ザ・ロード The Road

●「ザ・ロード The Road」
2009 アメリカ Dimention Films,2929 Productions,111min.
監督:ジョン・ヒルコート 原作:コーマック・マッカーシー
出演:ヴィゴ・モーテンセン、コディ・スミット=マクフィー、ロバート・デュヴァル
   シャーリーズ・セロン、ガイ・ピアースほか
e0040938_12583085.jpg

<評価:★★★★★☆☆☆☆☆>
<感想>
久々に早送りしてみた映画だ。allcinemaでも、IMDbでも結構評判がいいが、
私にはダメだった。暗すぎ。allcinemaへの投稿で「辛気臭く、宗教臭く、説教臭い」と
書き込んだ方がいたが、まさにその通りだと思う。
アメリカでは宗教観が一致するから評価は高いのだろうけど、同時期に封切られた
「The Walker」の方が、まだ観られた。ただ、興行的にはアメリカでも失敗だった
ようだ。原作を本で読んだほうがよほど感動すると思う。早送りで、少ないセリフ字幕を
目で追っていって十分判る。全編暗くてダークな映像も物語どうよう救いが無い。
ラスト、海岸で出会った犬連れの家族、あれで男の子は救われた、ということなのかな。
終末世界の禍々しさの割りにはカタルシスが、あれれ、な感じだ。
e0040938_12585741.jpg

<ストーリー>
「本作ではどうして世界が崩壊したのか、その理由はまったく語られない。
それ自体は重要ではなく、その後の世界で生き残った人々がどう生きていくかということ。
そのため本作の親子の旅は、一種の「神話」的なモノを生み出している。
常に飢え、食料を手に入れることしか考えられなくなった人間は、野生動物のようだ。
お互いの姿を見つけても、殺されるのではないかと近づかないのだ。
そんな中で、人間は再び信頼を取り戻すことができるのだろうか。
ヴィゴ・モーテンセン演じる父親と息子が全編出ずっぱりの熱演。原作は
『すべての美しい馬』『ノーカントリー』が映画化もされ、高い評価を受けている
コーマック・マッカーシーのベストセラー。

「ノーカントリー」の原作小説『血と暴力の国』の著者コーマック・マッカーシーが、
ピューリッツァー賞を受賞した同名小説を映画化。終焉を迎えた世界を旅する親子を通じ、
人類の尊厳を描くSFドラマ。監督は「プロポジション 血の誓約」のジョン・
ヒルコート。出演は「イースタン・プロミス」のヴィゴ・モーテンセン。

世界の終焉を迎えた未来。荒廃した大地を、ショッピングカートを引いた父親
(ヴィゴ・モーテンセン)と少年(コディ・スミット=マクフィー)が南に向かって
歩いている。親子の全財産は、防水シート、ポリ袋、毛布、双眼鏡と拳銃だけだった。

わずかな生存者は皆、燃料と食物を探してさまよっていた。そんな中、道端の車中で
寝ていた親子は、トラックに乗った武装グループに襲われる。少年を捕まえた若い男に
向かって父親は銃弾を放ち、難を逃れる。彼らは人食い集団だった。
父親は少年に、自分たちは“善き者”であり続けることを説く。父親は眠る度、
少年の母親(シャーリーズ・セロン)の夢を見る。
世界の終焉を迎えたあと、彼女は重い心の病を患った。そして少年を産むと闇の彼方へ
消え、自ら命を絶った。父親は彼女と決別するため、写真と結婚指輪を捨てる。

親子はある日、地下シェルターを見つける。中にはたくさんの食料があった。
2人は身なりを整え、空腹を満たす。しかし、シェルターの外をうろつく人間の気配を
感じた父親は、積めるだけの食料を持つと、嫌がる少年を連れ再び旅立つ。
2人は、杖をついて歩く老人(ロバート・デュヴァル)と出会う。少年は、イーライと
名乗るその老人に食料を分けてあげようと言う。父親は渋々、少年に従う。目の悪い
老人は少年を見て、天使が現われたのかと思う。少年は、なぜ父親が老人に冷たい
態度を取るのか、理解できなかった。親子は浜辺に辿り着く。その夜、少年は高熱と
嘔吐に襲われる。少年は父親に、自分が死んだらどうするかと尋ねる。
父親は、一緒にいられるように自分も死ぬだろうと答える。」(goo映画)

やがて父親は衰弱し死んでいく。父から勇気を持って善き人との出会いを求める
ことを教えられた少年は、海辺を歩くと、やがて犬をつれた一家と遭遇する。
やっと善き人たちと出会うことが出来たのだ・・・。
この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/16594359
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from LOVE Cinemas.. at 2011-11-09 20:17
タイトル : ザ・ロード
コーマック・マッカーシーがピューリッツァー賞を受賞したベストセラー小説の映画化。突如襲った天変地異で文明が崩壊した後のアメリカで、ひたすら海を目指して旅する親子を描いたロードムービー。主演は『イースタン・プロミス』のヴィゴ・モーテンセン。共演にロバート・デュバル、ガイ・ピアース、シャーリーズ・セロンといった人気俳優が出演している。監督はジョン・ヒルコート。... more
by jazzyoba0083 | 2011-11-08 22:40 | 洋画=さ行 | Trackback(1) | Comments(0)