トランジット Transit

●「トランジット Transit」
2012 アメリカ After Dark Films,Signature Entertainment .88min.
監督:アントニオ・ネグレ
出演:ジェームズ・カヴィーゼル、ジェームズ・フレイン、ディオラ・ベアード他
e0040938_1664983.jpg

<評価:★★★★★★☆☆☆>
<感想>
日本劇場未公開の短い作品。知っている俳優さんがほとんいなかった。
所謂B級映画であろうが、結構見てしまった。突っ込みどころは満載で、
またそれを突っ込みながら観るのが面白い。(苦笑) カラーを調整した
画面、気になるかも。
400万ドルを奪った銀行強盗が、検問を突破するためにキャンプに行く
一家のSUVの屋根の上の荷物の中に紛れ込ませた。
この一家が曲者(笑)で、お父さんは不動産詐欺で18か月刑務所にいて
出てきたばかりで家族の絆を再確認するためみんなでキャンプに出たの
だった。
強盗は無事に検問をパスして、SUVを負うが、猛スピードで追ってきた
クルマとSUVのお父さんは競争しちゃうんだな。故に州警察のパトカーに
捕まっちゃう。そのあたりからギャングにも計算の狂いが・・。

刑務所に泊まることになっちゃったお父さん。お母さんと男の子二人は
モーテルに入ったがそこにギャングが押し掛ける。危機一髪だったが
お母さんが警察に連絡。お父さんと駆けつける。追われた結果の
速度違反ということが理解されて、一家はまたキャンプ地を目指すが
ギャングは追ってくる。

途中で屋根の上に大金があるのを見つけたお母さんはお父さんがまた
悪いことをしたな、と勘違いしてお父さんとお金を残して子供らとクルマを
出してしまう。残されたお父さんも現金にびっくり。
ワニのいる湿地帯を金を持って逃げるが途中で切り株に金を隠す。

そしてギャングとお父さん+一家の攻防戦が始まるのだ。

突っ込みどころの大きいところは、ギャングに指を1本切り落とされちゃう
お父さん、もっと痛がらなくちゃ。まあギャングの女も足を折った割には
ぴんぴんしているし、盗んだパトカーがクラッシュしても全然大丈夫な
ギャングのボス、またこのボスが恋人と目されていた女をいとも簡単に
殺しちゃったり。

ラストの大銃撃戦でお父さんが断然銃の名手だったり。お母さんが
マシンガンをぶっ放すし。ギャングの中の若い男がお父さんに
やられそうになり、「背中」とか言って仲間を裏切っちゃうし。

まあ、時間も短いのであまりそういう細かいところは抜いて展開とアクションを
楽しめばいいか、という割り切りでみるべし。それなら結構面白く観られる。

ラストは家族のきずなが深まるのだから。指は一本無くなっちゃったけど。
e0040938_1671045.jpg

この映画の詳細はこちらまで。
by jazzyoba0083 | 2013-05-14 22:30 | 洋画=た行 | Comments(0)