ムーンライズ・キングダム Moonrise Kingdom

●「ムーンライズ・キングダム Moonrise Kingdom」
2012 アメリカ Indian Paintbrush,American Empirical ,Moonrise,Scott Rudin.94min.
監督・脚本・製作:ウェス・アンダーソン
出演:ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド、
    (Introducing:ジャレッド・ギルマン、カーラ・ヘイワード)
e0040938_054696.jpg

<評価:★★★★★★★☆☆☆>
<感想>
1回でよくわからず、2回観た。なるほど。「大人の分別」と「冒険」。この2つの
キーワードが頭に浮かんだ。最初から最後まで徹底的に「映画=作り物」を貫き
独特のファンタジーワールドが、不思議に心地よい。
少年と少女の駆け落ちの話だが、後ろに控えるそうそうたる俳優の大人たちの事情が
からんで、WOWOWの「W座」で小山薫堂も言っていたが「大人のような子供」と
「子供のような大人」のお話。我々大人が「分別」を獲得する一方で「冒険心」を失うと
いうお話じゃないか、と思えた。 また、エンドロールで紹介される楽器1つ1つが
子どもたちの個性のメタファーのようにも受け止められたのだった。

主役の二人はこの映画が初めての映画。でもいい雰囲気を出していた。どこか冷めていて
しかし子供じゃないような情熱と知恵と分別を持つ。彼ら二人の口から出るセリフが
いちいち、大人に突き刺さる。また子供同士の中にも大人の世界が縮図のように描かれて
いて面白かった。

色彩、ストーリー、まるで漫画のようなファンタジーだが、結構深いところを抉っているのじゃ
ないか、と思ったのだった。脚本だけでいえば★8つ以上だろう。冒頭の小さな蓄音機から
流れるヘンリ・パーセルの音楽が、窓を開けるとハイファイ音に切り替わるスタートも
面白いし、びっくりするような豪華な俳優さんたちの演技もまた楽しい。
e0040938_07096.jpg

<ストーリー>
「1965年、アメリカのニューイングランド沖に浮かぶニューペンザンス島。12歳の
スージー・ビショップ(カーラ・ヘイワード)は、厳格でお堅い父ウォルト(ビル・マーレイ)と、
口うるさくいつもせわしない母ローラ(フランシス・マクドーマンド)、そして3人の幼い弟たちと
海沿いの大きな屋敷で暮らしていた。趣味は本を読んで自分だけの世界に浸ることと
双眼鏡での観察。ある日、スージーはその双眼鏡で母とシャープ警部(ブルース・ウィリス)の
密会を目撃する。

同じ頃、ウォード隊長(エドワード・ノートン)率いるボーイスカウトのキャンプ地では、隊員の
一人が置き手紙を残して姿を消す事件が起きていた……。
1年前、ボーイスカウトの活動で劇を観に行ったサム・シャカスキー(ジャレッド・ギルマン)と、
カラス役で出演していたスージーはわずかな言葉を交わしただけで惹かれ合い文通を開始。
1年にわたる手紙のやりとりを通して密かに駆け落ちの計画を練っていた。
草原で落ち合った二人は“3.25海里 潮流口”を目指し愛の逃避行に出る。手つかずの
自然が残ったその美しい入江を“ムーンライズ・キングダム”と名付けた二人は、
海に飛び込み、絵を描き、本を読み、夢を語り合い、ダンスを踊り、初めてのキスをする。

翌朝、二人がいなくなったことに気付いた大人たちは右往左往。娘を誘惑したとウォード隊長に
食って掛かるビショップ夫妻だったが、ボーイスカウトの少年たちによって二人は見つかり、
離ればなれにされてしまう。だがサムの両親は里親で「変わり者のサムはもう引き受けられ
ない」と言い、福祉局(ティルダ・スウィントン)の説明によると、問題児のサムは少年収容所に
戻される可能性が高いという。
長年トレーラーハウスで孤独な生活を送ってきたシャープ警部は、身寄りのないサムを預かり、
男同士で愛について語りあう。そしてスージーも自分の思いを初めて母親に打ち明ける。
サムをのけ者にしていたボーイスカウトのメンバーたちも同情するようになり、ウォード隊長に
内緒で二人の駆け落ちを手助けすることに。やがてスージーとサムは、小さなボートを漕いで
島からの脱出を図るのだが……。」(Movie Walker)

この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/21663764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2014-02-06 22:50 | 洋画=さ行 | Trackback | Comments(0)