりきったのだった。
放送室から出てきたジョージ6世は顔つきさえ自信に満ちていた。
e0040938_16352776.jpg

ご存じの通り、エドワード8世は即位したが、米国人で2度の離婚歴があるシンプソン夫人
との恋に生きるため、退位、弟のヨーク公がジョージ6世となり即位したのだった。
彼には男子がいなかった。姉がエリザベス(現・女王)、妹がマーガレットだ。
兄と弟の兄弟の間に流れる王室の人間としての存在と、あくまでも愛に生きようとする
感情も上手く描かれていた。

無駄を省き、ジョージ6世の苦悩を淡々と描ききった監督賞も該当か。最期のスピーチに
向けて(しかも大事な第一回の戦時スピーチ)緊張感を盛り上げていく形式は、当たり前で
あっても上手く構成されている。
それと英国王室の寛大さには驚かされる。現在の国家元首であるエリザベス2世女王陛下の
実の父親の話をこんなに赤裸々に描き出していいのか、と思う。日本の皇室ではまずあり得ない
であろう。
話の単純さ、実話であること、しかも現在存命している人がいる物語で感情移入しやすい、
何より、役者の演技の素晴らしさ、実話物ではあるが、私はスピーチが終わってから
エンドロールの当たりまで、感動でほとんど泣きそうだった。
e0040938_1636298.jpg

<ストーリー>
「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、エリザベス女王の父にして
国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を演じて絶賛された感動の伝記ドラマ。
吃音症に悩みながらも妻エリザベスの愛とスピーチ・セラピストのサポートで歴史的演説を
成し遂げ、国民のリーダーとして戦争という難局に立ち向かう姿を描き出す。
共演はジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター。
監督は「くたばれ!ユナイテッド -サッカー万歳!-」のトム・フーパー。

 英国王ジョージ5世の次男ジョージ6世は、幼い頃から吃音というコンプレックスを抱え、
人前に出ることを極端に恐れる内向的な性格となり、成人してからも自分を否定し続ける
人生を送っていた。吃音を克服すべく、何人もの言語聴覚士の治療を受けるものの
一向に改善の兆しは見られない。

そんな夫を心配する妻エリザベスが最後に頼ったのはスピーチ矯正の専門家という
オーストラリア人のライオネル。彼は王子に対しても遠慮のない物言いで次々と
風変わりな治療法を実践していく。そんな中、国王に即位した兄エドワード8世が、
王室が認めない女性との愛を貫き、突如王位を返上してしまう。
王位の継承など考えてもいなかったジョージは、最も恐れていた事態に直面し、
恐怖のあまり泣き崩れてしまうが…。」(allcinema)

この映画は、長さもちょうどいい感じで、是非皆さんに観ていただきたい作品だ。
この映画の詳細はこちらまで。
Commented by KGR at 2011-02-27 22:24 x
良い映画でした。
間もなくアカデミー賞発表ですが、下馬評通り各賞受賞なるでしょうか。
気になります。
Commented by jazzyoba0083 at 2011-02-27 23:08
KGRさん
こんばんは。良い映画でしたね。コリン・ファースとジェフリー・
ラッシュには主演・助演を獲って欲しいです。他の見てない映画
がどんなものか判らないのですが、多くの部門でノミネートされても蓋をあけると、端っこの方の賞を1つか2つ獲得して終わり、
ということがよくありますから、さて、どうなるでしょうか。
Commented by シムウナ at 2011-03-10 22:57 x
不覚にも1時間近く、観賞中に爆睡
してしまいました(笑)
せっかく楽しみにしていたのに…
アカデミー賞を獲得する良質な
作品であることは感じました。
夫婦で見ることをお勧めしたいです。
Commented by jazzyoba0083 at 2011-03-10 23:42
シムウナさん
それは残念でした!作品の半分ですね。せっかくなので
もう一度きちんとご覧になったらどうでしょう。
価値はあると思います。ウチも奥さんと行きました。感激して
いましたよ。
by jazzyoba0083 | 2011-02-27 12:35 | 洋画=あ行 | Comments(4)