アフロ田中

●「アフロ田中」
2012  日本 Showgate 114min.
監督:松居大悟  原作:のりつけ雅春
出演:松田翔太、佐々木希、堤下敦、田中圭、遠藤要、駒木根隆介、リリー・フランキー他
e0040938_18382789.jpg

<評価:★★★★★★☆☆☆☆>
<感想>
この手の新作映画は普段は見ないのだが、シネコンでたまたま見た
予告編が面白そうだったので、WOWOWでの放映をきっかけに鑑賞してみた。
原作がコミックなので漫画チックな描きっぷりは当然なんだけれど、
アフロ田中の善人ぶりに引き込まれつつ、結局観てしまった。どうってことない
アフロ田中のちょいとした恋物語なんだけど、異形ながら人が良くそれゆえに
なにごとも大成しない田中君が、恋に奮闘するお話で、結末も冴えないのであるが
それはそれ、本人もたいして気にしてない。
そんなノンシャランな生き方が素晴らしいアフロ田中君なのだ・・・ww

松田翔太の、オヤジさんの「なんじゃこりゃ!」ばりの眉間にしわを寄せた困り顔は
良かったし、マドンナの佐々木希、社長のリリー・フランキーも皆脱力系映画に
フィットしていたと思うよ。
暇なときに肩の力をだら~と抜いて見飛ばす分には悪くない映画だ。ちょっと
長すぎだけど。
e0040938_18392662.jpg

<プロダクションノート&ストーリー>
「ビッグコミック・スピリッツ(小学館)で連載中の人気コミック「アフロ田中」シリーズを
映画化。アフロヘアがトレードマークの妄想男・田中の、エッチでちょっぴりせつない
青春ムービー。巨大なアフロヘアを「おっぱいの柔らかさ」と信じて疑わない田中。
恋愛したことがないどころか、年齢=彼女いない歴をバリバリ更新中なのに、新しい隣人・
亜矢ちゃんのハートを射止めようと必死に策を練る……。
おバカに見えて実は大真面目な田中のアフロな生き方に、笑いながらもこっそり共感して
しまうかも。主演は、松田翔太、佐々木希、堤下敦(インパルス)、田中圭ら、笑っちゃう
くらい超豪華キャスト。監督は、ドラマ出身でこれが長編映画デビューとなる松居大悟。

のりつけ雅春の同名ギャグ漫画を「ハードロマンチッカー」の松田翔太主演で映画化。
彼女いない歴24年の男が、彼女を作ろうと空回りしながら悪戦苦闘する様を描く。
監督は本作が商業映画デビューとなる松居大悟。
共演は「天使の恋」の佐々木希、「カンフーくん」の堤下敦、「ランウェイ・ビート」の田中圭、
「七つまでは神のうち」の駒木根隆介。


強烈な天然パーマでこの世に産まれ落ちた田中広。幼い頃からその髪質ゆえ理不尽な
イジメを受け、不遇の少年時代を過ごしてきた。
成長し高校生となった田中はノープランのままその場のノリで学校を中退。その後、
さらなる自由を求めて埼玉から上京する。
肉体労働で日々汗を流しながら、田中(松田翔太)は24歳を迎えるが、いまだ、彼女も
出来ない寂しい生活を送っていた。
そんな時、学生時代からつるんできた地元の仲間たちの1人、井上(駒木根隆介)が、
結婚するという知らせが舞い込む。
高校時代の約束を思い出し、真っ青になる田中。その約束とは“仲間5人のうち誰かが
結婚する日には、その時の彼女を連れてくる”というものだった。

焦る田中の前に、隣に引っ越してきた加藤亜矢(佐々木希)が現れる。そのあまりの
美しさに激しく心をときめかす田中だったが、あんなのどうこうできるはずないだろ、と
瞬時に諦めてしまう。そんな中、田中は彼女がいないことを仲間たちに告白しようと
決め、帰郷。だが半年ぶりに再会した仲間たちは、それぞれ適度に生活に疲れながらも、
身の丈にあった彼女をしっかり作っており、結局、田中は彼女がいる振りを続けるしか
なかった。

東京に戻った田中は、精力的に合コンに参加する日々をスタート。だが頭でっかちで、
ことごとくズレている田中を相手にする女子がいるはずもない。合コンで出会ったユミ
(原幹恵)となんとか連絡先を交換し、ホテルまで行くはめになるものの、やはり肝心な
ところでうまくいかない。
もはや悟りの境地まで達した田中は、すべてを諦めようとするが、そんな時、隣室から
悲鳴が。「ゴキブリが出た」とかわいく騒ぐ亜矢を助けたことがきっかけで、2人の仲は
まさかの急接近。

煩悩を捨てようと一人戦う田中だが、亜矢の魅力の前にあふれ出る好意(と性欲)を抑え
られない。そして遂に運命のクリスマスが訪れる。
友達との約束が急遽なくなってしまったと言いながら「もしよろしければ、お食事でも」と
頬を赤らめながら、健気に田中を誘う亜矢。一気に幸せの絶頂まで駆け上る田中をもう
誰も止められない。まるで恋人同士のようにクリスマスデートを楽しむ田中と亜矢だったが、
そこには大きな落とし穴が待ち受けていた……。 」(goo映画)

亜矢ちゃんを自分の部屋に連れてきたところ、実はその部屋には悪友たちがサプライズ
パーティーをしかけるために潜んでいて・・・。そこに二人が帰ってきたが、押入れから
ビデオを持った悪友が転がりでるに及び、「ハメ撮り・・・」を・・!!亜矢ちゃんは去って
行ってしまったのだ。

その後、何とかよりをもどし遊園地デートで上手く行くと思っていたところ、見事に振られ、
友人の結婚式では酔態をさらして大変なことになり・・・。

この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/19333847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2012-12-04 23:15 | 邦画・新作 | Trackback | Comments(0)