007スカイフォール Skyfall

●「007スカイフォール Skyfall」
2012 イギリス、アメリカ Metro-Goldwyn-Mayer (MGM),Danjaq,Eon Productions.143min.
監督:サム・メンデス
出演:ダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム、ジュディ・デンチ、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス他
e0040938_21193539.jpg

<評価:★★★★★★★☆☆☆>
<感想>
封切り二日目。シネコンの一番大きな小屋にて。年配者を中心に80%位の良い
入りである。

う~む、これは007ファンにとって、またダニエル・クレイグの007になってからのファンでも
感想が分かれるだろうなあ。映画の出来としては良いのだが、ショーン・コネリー版とも
前作までのクレイグ版とも味付けが違うような気がしたのだ。まあ、「世代交代」とか
「古いものにも良いところはある」という文脈も理解できる。が、本来007シリーズに
持っていて欲しいエンタテインメント性のベクトルが違うのではないか、という気がした。
内省的なところが多く、アクションも少なめ。これがサム・メンデスの味付けなんだろうか。

ストーリーは単純で分かりやすいのだが、いささか陳腐。「世代交代」というのなら
今回の敵、ハビエル・バルデムの影に若い奴がいるとか、だったら面白くなったかも
しれない。 所謂典型的な「ボンドガール」も出てこないし。まあナオミがそうなだろうけど。
緊張が引っ張られたのは冒頭の20分、ラストのスコットランド実家のシーンくらいかな。
小道具も控えめだ。ただし、冒頭の20分はアイデアも含め拍手パチパチである。

長い割には「省略、ご想像にお任せ」な部分が散見された。列車の上から遥か下の
川へ転落しなおかつ滝壺に落ちても平気だったのは何故?捕まったハビエルが
脱出できたのは何故?など。「省略」もまた時に必要な手法であろうが、143分かけた
映画では控えるべきだったのでは?

クルマ事情からすると、初代が使ったアストンマーティンDB5が登場するが、最後に
ハビエルの軍隊に穴だらけにされて爆発してしまう。レプリカだったんだろうな。
DB5が、「古いものにも良いところはある」の象徴として使われる。
スコットランドの実家で、襲ってきたシルヴァ一味が、DB5をボコボコにしてしまうが
それがボンドの怒りをさらに過激なものとしたのだった。ww
また今回はアウディが悪党に使われ、イギリス製レンジローバーがボンド側のクルマと
して使われ、またMの公用車はジャガーだったり。英独の敵対構造が明確だった(苦笑)。

e0040938_212078.jpg

<ストーリー>
「ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの3作目にして007シリーズ誕生50周年記念作
となる通算23作目のスパイ・アクション大作。
MI6への恨みを抱く最強の敵を前に、絶体絶命の窮地に追い込まれるジェームズ・ボンドと
秘密のベールに包まれた上司Mが辿る衝撃の運命を、迫力のアクションとともに
スリリングに描く。共演はM役のジュディ・デンチ、敵役のハビエル・バルデムのほか、
レイフ・ファインズ、アルバート・フィニー、ベン・ウィショー。
監督はシリーズ史上初のアカデミー賞受賞監督の起用となった「アメリカン・ビューティー」の
サム・メンデス。
 
 英国の諜報機関MI6が世界中に送り込んでいるスパイのリストが盗まれる緊急事態が
発生。“007”ことジェームズ・ボンドは、リストを取り戻すべくMの指示に従い、敵の
エージェントを追い詰めていくが…。
その作戦が失敗に終り、組織内でのMの立場も危うくなる。そんな中、今度はMI6本部が
爆破される。辛くも難を逃れたMだったが、一連の犯行はMへの復讐に駆られた元MI6の
凄腕エージェント、シルヴァによるものだった。そんな窮地に立たされたMの前に、
手負いのボンドが姿を現わすが…。」(allcinema)

以下、流れでストーリーを。ネタバレしてます。
冒頭の20分のアクションシーンとは、PCのハードディスクからスパイのリストを
盗み出したかつてのMI6部員、Mの部下シルヴァ(ハビエル)と彼を大追跡の末
走る列車の屋上まで追い詰めたボンドの一騎打ちであった。
しかし、援護に回っていたイヴ(ナオミ)が銃撃を誤り、ボンドは遥か下の川へと
まっさかさま。 ボンドは死んだ、とされたのだった。

そのこともあり、Mはリタイアを勧告されていた。しかし、再び登場したボンド。
再登用テストを受けるが本当は落第のところ、Mが復帰を指示したのだった。

香港へ飛ぶボンド。このくだりはストーリーとどう絡んでいたんだっけ??

マカオで登場するシルヴァ。彼は独自に中国への情報戦を仕掛けてMに懲戒
されたことを逆恨みし、Mに復讐を誓っていたのだ。

やがてある戦闘でシルヴァは逮捕されるが、脱走。

国会の審問会で、旧態依然たるMI6を糾弾されるM。そこにシルヴァとその部隊が
急襲する。Mを助けスコットランドに。Mを餌にシルヴァをおびき寄せる作戦だ。
実家を守る狩猟頭の助けを借り、アナログで武装するボンド。そこにクルマと
ヘリでシルヴァがやってくる。

Mと狩猟頭は家に伝わる秘密の通路で脱出するが、シルヴァの魔手が伸びる。
ボンドの両親が眠る墓のある教会で対決するMとシルヴァ。Mに銃を持たせ
自分の頭ごと吹っ飛ばせというシルヴァ。Mは銃撃を受けて重傷だった。
万事休す、そこにボンドの投げた(アナログの象徴)ナイフが・・・。

瀕死のMは・・。

エンディングロールの最後の方に、一箇所日本語が出てきます。お楽しみに。
この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/19301174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2012-12-02 12:35 | 洋画=さ行 | Trackback | Comments(0)