パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 The Lightning Thief

●「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 The Lightning Thief」
2010 アメリカ Fox 2000 Pictures, 1492 Pictures,121min.
監督:クリス・コロンバス
出演: ローガン・ラーマン、ピアース・ブロスナン、ユマ・サーマン、アレクサンドラ・ダダリオ
e0040938_11414023.jpg

<評価:★★★★★☆☆☆☆☆>
<感想とストーリー>
多くのブログでも指摘されている通り、「ハリポタ」と似てます。それと全編コンピュータ
RPG対戦ゲームのような感じ。お子様ランチだな。ユマ・サーマンとかピーアス・ブロスナン
とか重みのある配役もあるのだが・・・。私の範疇としては、ストーリーを覚えて置きたい、
というタイプの映画ではないので、見飛ばしてCGを楽しんで、映画館を出たらどんな話だっけ
と忘れていても別にいい。まあ、映画館まで見には行かないけど。


「ギリシャ神話の世界を現代と融合させた奇想天外なファンタジー・アドベンチャー。
全米ベストセラーの人気シリーズノベルを壮大なスケールで映画化。
神と人間のあいだに生まれた“デミゴッド”の少年が、神々の争いに巻き込まれ、
仲間たちと過酷な冒険を繰り広げる姿を迫力の映像満載で描く。
監督は「ハリー・ポッター」シリーズのクリス・コロンバス。主演は「3時10分、決断のとき」「ナンバー23」のローガン・ラーマン。
 
未だ父親の存在を知らずに母親サリーと暮らしてきた17歳のパーシー・ジャクソンは、
学校に溶け込めない落ちこぼれ。そんな彼も何故か水の中にいる時だけは心を落ち着かせる
ことが出来た。
だがある日、パーシーは、“ゼウスの稲妻”を返せ!と叫ぶ恐ろしいクリーチャーに
襲われ、母がさらわれる信じがたい事態に遭遇する。また、学校のブルナー先生や
親友グローバーらがそれぞれ“デミゴッド”というギリシャ神話の神々と人間のハーフで
あること、そして自分自身も海の支配者ポセイドンを父に持つデミゴッドだという衝撃の
事実を知らされる。
さらに彼は、全能の神ゼウスから何者にも勝るパワーを秘めた最強の武器である“稲妻”を
盗んだ犯人と見なされてしまっていた。“稲妻”を2週間後の夏至までにゼウスのもとへ
戻さなければオリンポスの神々が決裂し、地上は破滅の危機に追い込まれることから、
パーシーは一刻も早く真犯人を突き止めて母を救い、“稲妻”をゼウスに返すため、
仲間と共に重大な使命を背負う旅へ出るのだが…。」

この映画の詳細はこちらまで。
by jazzyoba0083 | 2011-05-10 22:40 | 洋画=は行 | Comments(0)