ドラゴン・タトゥーの女 The Girl with the Dragon Tatto

●「ドラゴン・タトゥーの女 The Girl with the Dragon Tatto」
2011 アメリカ Sony Pictures,Columbia Pictures,MGM Pictures,158min.
監督:デヴッド・フィンチャー
出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラー、クリストファー・プラマー、スティーヴン・バーコフ他
e0040938_18423834.jpg

<評価:★★★★★★★★★☆>
<感想>
前作「ソーシャル・ネットワーク」で、私には少々期待はずれだったフィンチャーだが、
本作は、素晴らしい。おっかなびっくり、どうしようかなあ、と出かけてみたが、正解
だった。 最近これほど、映像・編集にキレのある作品を知らない。長編だが、
テンポが極めて良いので、2時間半を苦痛には思わない。
映像作りはフィンチャーの勝利だが、脚本がいい。
共同製作者にも名前を連ねるスティーヴン・ザイリアンは「マネーボール」
「アメリカン・ギャングスター」「ギャングオブニューヨーク」「ブラックホークダウン」
「シンドラーのリスト」など名作をたくさんモノしている人で、さすがの脚本だと
言いたい。

ただ、私たちにはなじみに薄いスウェーデンなどの北欧系の似たような名前が
たくさん出てくるので、誰が誰やら、こんがらがり、小さい話の運びは一回観た
だけでは、理解しずらいかもしれない。

しかし、私は思った。細かいことはいいんだ。ドラゴン・タトゥーの女のした事、
感じたこと、主役ダニエル・クレイグがやろうとしたことと、最後に判明したことさえ
分かれば、感動が薄まることはない、のだと。ラストシークェンスにそれが
凝縮している。ちょっと胸キュンなエンディングだ。

フィンチャーは、やっぱり、「セブン」とか「ZODIAC」とかそういう手の作品の方が
私の好みの作品を作ってくれる傾向にある。

それにしても、ドラゴン・タトゥーの女を演じたルーニー・マーラー、凄いなあ。
「ソーシャル・ネットワーク」では女子学生を演じていたのが、全裸で大胆な
セックスシーンもバリバリ。 キレのある演技で、監督の抜擢に見事答えて見せ
この映画を一流作にした功績は大きい。ひょっとすると、あす、オスカーか?
そのくらい、見ごたえのある演技だった。
e0040938_18432590.jpg

オープニングで流れる「移民の歌」をバックに、黒で統一された、凝ったタイトル
バックに、既に期待が膨らむ。

ストーリーを少々・・・

<ストーリー>
「スティーグ・ラーソンの世界的ベストセラー・ミステリー3部作の1作目
『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』を、2009年のスウェーデン版に続き今度は
「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」のデヴィッド・フィンチャー監督で再映画化した
衝撃のミステリー・サスペンス。

40年前の少女失踪事件の調査を依頼された社会派ジャーナリストの主人公が、
社会のほとんど全てに敵意を向ける孤独な天才ハッカーのパンク少女と奇妙な
協力関係を築き、次第に明らかとなる巨大財閥一族の忌まわしき秘密に迫るさまを、
ハードなバイオレンス描写を織り交ぜスリリングに描き出す。

主演は「007/カジノ・ロワイヤル」のダニエル・クレイグ、注目のヒロイン、
リスベット・サランデル役には大抜擢となる期待の若手ルーニー・マーラ。

 スウェーデンの社会派雑誌『ミレニアム』を発行するジャーナリストのミカエル
(クレイグ)は、大物実業家の不正告発記事が原因の名誉毀損裁判で敗訴し窮地に
陥っていた。
e0040938_18442223.jpg

そんな時、国内有数の企業グループの元会長ヘンリック・ヴァンゲルからある依頼が
舞い込む。それは、40年前に彼が我が子のようにかわいがっていた一族の少女
ハリエットが忽然と姿を消した迷宮入り事件の再調査というもの。
e0040938_18461856.jpg

やがて、調査が暗礁に乗り上げたミカエルは、ヘンリックの弁護士から社会性は
ないものの驚異的な情報収集能力を持つ小柄な女リサーチャー、リスベット(マーラ)を
紹介される。実は、ミカエルがこの一件を任されるにあたり、信用に足る人物か、
その身元調査を担当していたのが彼女だった。
こうして、2人は手分けをしながら事件の真相を追っていくこととなるが…。」
(allcinema)
e0040938_1845385.jpg


リスベットは精神に障害があると見られていて、実際前科が複数あった。
異様な短髪で、顔中にピアス、そして背中にはドラゴンのタトゥーという出で立ち、
自らを「異常」と言って憚らない。
一応保護観察処分のようになっていて、定期的に観察人の元に出頭し、報告に
答えなければならないが、その観察人が悪い奴で、リスベットを平気でレイプする。
だが、黙っていないのが彼女で、その復讐は、度肝を抜く。

ミカエルと共に、ヘンリック一族の忌まわしい過去を暴くリスベット、さらに絶体絶命の
ミカエルを救出したのだった。彼女の中に、ミカエルに対する恋心が芽生えていた
ようだ。その前にミカエルとリスベットは男女の関係になってはいたのだが。
ミカエル自身は、「ミレニアム」共同経営者の女性と不倫関係にあり、リスベットとは
深い関係を求めていないようだった。
e0040938_1845432.jpg

ヘンリックからの依頼を解決した、ミカエルは、彼が映画の冒頭で敗訴に追い込まれた
裁判をひっくり返す資料をもらうが、これは決定的なものではなかった。
そこでリスベットは、あっとびっくりの金髪美女に変身し、ミカエルを追い込んだ男
(もともと不正・詐欺の塊のようなやつ)をケイマン島のマネーロンダリングを
暴くことで追い込み、その男を闇のギャングに殺させることに成功した。
(このあたりのやり取りの詳細はよく解りませんでしたが・・・汗)

全て解決した後リスベットは、ミカエルの体に合わせたオーダーものの革の
ジャンパーをプレゼントしようと、彼の自宅に行くが、出てきた彼の腕に腕を
絡めていたのは「ミレニアム」の女性共同経営者であったのだ。
リスベットは、革ジャンをゴミ箱にポイと捨てて、どこかへバイクで消えていったのだ。

このバイクが、リスベットのエモーションを良く表出していて、バイク疾走シーンが
作品にキレとテンポを与えている重要な小道具となっていることを見逃しては
いけない。いわばバイクは彼女の分身なのだ。
また、彼女の天才的なPCテクニックやハッキングテクニックなど、どこで習得したのか
全く説明してない。またそれが、本作では宜しい。不幸な生い立ちというか凄まじい
生い立ちはミカエルにピロートークで少し話すけど、それがほんとかどうかは
判らない、でもそれでいいと思う。

2時間半の映画では、飲み物を飲んじゃイカンですね。途中でトイレに行きたくなる。
ましてやこの手の映画は1度トイレに行ったら最後、何がなんだかわからなくなる
恐れがある。故に私は、歳も歳なので朝食後、シネコンへ行って座席に座る前に
トイレに行き、鑑賞中は絶飲絶食。それでもあと20分長かったらアウトだったな。
そうした映画は昔はインターミッションがあったものだが・・・。

いや、面白ろい、良いキレの映画を楽しめました!
この映画の詳細はこちらまで。
Commented by リバー at 2012-02-27 18:15 x
TB ありがとうございます。

久々にフィンチャーらしい作品でしたね
続編を作るのか気になります。
Commented by jazzyoba0083 at 2012-02-27 20:40 x
リバーさん コメントありがとうございます。おっしゃるとおり!続編はあるみたいなんで、楽しみです。ルーニー・マーラ、オスカーは残念でしたね。期待したんですが、御大の前に、涙、でした。
Commented by 光太 at 2012-04-01 23:59 x
オープニングクレジットが素晴らしい出来栄えでしたね。
Commented by jazzyoba0083 at 2012-04-12 09:46 x
光太さん
気が付くのが送れレスが時期外れになってしまったこと深くお詫び申し上げます。ご指摘のオープニングクレジット、私も、しょっぱなから引き込むなあ、と思ってみていました。
素敵でしたね!
by jazzyoba0083 | 2012-02-26 13:25 | 洋画=た行 | Comments(4)