ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Extremely Loud and Incredibly Clouse 

●「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い 
     Extremely Loud and Incredibly Clouse」

2011 アメリカ Paramount Pictures,Scott Rudin Productions,Warner Bors.Pictures,129min.
監督:スティーヴン・ダルドリー 
原作:ジョナサン・ダドリー・フォア
出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、ヴィオラ・デイヴィス
e0040938_1747879.jpg

<評価:★★★★★★☆☆☆>
<感想>
★は6,5というところか。普通にいい映画だけど、これがオスカー作品賞のノミニーに
なっているのは、9.11を直接経験しているアメリカだから、という要素が強いいように
観ていて、そう思った。
アメリカ人と日本人では、あるいは9.11を何らかの形で経験した人とそうでない人とで
この映画の作品的評価は大きく分かれるだろう。
しかし、大震災を受けた日本人にも、比較的理解しやすいコンテクストであろうか、とも
感じた次第。

ストーリーにヒネリが効いていて、面白くはないのではないのだけれど、またラストは
それなりに、得心が行くので、見終わった感じが嫌な映画でもないし、あまり出てこない
けど、トム・ハンクス、サンドラ・ブロックという両オスカー俳優を配し、ぬかりはないの
だが私としては、泣ける、とすれば、「三丁目の夕日’64」の方が泣けた。
それ、すなわち、日米の感覚の彼我の差であろう。
e0040938_1748166.jpg

トムとサンドラの息子役で、この映画の主人公、オスカーを演じたトーマス・ホーン君、
トラウマだらけの少年の父親探し、自分探しを通して成長していく姿は、胸を打つ
ものがあるのは確か。何度もいうが、見て損する映画ではない。だが、大感動を
求めるとタタラを踏むことになるだろう。 
アメリカ市民の、9,11を通してのささやかな成長を社会に投影した「秀作」と言って
おこう。ストーリーも、ちょっと、「鍵」の行方で、「ええ??」ということはあるが、
それがこの映画の、まさしく「キー」になっているのだ。
その「ええ??」が「それで良かったんだなあ」と思えたら、この映画を見て正解だった
と言えるのではないだろうか。

タイトルは、ラストプロットで、オスカーが母に?残す冒険記のタイトルだ。
こんなタイトルをつけちゃう10歳そこそこの少年の文学的素養ってどんなんだ??
「ものすごくうるさい」とは自分のことであり、自分に対する他人のありようであり
「ありえないほど近い」とは、自分と他人の、「鍵穴」探しから得た距離感の感想で
あったように私には感じたが。
この子、アーティストになるのではないかな。文学か、美術の世界で成功しそうだ。
頭のいい子であることはよく解る。

誰でもが、この映画が「喪失」と「再生」の物語であることは判ると思う。鍵を首から
吊り下げてNY中のブラックさんを訪ね歩くオスカー少年の、その「鍵」とは、9,11
の後(1年後の設定)バラバラになっていたアメリカ国民の心を「開けて」開放し
再び連帯させる効果をもたらしているのだ。
e0040938_17485965.jpg

よくわからないけど、なんか、どこかに厚みを付けるエピソードがあるとか
まとめ方をもうひと工夫するかすると、すごくいい映画になった感じがするのだが。

<ストーリー>
「僕の大事なコレクション」の原作『エブリシング・イズ・イルミネイテッド』でデビュー
した注目の作家ジョナサン・サフラン・フォアが9.11後の喪失と再生をテーマに
描いた傑作小説を、「リトル・ダンサー」「愛を読むひと」のスティーヴン・ダルドリー
監督が映画化。
9.11のテロで父親を失った少年が、父の遺品である一本の鍵に合う鍵穴を
探そうとニューヨーク中を旅する中で、様々な出会いを重ねながら少しずつ父の
死を受け止め、悲しみを乗り越えていく姿を感動的に綴る。
主人公の少年役には本作がデビューとなる新人トーマス・ホーン、共演にトム・
ハンクス、サンドラ・ブロック、マックス・フォン・シドー。
e0040938_17493210.jpg

 9.11アメリカ同時多発テロで最愛の父を失った少年、オスカー。いまだ悲しみ
から立ち直れずにいる母と2人暮らしの日々。そんなある日、父の遺品の中から
一本の鍵を見つける。
それが入っていた封筒には“ブラック”の文字。オスカーはこの鍵に父のメッセージが
託されていると確信し、母親に内緒でニューヨークに住むブラック氏をしらみつぶしに
訪ねて謎を解き明かそうと決意する。
やがて、祖母のアパートに間借りしている風変わりな老人がオスカーの鍵穴探しの
旅を手伝うようになるのだが…。」(allcinema)

父の死とまともに向き合えなかったオスカー少年が、様々なブラックさんと出会うこと、
おじいちゃんに出会うことで、かつて公園のブランコの座る板のそこに入れておいた
父からのNYの街の成り立ちに関する手紙を読めるようになり、父の死を受け入れ
少年は新しい一歩を踏み出す、そしてその過程をまとめた冒険記
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を読んだ母も、また、新しい一歩を踏み
出すのだった・・・。

この映画の詳細はこちらまで。
by jazzyoba0083 | 2012-02-19 12:40 | 洋画=ま行 | Comments(0)