フォーン・ブース Phone Booth

●「フォーン・ブース Phone Booth」
2002 アメリカ Fox 2000 Pictures,81min.
監督:ジョエル・シューマッカー 脚本:ラリー・コーエン
出演:コリン・ファレル、フォレスト・ウィティカー、ラダ・ミッチェル、ケイティ・ホームズ
e0040938_20583011.jpg

<評価:★★★★★★★☆☆☆>
<感想>
監督の名前に引かれ、81分で何を作ってくれたか、と期待があり、鑑賞。
面白かった!! ワンシチュエーション、しかもほとんどリアルタイムで
進行していく。これは脚本の勝利だ。
いさかか不条理な部分とか、最後の犯人の神様面を好まない人もいるだろうが
ラストはどうなるだろう、という緊張の継続の仕方は拍手もの。
また、弱り顔をさせたら、ハリウッド1(?)のコリン・ファレルの困惑が
拡大していくさまは、面白かった。
ただ、電話の声が、クリアすぎて興味を削いでしまったと感じた。
ピザの配達人と、通りを横切ってきたあんちゃん、この二人はなんか可愛そう
なことをしたな。こういう電話ボックスがあれば入れてやりたい人が、みんな
2、3人はいるんじゃないかなww

<ストーリー>
「全編ほぼ電話ボックスの中だけで展開する異色のサスペンス・スリラー。
たまたま鳴っている公衆電話に出てしまったことから何者かに命を狙われるハメに
なってしまった男の悲惨な運命を、緊迫感溢れるタッチでスリリングに描く。

主演は「デアデビル」のコリン・ファレル。監督は「評決のとき」「9デイズ」の
ジョエル・シューマカー。
 
 マンハッタン、タイムズスクエア。自称一流のパブリシスト、スチュは、今日も
アシスタントを従え、携帯電話からクライアントや業界に口八丁でビジネスをまとめ
上げている。そんな彼はアシスタントと別れた後、1台の電話ボックスに立ち寄り、
結婚指輪を外してクライアントの新進女優パメラに電話を掛けた。
スチュは彼女をモノにしようとしていたが、上手くいかずに受話器を置く。その刹那、
今使っていた公衆電話のベルが鳴り、思わず受話器を取ってしまうスチュ。
すると電話の主は、“電話を切ったら殺す”と脅迫してきたのだった…。」

犯人は電話ボックスの彼を見れるところから照準器を通して通りを見通し、
正確な射撃をしてくる。そして彼の浮気や尊大なところをそこで大声で
言え、とスチュの本性を次第に裸にしていく。
e0040938_20591350.jpg

犯人は逆探知も出来ない複雑なルートで電話してきていて、警察も捜索を
しあぐねていた。しかし、近くの劇場の上からということを突き止め
現場に突入すると、そこには、電話ボックスにピザを配達してきて
スチュに冷たく付き返された男が首を切って死んでいた。
彼が犯人と思われたが・・・救急車の中のスチュが見た犯人は別にいた・・・。
(ちょっと出てくるキーファー・サザランド)
電話ボックスから出ようとしないスチュを説得する警部にフォレスト・ウィティカー。
e0040938_20593434.jpg

この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/15642897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2011-09-26 22:45 | 洋画=は行 | Trackback | Comments(0)