ハード・ラッシュ Contraband

●「ハード・ラッシュ Contraband」
2012 アメリカ Universal Pictures,Relativity Media,Working Title Films.109min.
監督:バルタザール・コルマウクル
出演:マーク・ウォルバーグ、ケイト・ベッキンセイル、ジョヴァンニ・リビシ、ベン・フォスター他
e0040938_173314.jpg

<評価:★★★★★★☆☆☆☆>
<感想>
ありがちなストーリーだけど、まあそこそこ楽しめた。それにしても、義弟がアホすぎでしょ!
船全体が運び屋となっていたわけだが、その周辺にいろいろと突っ込みどころはあるが、
この手の映画はそういう点も面白がって見るとさらに面白いんじゃないかな。
「んな、アホな!」という風に。ご都合主義たくさんだし・・・
ただ、クライム・サスペンスの王道(味方の裏切り、愛する人の危機、時間との闘い、
アクション、ラストのオチなど)は外していないので、観終わって嫌な気分になるものでは
ない。むしろ、暇潰しに見て、けっこう拾いものだったな、と感じるかもしれない。
カタルシスもちゃんとしているし。

キャスティングもまあ、宜しいんじゃないでしょうか。ベッキンセイルは「パールハーバー」の
頃からするとお歳を召したなあ、とは思うけど、上手いこと演技派になってもらいたいものだ。
本作ではその芽は見られるわけではないけど・・・。
e0040938_173352.jpg


<ストーリー>
「かつて世界一の運び屋として名を馳せたクリス(マーク・ウォールバーグ)は、愛する妻
(ケイト・ベッキンセール)と2人の息子のため裏社会から完全に足を洗い、幸せな日々を
送っていた。
しかし、秘密裏にコカインの密輸を行っていた義弟アンディ(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)の
失敗から、家族に命の危機が迫る。クリスは愛する家族を守るための唯一の方法、
“ニセ札密輸計画”の実行を決意する。クリスはパナマへ向かい、彼の目的を阻もうとする
マフィアや警察を相手に驚愕の究極トリックを仕掛け、一大ミッションを成功させようとするが……。」
(allcinema)

この映画の詳細はこちらまで。
by jazzyoba0083 | 2014-05-10 23:10 | 洋画=は行 | Comments(0)