RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ

●「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」
2011 日本 松竹 製作委員会(テレ東系) 123分
監督:蔵方政俊
出演:三浦友和、余貴美子、小池栄子、中尾明慶、吉行和子、塚本高史、岩松了、西村雅彦他
e0040938_1959048.jpg

<評価:★★★★★☆☆☆☆☆>
<感想>
頑張れ!日本映画! 前作がとても良かったな、という記憶があるので、本作は
残念だった。鉄道は背景であり、主役ではない。定年間近の運転士と、自分の
人生を見つけたいと願う妻の話である。美しい富山の風景だけが記憶に残った。
個人的にはシンパシーを感じるシーンもあったのだが、物語が総じて薄っぺらだ。
その割には上映時間が長すぎ。電車運転のシーンはどうやって撮ったのかなとは
思ったけれど。

三浦友和、肩に力が入り過ぎだ。長編初監督の演技指導やいかばかりだったか。

「定年」「末期がん」「赤ちゃん誕生」「事件」という想定も今さらなんだかなあだし、
一度離婚した夫婦、また後でくっつくんだろうなあ、とは想像がついてしまう。
仁科亜希子の登場は何だったのだろうか?

このシリーズ、地方の鉄道をネタに続くのだろか。ならばもう少し脚本を何とかしないと
ただの観光映画(あるいは地元振興)になっちゃうよ。
e0040938_19592714.jpg

<プロダクションノート&ストーリー>
「ローカル私鉄を舞台にした人生模様を描く“レイルウェイズ”シリーズ第2弾。
舞台を富山県に移し(今回取り上げられたのは富山地方鉄道)、定年退職間近の
運転士とその妻の“第2の人生”への分岐点を、同僚や部下など周りの人々の人生を
交差させながら描く感動作だ。
そばにいるのが当たり前すぎて、本当の気持ちを言葉に出来ない夫婦を三浦友和と
余貴美子が好演。シリーズ前作のチーフ助監督を務めた蔵方政俊が本作で監督
デビューを飾り、人生の過渡期で自分を見つめなおす夫婦をめぐる人間模様を、
細やかに描き出した。雄大な立山連峰を望みながら、緑豊かな田園風景が展開する
富山地方鉄道の沿線風景もまた見どころのひとつだ。


滝島徹(三浦友和)は鉄道運転士として仕事一筋の日々を過ごし、59歳になった。
55歳になった妻・佐和子(余貴美子)は、専業主婦として徹を支えてきた。
徹が1か月後に定年退職を控え、夫婦で第2の人生をスタートさせようとしていた
ある日、佐和子が結婚するときに辞めた看護師の仕事を再開すると宣言する。
しかし徹は佐和子の申し出を理解せず、2人は口論となる。思わず家を飛び出した
佐和子と徹の溝は深まる一方で、ついに佐和子は離婚届を徹に手渡す。

これからの人生は妻のためにと思っていた徹に対し、自分の人生を生きたいと
願った佐和子。佐和子には、徹の知らないある理由があった。そばにいるのが
当たり前すぎて、本当の気持ちを言葉にできない2人に、ひとり娘とその夫、
徹の同僚や部下、佐和子が担当する患者一家の人生が交錯していく。
こうして徹と佐和子は、思ってもみなかった第2の人生の出発点にたどりつく。 」
(goo映画)

この映画の詳細はこちらまで。
by jazzyoba0083 | 2013-02-07 23:20 | 邦画・新作 | Comments(0)