キャプテン・アメリカ /ウィンターズ・ソルジャー Captain America The Winter Soldier

●「キャプテン・アメリカ /ウィンターズ・ソルジャー Captain America The Winter Soldier」
2013 アメリカ Marvel Enterprise.136min.
監督:アンソニー&ジョー・ルッソ
出演:クリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソン、セバスチャン・スタン、アンソニー・マッキー
    サミュエル・L・ジャクソン、ロバート・レッドフォード他
e0040938_18422847.jpg

<評価:★★★★★★★★☆☆>
<感想>
前作から1年半。アヴェンジャーズのキャプテン・アメリカが帰ってきた。前作での
予告通り、現代に蘇ってのヒドラとの戦いを圧倒的VFXで描く。
アメコミ、MARVEL、男の子映画、の方式として「勧善懲悪」は本筋ながら、「友情」と
「敵対するもの」との間での悩み、裏切りや恋愛っぽいこと、そしてワクワクの新兵器、
という王道を外していない。この前観た「アメイジング・スパイダーマン2」と比べて
しまっていたが、アメコミといえども少し焦点が違うので一概に比べ辛いが、う~ん、
今回は本作のほうが面白かったかな。2Dだったけど、全然見劣りしないVFXの戦闘シーンは
圧倒的だった。

アメコミの一方の有り様として、ストーリーの単純化ということが求められると思うのだが、
小学生くらいの子供さんにはちょっっと難しいかな、これはスパイダーマン2にも言えること
だけれど。でも、昨日録画で観た「オブリビオン」なんかより単純化(まあ、漫画ですから)
されたストーリーは2時間を上回る上映時間を飽きさせなかった。

「いいもん」と「わるもん」の戦いなんだ! 1942年に陸軍の極秘作戦として誕生した
キャプテン・アメリカは前作で氷漬けになり、現代に蘇るところまでは公開されていた。
その彼が現代までその命脈を保ちづづける「ヒドラ」(英語の発音では"ハイドラ")との
戦いが続いていたのだ。

アヴェンジャーズでお馴染みのアイパッチの親分ニック(サミュエル・L・ジャクソン)や
ブラック・ウィドウのスカーレット・ヨハンソンも大活躍。敵にやられて死んじゃったの?の
ニックも死んでなかったしね。

現代において世界平和を守ろる組織シールズ(ボスがロバート・レッドフォード)の中にも
ヒドラの勢力が入り込み、世界征服のためシールズの武器を悪用しようとしていた。
それを守護神のように守るのが強敵ウィンターズ・ソルジャーだった。彼こそ、第二次世界
大戦中にキャプテン・アメリカ=スティーブの親友だったバッキーであり、ヒドラにより
改造され記憶を消され、最大の敵として登場したのだった。
ヒドラ勢力に対抗するのが、キャプテン・アメリカとニック、ブラック・ウィドウ、そして本作で
人工翼を付けて空を飛び回るファルコン。更に、シールズの隊員でニックの補佐官のような
仕事をする美女シャロン/エージェント13だ。
なかでもスカーレット・ヨハンソン、カッコイイ!!

カーチェイス、空中戦、ボティアクションとどれをとっても出来がよく、男の子ならずとも
「それいけ、やれ行け!」と掛け声を掛けたくなる仕組みは、MARVEL映画の面目躍如。

あまりにも精神世界に入らない親友との友情などの描き方も漫画っぽくて好きだな。
本作でも悪は際どい中にも(苦笑)完膚なきまでに叩きのめされる・・のであるがMARVELの
語法として、次作へと悪も続く。
本作上映に先立ち、エンドクレジットの後にも映像がある、と出るのだが、2回でるんだよ。
1回目で席を立っちゃダメだよ。肝心なのは、キャプテンがケガをしながらも助けた親友
バッキーの次作での立場が少し分かるようになっているんだから!MARVEL映画を侮る
べからず、だな。
「アメイジング・スパイダーマン2」も面白かったけど、個人的には本作に軍配を挙げたい出来
であったぞ!両作とも親友が的に回るという構図が図らず登場するが、主人公の悩み方を
比べてみるのも面白かろう。
そして、本作は前作よりも面白いと確信する。 
e0040938_18424742.jpg

<ストーリー>
「マーベルの人気スーパー・ヒーロー“キャプテン・アメリカ”をフィーチャーした「キャプテン・
アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」の続編にして“アベンジャーズ・プロジェクト”の1本と
なるアクション・アドベンチャー大作。
“アベンジャーズの戦い”から2年後の世界を舞台に、ニック・フューリー率いる国際平和
維持組織“S.H.I.E.L.D.(シールド)”の活動に疑問を持ち始めたキャプテン・アメリカと
ブラック・ウィドウを待ち受ける巨大な陰謀と新たな戦いの行方を描く。
主演はクリス・エヴァンス、共演にスカーレット・ヨハンソン、サミュエル・L・ジャクソン、
ロバート・レッドフォード。
監督は「ウェルカム トゥ コリンウッド」「トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合」の
兄弟監督、アンソニー&ジョー・ルッソ。

 アベンジャーズの戦いから2年。ブラック・ウィドウとともにシールドの一員として活動する
キャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャース。第二次大戦の英雄である彼は、いまだ現代
での生活に馴染めず、また自分の役割にも少なからぬ戸惑いを拭えずにいた。
そしてまた、ニック・フューリー長官が語る巨大空中母艦ヘリキャリアによる全人類の監視と
いう計画にも疑問を感じてしまう。
そんな中ついに、味方だと思っていたシールドの仲間たちから命を狙われる事態に。
もはやアベンジャーズ以外誰も信用できない窮地に追い込まれたキャプテン・アメリカ。
そんな彼の前にさらなる強大な敵が姿を現わすが…。」(allcinema)

この映画の詳細はこちらまで。
by jazzyoba0083 | 2014-05-06 15:05 | 洋画=か行 | Comments(0)