スーパーエイト Super 8

●「スーパーエイト Super 8」
2011 アメリカ Paramount Pictures,Amblin Entertainment,111min.
監督・脚本:J・J・エイブラムス  製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
出演:ジョエル・コートニー、エル・ファニング、カイル・チャンドラー、ライリー・グリフィス
e0040938_16575991.jpg

<評価:★★★★★★☆☆☆☆>
<感想>
監督と、エグゼティブ・プロデユーサーの名前で期待が大きく膨らみ過ぎていたのかな。
肩すかしをくらった感じ。これから観に行く人はあまり読まないで欲しい。
「E・T」、「未知との遭遇」なんかをイメージするだろうが、作品の出来は遥かに
及ばない。スタンダードにはなれない作品だ。ダメダメではないのだが、如何にも出来が
お子様ランチで、シネコンも大人が殆どだったけど、(字幕だったから尚更)終わって
出てきたとき、隣のご夫婦も「なんか子ども騙しだったね」って言っていた。つまり
大人の鑑賞に堪えないということだ。私もそう思った。テレビCMは凄い作りのように
見せているが、それほどじゃあないね。「E・T」や「未知との遭遇」が大好きなだけに
厳しいようだが、敢えて言わしてもらった。
e0040938_16591928.jpg

映画好きの少年たちが、撮影中にどえらいものを映してしまい、軍に追いまくられるという
単純なストーリーであるが、エイリアンまわりの描写が決定的に欠如していて、感情移入
しづらい。昔軍隊に捕まえられて、宇宙船をバラバラにされてしまい、長らく幽閉の身で
あった、位の説明だけ。「第9地区」の方が全然良いな。列車転覆とのシーンは迫力
あったけど、その位かなあ。なんか上映前に見た「カウボーイ&エイリアン」の予告編と
ダブっちゃって・・・。

これは宇宙ものというより、それを借りた少年たちの友情やそれを取り巻く大人たちの
人間模様を見る映画なんだろうな。「E・T」や「未知との遭遇」を観て、「おおお!!」
と思ったような、宇宙系のシーンは皆無といってよい。
時代設定が1979年。時代感覚は当時のヒット曲、クルマ、「ウォークマン」の登場など
で上手いこと味付けされていた。
e0040938_170347.jpg

<ストーリー>
『「M:i:III」「スター・トレック」のJ・J・エイブラムス監督が、本作の
製作を務める巨匠スティーヴン・スピルバーグとの夢のコラボで描くSFジュブナイル・
アドベンチャー大作。
1979年の田舎町を舞台に、8ミリカメラで自主映画を撮影中に偶然列車事故を目撃した
少年少女たちが、やがて不可解な事件に巻き込まれ、思いもよらぬ大冒険を繰り広げる
さまを、スピルバーグ作品へのオマージュも盛り込みつつノスタルジック・テイスト
あふれるタッチで描き出す。
 1979年の夏。オハイオの小さな町で父親と2人暮らしの少年ジョー。ある夜、親に
内緒で家を抜け出し、親友5人とともに駅舎で8ミリ映画の撮影していて、列車の
脱線事故に遭遇する。混乱の中で偶然にも、8ミリカメラは大破した列車から飛び
出してくる“何か”を映し出していた。
やがて現場に到着した軍は、何者かに極秘情報が知られてしまったと、大規模な捜索を
展開する。現場から逃げ帰ったジョーたちは、誰にも言わないと誓い合うが、
ほどなく町では不可解な事件が次々と起き始め…。」(allcinema)
e0040938_171216.jpg

この映画の詳細はこちらまで。
Commented by oguogu at 2012-03-05 22:41 x
TB&コメントさせてもらっちゃいますね~。
何だか漫然とぼんやり見て済んでしまった映画でした。
子供と見るならこれぐらいが良いかもしれませんが、大人が楽しみに見に行く程面白いと思える映画ではありませんでしたね。
最後の8mmはほのぼのしてて〆にはよかったかな。
Commented by jazzyoba0083 at 2012-03-11 16:35
oguoguさん、毎度遅レスすんません。同じような感想を持たれたようですね。まさしく大人が楽しみ行くほどの・・・。(~_~;) 最後の8mmは私もよかったと思います。
by jazzyoba0083 | 2011-06-26 12:30 | 洋画=さ行 | Comments(2)