普通の人々 Ordinary People

●「普通の人々 Ordinary People」
1980 アメリカ Paramount Pictures,Wildwood Enterprises,124min.
監督:ロバート・レッドフォード
出演:ドナルド・サザーランド、メアリー・タイラー・ムーア、ティモシー・ハットン、ジャド・ハーシュ他
e0040938_23927100.jpg

><1980年度アカデミー賞作品、監督、助演男優、脚本賞受賞作品>

<評価:★★★★★★★★☆☆>
<感想>
良く出来た心理劇だ。まず、脚本が素晴らしい。さらに配役も素晴らしい。特にオスカーを
獲ったティモシー・ハットンの若く脆く、揺れる青春の表情、演技は光っていた。また
いかにも理解が足りない母親役のメアリー・タイラー・ムーアもオスカー・ノミニーに恥じない
いい演技だった。セラピストのジャド・ハーシュもいい。

どこか舞台劇を思わせる設定で、会話劇のなかに、登場人物を浮き彫りにしていく。とは
いうものの、次男が食べない朝食をまるごとディポーザーに投げ込んだり、ナプキンを
神経質にしまう母親の仕草のカットや、微妙に変化する主人公コンラッドの表情も
また映像的な見ものになっている。初監督でいきなりオスカーを獲ってしまったロバート・
レッドフォード、これはフロックなのか? 流石なのか。脚本によるところが大きいと思う
のだが。

タイトルの「普通の人々」は、反語的。出てくる一家はちっとも普通ではない。
弁護士の父とキャリアウーマンの母、できのいい兄弟。一見「普通に見える」一家も
一皮剥けば、問題だらけで、結婚21年の夫婦もやがて崩壊していく。

悲劇的なヨット事故で、兄を亡くした弟コンラッドは、優秀なのに事故は自分のせいだと
ずっと自分を責め、一時入院し、退院したあともセラピストに通っている。
父は理解あるが、「兄しか愛していない母、いや自分しか愛することしか知らない母」と
次第にうまくいかなくなる。コンラッドは自殺未遂を起こす。母の心は余計に離れる。
そういう母を疎ましく思う父。一家は崩壊に向けて転落していく。さらに病院で一緒で
仲が良かったカレンが自殺する、という事件が重なり、コンラッドはパニックになる。
そこを救うのがセラビスト、バーガー医師。「良き友だ」と彼を受け止めてくれた。

また同じ教会のコーラス隊で一緒のガールフレンドのジェニンの素直さも悩める
コンラッドにカタルシスをもたらしてくれた。
こうして自らの心の開放に成功するコンラッドだったが、片方で、父は母に絶望、母は
荷物をまとめヒューストンの兄のもとへ去っていった。

結局、「自分しか愛せない母の頑迷さ」が、すべての原因だったのか。父をして
「虚しい人生だった」と21年間を言わしめたのだから。そういう見方で正解なのだろうか。

コンラッドの一家3人は、恐らく映画を見に行った、誰でも、自分のこととして共感できる
姿ではないだろうか。
e0040938_2395895.jpg

<ストーリー>
「カルヴィン・ジャレット(ドナルド・サザーランド)はシカゴに住む有能な弁護士。
妻ベス(メアリー・タイラー・ムーア)とは結婚して21年になる。息子コンラッド
(ティモシー・ハットン)は17歳、ハイスクールに通い聖歌隊のメンバーでもある。

彼は時々悪夢にうなされ、父のすすめで精神科医バーガー(ジャド・ハーシュ)の
治療を受けている。彼の病気は兄バックの事故死が原因のようだった。
秀才でスポーツ万能だったバックは皆に愛されていたがコンラッドと2人でボートで
遠出した際にボートが転覆しコンラッドだけが助かったのだった。
そして、その直後自殺をはかったコンラッド。バックを溺愛していたベスは、
時々コンラッドを見て凍ったように口を閉ざす。

病院でいっしょだったカレン(ダイナ・マノフ)と、退院後久しぶりに会ったコンラッドは、
彼女の元気な姿に安心するが、分析医に通っているかという彼の質問に表情を
くもらせ、彼女は席を立っていった。
一方、カルヴィンは、コンラッドとべスの間のわだかまりを解きほぐそうと必死の
努力を試み苦悩する。聖歌隊の合唱仲間ジーニン(エリザベス・マクガヴァン)に
よい声だとほめられたコンラッドは、彼女とデートし、明るい気分にひたる。

クリスマスの休暇に入り、カレンにお祝いの電話を入れたコンラッドは、その時
カレンが自殺したことを聞き茫然とする。取り乱したコンラッドに、バーガーは
医者の立場から言葉をかけ、コンラッドを苦しめている罪の意識から解放させる。
落ちつきを取り戻した彼はジーニンを訪れ、好きだと告げた。

ある晩居間にいた父母の元にコンラッドが現われ、初めて自分から進んでベスに
キスをした。しかし、ベスは抱き返すことなくそのままの姿勢でじっとするだけだった。
夜中に目を覚ましたベスは、階下の部屋で1人泣いているカルヴィンの姿を見て
当惑する。彼は妻に初めて君への愛があるのかわからないと本心を告げた。
明け方、彼女は家を出て行く。庭で1人立ちつくすカルヴィンのもとにコンラッドが近づき、
2人は無言のままいつまでも抱き合うのだった。」(goo映画)

この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/17511428
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from RE940の自作DVDラベル at 2012-03-15 21:21
タイトル : 普通の人々
1980年 アメリカ 125分 監督:ロバート・レッドフォード 出演:ドナルド・サザーランド メアリー・タイラー・ムーア ティモシー・ハットン ジャド・ハーシュ エリザベス・マクガヴァン  平穏な日常生活を送っていた家族4人の家庭に、長男の事故死、続いて次男の自殺未遂という事件が起こる。この出来事を契機として、愛情と信頼によって固く結ばれていた筈の一家が、激しく揺り動かされ、目に見えない緊張が家の中を支配していく。そして映画は、3人がそれぞれの苦悩を抱えて噛み合わない...... more
by jazzyoba0083 | 2012-03-10 23:00 | 洋画=は行 | Trackback(1) | Comments(0)