ラブ&ドラッグ Love and Other Drugs

●「ラブ&ドラッグ Love and Other Drugs」
2010 アメリカ Fox 2000 Films,Regency Enterprises.113min.
監督:エドワード・ズゥイック
出演:ジェイク・ギレンホール、アン・ハサウェイ、オリバー・プラット、ハンク・アザリア、
    ジョシュ・ギャッド他
e0040938_17534645.jpg

<評価:★★★★★★★☆☆☆>
<感想>
出だしは上場で、肩の力を抜いて楽しめる上質なコメディか、と思ったら途中からかなり
シリアスは物語になる。主演のジェイクもアンも好ましいし、アンは惜しげもなく裸を
晒している。「レ・ミゼラブル」であんな重要な役を演じた女優さんが、いいのか?と
思ってしまうほどだ。 コメディとシリアスな物語、チャップリンに代表されるように
喜劇であるがゆえに悲しい、という味わいが出ればよかったのだろうけど、本作では
ごちゃ混ぜになってしまい、そういう味わいが感じられず、いい映画になりそこねた
感があり、なんか残念だった。
故に★は6,5。いい映像表現、タッチで進んでいるだけに。裸とセックスシーンが
たくさん出てくるというもの、味わいを散逸させて損をしてしまっていると感じた。
原作は読んでいないが、バイアグラで大成功したファイザーの営業マンの
お話であり、パーキンソン病の女性の登場は映画のために付け加えたのではないか?

自分の会社の薬を採用してもらいためには手段を選ばないファイザー製薬の営業
マンが描かれるが、実在の会社がバンバン出てきて採用をめぐる裏事情が明かされて
いく様子に、大丈夫だったのかなあ、と思ってしまった。ファイザーが協力しないと
出来ないお話であるだけに。
e0040938_17542768.jpg

<プロダクションノート&ストーリー>
「医薬品販売業界の敏腕セールスマンと、難病を患いながらもめげる事なく魅力的で
自由な心を持ち続ける芸術家の女性。セックスから始まった二人の関係が、やがて愛へ
と昇華し…。大手製薬会社の若手営業マンだったジェイミー・レイディの原作を基に、
『ラスト・サムライ』『グローリー』など、歴史大作で知られるエドワード・ズウィック
監督がメガホンをとっている。
愛とセックスの本質を探究する本作は、ズウィック監督のデビュー作『きのうの夜は…』の
テーマに通じる。『ブロークバック・マウンテン』以来の共演となったジェイク・
ギレンホールとアン・ハサウェイの息の合った演技で、笑いと感動に満ちたロマンティック・
コメディとなった。

パーフェクトに近い魅力を持ち世の中を渡るジェイミー・ランドール(ジェイク・
ギレンホール)は、狙った女は必ず落とす名うてのプレイボーイだが、医学部を中退、
医者の両親を失望させて家では落ちこぼれでしかない。
そんなジェイミーの新しい仕事は、世界最大の製薬会社・ファイザー製薬のセールスマン。
配属されたピッツバーグで病院相手に営業を開始するが、ライバルに阻まれて思うように
成績は上がらない。だがそれで引き下がる彼ではなかった。病院の受付嬢を誘惑して、
なんとか便宜を図ってもらおうと日夜奮闘。

そんなある日、若くて美しいパーキンソン病患者のマギー・マードック(アン・
ハサウェイ)と出会う。マギーに誘われ早々にベッドインしたジェイミーは、最初は単に
体だけの関係と割り切っていたが、やがて彼女に本気になっていく。しかし、マギーは
病気のせいで誰にも心を開くことができないと打ち明けるのだった。
その頃、夢の新薬・バイアグラが開発され、数週間にわたっての粘りに根負けした上司は、
ジェイミーにバイアグラの販売許可を与える。ジェイミーは片っ端から薬を売りさばいた。
以前は見向きもしなかったドクターたちが「もっとサンプルを分けてくれ」とバッグにしがみ
ついて懇願する。
販売記録を次々と塗り替えたジェイミーは、遂には優秀なセールスマンしか出席できない
シカゴの研修会に呼ばれるまでになる。いつしかマギーとの仲も順調に進み、充実した
毎日を送っていたが、マギーの病気は次第に悪化。そして、ふたりで出かけたシカゴで
ジェイミーは、パーキンソン病の妻を持つという男から「病状が進めばきみのことも
わからなくなる。別れた方がいい」と忠告される……。」(goo映画)

ジェイミーはマギーの病気を治そうと必死に勉強したり病院を連れまわしたりするが、
マギーは、自分の存在が彼を不幸にする、と思い、自分から別れを言い出す。
やがて二人は別れてしまい、ジェイミーは他の女との一夜の情事に憂き身をやつし
彼女のことを忘れようとする。
一方、マギーは新しい彼氏を見つけるが、やはり幸せではない。シカゴ行が決まった
ある夜、レストランで偶然に再会する二人。

マギーが老人を連れてカナダへ薬を買いに行くツアーのバスを追いかけて停め、
「君が必要なんだ」と告げる。マギーも「私のほうがあなたを必要とするでしょう」と
言って抱き合うのだった。ジェイミーはシカゴへの栄転を断り、医大に再入学し
マギーの病気に挑戦するためドクターを目指すのだった。

ジェイクの弟君が、全然似ていないおデブなんだけど、一度は大成功するが
失敗し奥さんにも逃げられ・・という役どころが息抜きとなっている。

この映画の詳細はこちらまで。
by jazzyoba0083 | 2013-01-06 22:55 | 洋画=ら~わ行 | Comments(0)