それでもボクはやってない

●「それでもボクはやってない」
2007 日本 フジテレビ・東宝 143分
監督・脚本:周防正行
出演:加瀬亮、役所広司、瀬戸朝香、山本耕史、もたいまさこ、田中哲司、光石研、尾美としのり
    大森南朋、小日向文世、高橋長英ほか。
e0040938_17445276.jpg

<評価:★★★★★★★★☆☆>
<感想>
どこかでハッピーエンドを期待した人も多いと思うが、タイトル通りの結末になるのが
この映画の魅力ではある。日本の検事警察機構、裁判法曹界の暗部を痴漢事件という
些細な風に見える事件を通してその不条理とともに描く。とにかく脚本が良く調べて
良く書かれている。本が面白いと、映画が面白い(もちろん監督も配役も大切では
あるが)という見本のような映画だ。鑑賞者は、映画に中に入り、いらいらし怒り、期待し
裏切られ、驚き、同情する。

主役の加瀬亮が、そこいらにいるチャランポランなフリーター(だけど、自分はやってないと
曲げない勇気は持っている。虚仮の一念ともいうが・・・)を好演。
面会に来た母親に対し「自分の息子を信じないでどうするよ」という彼に対し「お前だから
信じられんのじゃないか」と思わず本音を吐いてしま母親のセリフに、そもそもこの物語の
仕掛けられた危うさがある。

出鱈目な警察、うかつな当番弁護士、出世しか見えてない無罪を出したくない裁判官、
起訴したからには有罪にしないと済まないメンツまみれの検察と、よく取材された構成で
まるでドキュメンタリーでも見ているような感じのリアリティで進んでいく。
また演者たちのセリフも、ナチュラルに振られているので、余計にリアリティを含む。

裁判を通して明らかにされる冤罪の仕組み、最後の判決文に散りばめられた裁判官の
独善的判断。被告の青年が心で言う。真実は1つ。「あなたは今間違いを犯しましたよ」。
唯一のカタルシスであったが、それさえ形骸化された有罪判決に中に消えてい行く。
たとえ「控訴します」と言われてもだ。

周防組としては役所のポジションはあそこしかなかったのだろうな。小日向は良かった。
田中哲司も良かった。ただ、山本耕史と瀬戸朝香(相変わらず舌の回りがおかしい)は
微妙だった。
e0040938_17453954.jpg

<ストーリー>
「「シコふんじゃった。」「Shall we ダンス?」の周防正行監督が、
ある“痴漢冤罪事件”を報じる記事に関心を持ち取材を進める過程で、現在の
刑事裁判のあり方そのものに疑問を抱き、その問題点に真正面から向き合った
異色の社会派ドラマ。ある青年が身に覚えのない痴漢容疑で逮捕され、
その後1年にわたる裁判を経験する姿を通して、刑事裁判の実情を克明に描き
出していく。凶悪犯罪が連日のように報じられ社会不安が高まる中で、刑事手続き
における“推定無罪”の原則が揺らぎ始めている現代社会に一石を投じる力作。」
(allcinema)

「就職活動中の金子徹平(加瀬亮)は、会社面接に向かう満員電車で痴漢に間違えら
れて、現行犯逮捕されてしまった。徹平は警察署での取調べで容疑を否認し無実を
主張するが、担当刑事に自白を迫られ、結局拘留されてしまうことになる。

さらに検察庁での担当副検事の取調べでも無実は認められず、ついに起訴されて
しまった。徹平の弁護に当たるのはベテラン弁護士・荒川(役所広司)と、新米弁護士・
須藤(瀬戸朝香)だ。徹平の母・豊子(もたいまさこ)や友人・達雄(山本耕史)たちも
徹平の無罪を信じて動き始めた。

やはり痴漢冤罪事件の経験者で今でも自分の無罪を訴え続けている佐田(光石研)も
協力を惜しまないと言う。一同はまず事件当時、徹平のことを「犯人ではない」と駅員に
証言した女性を探そうとするが、見つからなかった。

そんな中、ついに徹平の裁判が始まる。幸運なことにこの裁判は、公平な判決を下す
ことで有名な裁判長が担当することになった。そして荒川たちの追及によって明らかに
されていく警察の杜撰な捜査内容。一見状況は徹平側に有利に進んでいるように見えた。
しかし、途中で裁判長が交代することになり、俄かに雲行きは怪しくなっていく。

何といっても刑事事件で起訴された場合、裁判での有罪率は99.9%と言われているのだ。
そんな時、事件の目撃者の女性が見つかり、裁判で証言をすることになった。
さらに弁護側は、実際の現場状況を再現したビデオを作って提出するなど、徹平の無実を
勝ち取るためにあらゆる努力を尽くしたのだった。
しかし、判決結果は有罪。落胆する徹平たち。しかし、判決を聞きながら徹平は、
裁判所がとりあえずの判決を下す場所でしかないことを悟る。
そして、自分は絶対に無実だという真実を、これからも主張していくしかないという決意を
抱くのだった。弁護側は判決を不服として控訴した。」(Movie Walker)

この映画の詳細はこちらまで。
by jazzyoba0083 | 2013-09-03 23:58 | 邦画・新作 | Comments(0)