人生の特等席 Trouble with the Curve

●「人生の特等席 Trouble with the Curve」
2012 アメリカ Warner Bros.Pictures,Malpaso Production,111min.
監督:ロバート・ロレンツ
出演:クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン他
e0040938_1842125.jpg

<評価:★★★★★★★★☆☆>
<感想>
久々のシネコン。イーストウッド作品となれば、見逃せない。今回は号泣した
「グラン・トリノ」以来の主演作品で、可愛い弟子の監督デビューに、自らの主演を
プレゼントした格好だ。

しかし、今やアメリカにおいて「本当は心優しい頑固ジジイ」をやらせたら、右に
出るものがいない、イーストウッド翁、本作も好演技炸裂であります。
いささかセンチメンタルに過ぎるな、と思うところもないとはいえないし、イースト
ウッドが主役なのか、エイミーが主役なのか、分散していることが難点か。
二人が主役、と言われれば、そうなんだろうけど、そうするとタイトルが・・・。
また大体の展開が想像できてしまうのだが、まあそれも心地よい。

原題の「カーブに難あり」は、投手の球筋と人生を引っ掛けているのだな。
クリントもエイミーも直球ばかりの人生で・・・。

いかにもアメリカ人が喜びそうな野球とハッピーエンディング。映画的に言えば
カタルシスの心地よさは、日本人とて観ている人を不快にするはずがない。
自分自身もジジイの境地になり、いちいちうなずけてしまう点は★が若干甘めに
なることをお許し願いたい。

個人的に涙のツボだったのは、ピーナッツ売りがミッキー(エイミー)の「スカウト」で
アトランタ・ブレーブスのテストを受けることになり、球団がガス(クリント)のアドバイスに
反してドラフト1位に指名したボー・ジェントリー相手に第一球を投げるところ。
何故か不覚にも、ほとんど泣きそうだった。

娘役のエイミーも歳と共に油が取れてきて良い感じ。ラブコメでヘタレ男をやらせると
いい味を出すジャスティンも、肩を痛めてリタイアした元大リーガー投手のスカウトを
いい感じで演じていた。加えて、ガス(クリント)の親友を演じたジョン・グッドマンなど
脇役も作品を引き締めていた。
e0040938_1851622.jpg

<ストーリー>
「クリント・イーストウッドが「グラン・トリノ」以来4年ぶりに主演を務める感動ドラマ。
キャリア最後のスカウトの旅へと出たメジャーリーグの老スカウトマンとそのサポートに
押しかけた一人娘が、旅を続ける中で少しずつ互いのわだかまりと向き合い、親子の
絆を再確認していく姿をしみじみとした筆致で描き出す。
共演はエイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン。

監督は長年イーストウッド作品に製作や助監督として携わり、本作で記念すべき
長編監督デビューを飾ったロバート・ロレンツ。

 数々の名選手を発掘してきたメジャーリーグの伝説的スカウトマン、ガス・ロベル。
(クリント)しかし近年はパソコンを使ったデータ分析が主流で、ガスのような昔気質の
スカウトマンはすっかり時代遅れに。視力も衰え、残り3ヵ月となった球団との契約も
延長は望み薄。そんな中、ドラフトの目玉選手のスカウティングに向かったガスのもとに、
弁護士としてキャリアの大事な時期を迎えていた一人娘のミッキー(エイミー)がやって来る。
すっかり疎遠になっていた2人は、久々の再会も互いに素直になれずにギクシャクしたまま。
そんな2人の前に、かつてガスに見出され、引退した現在では新米スカウトマンとして
再出発を図るジョニー(ジャスティン)が姿を現わすが…。」

7年間の法律事務所生活の総仕上げの仕事に取り掛かり、それが成功すれば
最年少の共同経営者になれるという時期の娘と、目にトラブルを抱えるプロ野球の
職人的老スカウト。彼も引退の瀬戸際にあった。さらに父の職場で娘と出会う
元大リーガー。彼もまたスカウトとしてまた球団付きの実況アナウンサーとしての
道を歩もうとしていたのだ。それぞれが「人生で大切なものは何か」というベタな
ポイントを描いていく。

ハイライトは、スカウトで父と泊まっていたモーテル従業員のヒスパニック系の息子を
ミッキーが「スカウト」し、ブレーブスの球場で、ドラフト指名1位の打者をきりきり舞い
させるところ。この打者を巡り、父は長年のスカウトの眼で、「カーブの打てない
打者は指名するな」とのアドバイスを無視し入団させたヤツだったのだ。

近年のイーストウッド作品に駄作なし、は未だに続いているのだ。

この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/19266404
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from soramove at 2012-12-11 07:52
タイトル : 映画「人生の特等席」タイトルが立派すぎる、もっとしみじみ..
映画「人生の特等席」★★★★ クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、 ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン、 ロバート・パトリック、マシュー・リラード出演 ロバート・ロレンツ 監督、 111分、2012年11月23日より全国にて公開 2012,アメリカ,ワーナー・ブラザーズ (原題/原作:TROUBLE WITH THE CURVE) <リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 初登場5位スタート、2週目は 9位に...... more
Tracked from 映画のブログ at 2013-04-26 08:05
タイトル : 『人生の特等席』 なぜイーストウッドが監督しないのか? ..
 【ネタバレ注意】   映画に反論するには映画をもって、ということだろうか。  野球を題材にしながら、選手ではなくGM(ゼネラルマネージャー)にスポットを当てた映画として『マネーボール』はたいそう...... more
by jazzyoba0083 | 2012-11-25 12:20 | 洋画=さ行 | Trackback(2) | Comments(0)