最高の人生のはじめ方 The Magic of Belle Isle

●「最高の人生のはじめ方 The Magic of Belle Isle」
2012 アメリカ Castle Rock Entertainment,Reverations Entertainment.108min.
監督:ロブ・ライナー
出演:モーガン・フリーマン、ヴァージニア・マドセン、マデリン・キャロル、キーナン・トンプソン他
e0040938_2044936.jpg

<評価:★★★★★★★☆☆☆>
<感想>
日本では劇場未公開。だが、いい映画だった。大作であるとか、傑作であるとかでは
ないのだが、見ていてほんとにホノボノする。いい人間関係っていいよなあ・・と。
暖かい映画、とでもいうのかな。ただこの手の作品は客が入らないので未公開もしょうが
ないけど、何かの機会でチャンスがあれば観ることをお勧めしたい。

VFXもないし、カーチェイスもない。出てくるのは車いす生活を送る挫折中の老小説家と
娘3人とママ一家。そのふれ合いが主題。季節は夏の湖畔。この舞台設定や季節感も
大切だ。ひと夏の休暇に生まれるのがふさわしいドラマなんだから。原題はベルアイル
という町のひと夏のマジック、という感じだ。

「スタンバイ・ミー」のロブ・ライナー監督が、物語を慈しむように映像に作り上げたんだ
なあ、という雰囲気がひしひしと伝わる。老小説家モーガン・フリーマンはさすがに安定
したもの。彼の吐く、気の利いたセリフがこの映画の楽しみどころだろう。
加えて、夫と離婚した後、湖畔の実家に戻ってきたヴァージニア・マドセンのママと
女の子3人が、またお利口さんで、いい子たちなんだ。子供心に父親の存在を欲しながら
も、母の愛情をしっかり受け止めている。
小説家が女の子のために作ってあげる、ピアノに住み着いたネズミ一家と象のトニーの
話が良かった。

これに自閉症気味の近所の少年や、映画化を持ちかける編集者らも、暖かい気持ちの
持ち主ばかり。まあ現実はそうは上手くいかないのだが、みんなが暖かくいると世の中は
平和になるのだけれどなあ・・。 加えて犬までが暖かいんだもんねえ。

これでもか、と畳み掛けられる「暖かさ」のオンパレードにいさかか鼻白む人もおられようが
私はウルウルと来てしまったのだった。
邦題「最高の人生~」という映画は数本あるので、ご注意を。
e0040938_2051628.jpg

<ストーリー>
「愛妻を失い酒におぼれた老作家が、隣に越してきた家族と交流を深める中で、本来の
優しさを取り戻す人間ドラマ。監督は「ア・フュー・グッドメン」「スタンド・バイ・ミー」のロブ・
ライナー、主演は「インビクタス/負けざる者たち」「ダークナイト」のモーガン・フリーマン。
この二人は「最高の人生の見つけ方」でもコンビを組んでいるが、本作はまったく関係が
ない。
 
 有名な小説家モンテ・ワイルドホーンも、今ではアルコールにおぼれ創作意欲を完全に
失っていた。孤独な毎日を過ごす彼に、甥のヘンリーは避暑地で夏を過ごすことを提案。
モンテは美しい湖畔にあるキャビンを訪れるが、その隣家へ魅力的なシングルマザーの
シャーロットが三人の娘を伴ってやってくる。シャーロットたちと徐々に交流を深めるように
なるうち、モンテは、自分の中に創作意欲と優しい心が戻ってくるのを感じるのだった。」
(allcinema)

この映画の詳細はlこちらまで。
by jazzyoba0083 | 2013-03-18 23:33 | 洋画=さ行 | Comments(0)