天国と地獄

●「天国と地獄」
1963 日本 東宝 黒澤プロダクション 143分
監督:黒澤明  原作:エド・マクベイン「キングの身代金」
出演:三船敏郎、香川京子、江木俊夫、佐田豊、仲代達矢、三橋達也、石山健二郎、
   木村功、武藤武、伊藤雄之助、中村信郎、田崎潤、志村喬、藤田進、土屋嘉男、
   千秋実、藤原釜足他。
e0040938_16373660.jpg

<評価:★★★★★★★★★☆>
<感想>
実に面白かった。脚本もしっかりしていたし、黒澤オールスターズとは言えキャストも
素晴らしい。
長い映画だったが、前半の権藤邸のやり取りが限界、というところで、第二こだまの
車中となる展開、またその後の捜査では見ている人が一緒に事件解決にタッチして
いるかの如くの謎解き。どれも面白い。権堂の暮らしと犯人のインターンの暮らしの、
あるいは両者の人生のありようの捉え方で、教訓くさくなる一歩手前で
エンターテインメントにならしめている演出と脚本に脱帽である。
沢山の出演者が出てくるが、話が散ることなく、権藤と重役、運転手、妻、そして犯人と
人間像もきちんと描かれている。いまさら私などがあれこれいうことでもないだろうけど。

先日他界した大滝秀治さんが、ブン屋の中にいるのを発見した。
黒澤映画の中ではコミカルな面もある三船が、苦悩の人に終始するのも見ものだし、
警部の仲代、権藤の手下で彼を裏切る男、三橋、今や名脇役と言われる人たち
ばかりの刑事やブン屋、そして犯人であるインターンを演じた若き日の山崎努の狂気、
さらに黒沢映画には欠かせない志村喬、藤原釜足、千秋実、藤田進、重役連の
中村信郎、伊藤雄之助、田崎潤などの演者たちを楽しむのもいい。

東京五輪の前年、新幹線が開通する前年。まだ戦後の雰囲気が残る街の風俗、
国鉄の度量というか、ひと列車貸切の一発撮りの凄み、クラウンやらベンツやらの
出てくるクルマの面白さ、勿論ロングで見られる横浜の風景などなど映像のおもしろさも
格別だ。
パートカラーや陰影を効果的に使ったモノクロ映像も、カラーに慣れた目には新鮮だ。
ひとつ気になったのは、鎌倉あたりから見える真夏の富士山、雪がかぶっていたような気が
したが。

私と権藤の息子役、江木俊夫は同年齢なので、冒頭、運転手の息子と西部劇ゴッコを
している風景は、持っているおもちゃをみても、金持ちだなあとリアルに判る。(^^ゞ

超・お勧めです。
e0040938_1638423.jpg

e0040938_16381783.jpg

<ストーリー>
「ナショナル・シューズの権藤専務は、大変な事件に巻込まれてしまった。
明日まで五千万円を大阪に送らないと、次期総会で立場が危くなるというのに、
息子の純と間違えて運転手の息子進一を連れていってしまった誘拐犯人から、三千万円を
よこさないと進一を殺すという電話があったからだ。
苦境に立った権藤は結局金を出すことになった。権藤邸に張りこんだ戸倉警部達は
権藤の立場を知って犯人に憎しみを持った。
金を渡す場所。それは、明日の第二こだまに乗れということだった。犯人は戸倉警部達を
嘲笑するかのごとく、巧みに金を奪って逃げた。進一は無事にもどった。

権藤は会社を追われ、債権者が殺到した。青木は進一の書いた絵から、監禁された
場所を江の島附近と知って、進一を車に乗せて江の島へ毎日でかけていった。
田口部長と荒井刑事は、犯人が乗り捨てた盗難車から、やはり江の島の魚市場附近と
いう鑑識の報告から江の島にとんだ。
そこで青木と合流した二人は、進一の言葉から、ついにその場所を探り出した。
その家には男と女が死んでいた。麻薬によるショック死だ。

一方、戸倉警部は、ある病院の焼却煙突から牡丹色の煙があがるのをみて現場に
急行した。金を入れた鞄には、水に沈めた場合と、燃やした場合の特殊装置がなされて
いたのだ。燃やすと牡丹色の煙が出る。その鞄を燃やした男はインターンの竹内銀次郎と
わかった。また共犯者男女ともかつてこの病院で診察をうけており、そのカルテは竹内が
書いていた。

今竹内をあげても、共犯者殺人の証拠はむずかしい。戸倉警部は、二人の男女が持っていた
二百五十万の札が、藤沢方面に現われたと新聞に発表する一方、竹内には、
二人が死んでいた部屋の便箋の一番上の一枚に、ボールペンで書きなぐった後を
復元した、「ヤクをくれヤクをくれなければ……」という手紙を巧妙に渡して、
腰越の家に罠を張って待った。
そして、竹内には十人からの刑事が尾行についた。竹内は横浜で麻薬を買った。
肺水腫に犯された二人が麻薬純度九〇%のヘロインをうって死なないはずがない。
竹内はそのヘロインを今度は、伊勢崎町の麻薬中毒者にあたえてためそうというので
ある。果して一グラム包〇・三%を常用している中毒者は忽ちにしてショック死した。
彼は薬の効果を確かめてから、二人の男女中毒者をおいておいた腰越の別荘に
走った。そこには、すでに戸倉警部の一行が、ずっとアミを張って待っているのだ。 」
(goo映画)

この映画の詳細なデータなどはこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/19075323
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2012-10-20 23:35 | 邦画・旧作 | Trackback | Comments(0)