Hit & Run

「Hit & Run」
2012 アメリカ Exclusive Media.100min.
監督・脚本:ダックス・シェパード
出演:ダックス・シェパード、クリステン・ベル、ブラッドリー・クーパー、トム・アーノルド他。
e0040938_1372334.jpg

<評価:★★★★★★☆☆☆☆>
<感想>
まあ、作った人、出ている人からすれば、シリアスなアクションムービーとは思えいないのは
想像に難くないことでしょう。 WOWOWでは、今や「アナ雪」の主人公の吹き替えを担当
したことでさらに名を売ったクリステン・ベルの特集として放送されていました。

個人的には「おばか映画」ですな。筋書きも荒っぽいし、あり得ない状況も多々あり(苦笑)
なんですが、不思議と憎めない「おばか映画」でした。眠気ももようさず見切ってしまいました。
クリステン・ベル、そう美人とは言えないですが、普通にキャスティングしやすい感じですね。
そもそも、クリステン・ベルがダックス・シェパードにぞっこんになるという状況が理解しずらい。
(苦笑)。逆は判るけど。さらに、カリフォルニア大学で教えるくらいの才媛が、いくら反省した
根っこはいいやつ、とはいえ13回も銀行強盗幇助し、さらに婚約者がいた男を「俺を信じろ」
って言われて信じちゃうのも何だかなあ・・・な感じだったけど。
e0040938_137824.jpg

狂言回し役に証人監視プログラムに基づき、ダックスを監視する執行官=マーシャルである
ランディを演じたトム・アーノルド、加えてゲイのパトロール警官+バディとなる女性警官。
加えて、クリステン・ベルの元カレ。彼らがお話を引っ掻き回して、面白さをドライブさせる。

ギャングのボス格のアレックスを演じたブラッドリー・クーパーは金髪をドレッドに編んで
スーパーで愛犬に安いドッグフードを買った黒人をボコボコにするという登場に仕方で
「ブチ切れ」キャラが尋常ではなかった。しまいにゃ、銃が暴発ばかりしているマーシャルに
カーチェイスの最中、90メートルも後ろから肩を撃たれて捕まっちゃうんだけどね。

ダックスがカリフォルニア大学に仕事を見つけたクリステン・ベルをLAまで送る途中で起きる
事件を並べるのだが、途中でダックスが銀行強盗の一味であることが分かっちゃったり、
1967年式700馬力の改造リンカーンのエンジンを盗まれたり、入ったモーテルの部屋で
老人たちのスワップOGが開かれていたり、証人監視プログラムから逃亡したダックスを
追跡するマーシャルが、何度も何度も悲劇に会ったり、もうハチャメチャ。

ダックスの実家の庭に埋めてあった大金は結局どこにいったんだろう。話の展開からすれば
返したんだろな。ダックスはオヤジの改造車をぶっ飛ばしで何とか面談の時刻に到着。
クリステン・ベルの面談の相手が「ハッパ」の煙りまみれだったのはどういうオチだろう??
これがUCなのか?

まあ肩の力を抜いて「おバカ映画」を気楽に楽しむのにはいいかもしれない。
再度いうけど、ダックスはイケメンじゃあ、決してなくむしろ「アホ顔」だよなあ。
e0040938_138971.jpg

<プロダクションノート&ストーリー>
「保護観察下の元ギャングが昔の仲間や保安官らから追われてしまうアクション・コメディ。
「ザスーラ」「トレジャー・ハンターズ」に出演したダックス・シェパードがデビッド・パルマーと
ともに監督を手がけたほか、田舎に身を隠す元ギャングを演じている。また、「だれもが
クジラを愛してる。」「寝取られ男のラブ♂バカンス」のクリスティン・ベルが元ギャングの
恋人に、「ブラック・ダイヤモンド」「トゥルー・ライズ」のトム・アーノルドが連邦保安官に、
「ハングオーバー」シリーズや「リミットレス」のブラッドリー・クーパーが裏切った元ギャングを
追いかける男に扮している。

証人保護プログラムのもと、身の上を隠して田舎で恋人(クリステン・ベル)と過ごす
元ギャングのチャーリー(ダックス・シェパード)。ある日、恋人に大切な用事ができ、
チャーリーが保護観察から抜けて彼女を車でロサンゼルスまで送ろうとしたところ、
かつてのギャング仲間(ブラッドリー・クーパー)が彼の居場所を嗅ぎつけてやってくる。
さらに連邦保安官も加わり、ハチャメチャな逃走劇が始まる……。」(Movie Walker)

この映画の詳細はこちらまで。
by jazzyoba0083 | 2014-06-09 22:45 | 洋画=は行 | Comments(0)