ラストスタンド The Last Satnd

●「ラストスタンド The Last Stand」
2013 アメリカ Di Bonaventura Pictures,Lionsgate.107min.
監督:キム・ジウン
出演:アーノルド・シュワルツネッガー、フォレスト・ウィティカー、ジョニー・ノックスビル、ロドリゴ・サントロ他
e0040938_118112.jpg

<評価:★★★★★★★☆☆☆>
<感想>
★7つは甘いかも。ただ、アクション映画、ドンパチ&カーチェイス系映画が大好きな
人にはたまらない作品でしょう。シュワちゃん復帰第一作は、西部劇「荒野の7人」を
髣髴させるような展開でした。上映時間も丁度いい感じで、申し訳ないけど、
ストーリーはスカスカなんだけど、もうドッカンバッカンのアクションと復讐譚と思い切り
楽しみたいのならまあ、その方がいいかもなあ、と思わせる作品。

久し振りにスクリーンで見たシュワちゃん、体つきは往年を髣髴とさせるものの
お顔はやはりお歳を召したなあ、という感じ。自分から作品中で「OLD」って言って
ますからねえ。

FBIが護送中に脱走を許した麻薬王が、メキシコに逃げるため、組織の軍隊を使って
ネバダ州とメキシコ国境の峡谷に橋をかけ、そこを突破して逃亡するのだが、
その途中にある街の保安官がいわくあるシュワちゃんなんだな。
そのシュワちゃんはかつてLAPDの麻薬捜査官だったが、ある作戦で多くの仲間を
犠牲にしてしまい、愛想を尽かして田舎の保安官になっていたというわけだ。

そのFBIの主任捜査官を演じるのがウィティカー。本作ではFBIは終始間抜けと
して描かれ、シュワちゃんの引立て役に廻っている。

何としても自分の街を通すわけには行かないシュワちゃんを支えるのは素人
同然副保安官たち。かれらの活躍が最終的には上手いこと描かれていて
西部劇の銃撃戦みたいな痛快はアクションシーンが繰り広げられる。
そこがこの映画のカタルシスであり、見どころであり、価値であるわけ。
この、市街戦へ収斂するためにこの映画はある、といっても過言ではない。

町の若い警官が渓谷に端を書ける麻薬王の軍隊と遭遇し、激しい銃撃戦の末に
若い男性警官が撃たれて死んでしまう。これでシュワちゃんの怒りに火が付いた。
そして町の人々の結束も固くなったのだ。

ラストは麻薬王の1000馬力のコルベットZR1と、シュワちゃんの運転する赤い
シボレーカマロZL1のトウモロコシ畑?の中の追跡劇となり、麻薬王は橋までたどり着くのだが、
立ちふさがるシュワちゃんと格闘となり、シュワちゃん、ナイフで刺されまくられながら
麻薬王の手錠を掛けたのだった。

すべて解決したあとに、のこのことFBIの御一行さんが到着、というわけだ。
しかし、麻薬王に人質として連れて行かれたFBI女性捜査官が実は内通者で
あったのだが、この件、まず麻薬王の運転する車のなかで二人の会話から
分かる。彼女ののスイスの口座に200万ドルを送ったぞ、とか言っている。
そして次にFBIが、内通者がいるから全員の銀行口座を調べろ、というシーンに
なるのだが、逆の方が良かったんじゃないかなあ。

いずれにしても頭をからっぽにして活劇を楽しむ分には緊張もちゃんと持続するし
ワクワクドキドキの銃撃戦も見られるし、宜しいのではないでしょうか。
観終わってもおそらく爽快感しか残らない(筋もすぐ忘れるかも)だろうが、まあ
そういう映画もあっても宜しいかと。
e0040938_1182756.jpg

<ストーリー>
「カルフォルニア州知事を退任したアーノルド・シュワルツェネッガーの「ターミネーター3」
以来10年ぶりとなる主演復帰第1弾にして、「グッド・バッド・ウィアード」「悪魔を見た」の
韓国の俊英キム・ジウン監督の記念すべきハリウッド・デビュー作となるアクション・エンタ
テインメント。
メキシコ国境に接する田舎町の保安官が、国外逃亡を図る麻薬王に立ち向かい、
“最後の砦(ラストスタンド)”となるべくわずかな仲間と共に決死の戦いを繰り広げるさまを
迫力のアクション満載に描く。
共演はフォレスト・ウィテカー、ジョニー・ノックスヴィル、ロドリゴ・サントロ。
 
元ロサンジェルス市警のエリート刑事レイ・オーウェンズ。現在は第一線を退き、のどかな
国境の町ソマートンで保安官として静かな日々を送っていた。そんなある日、麻薬王にして
警官殺しの凶悪犯コルテスが、軍隊並みの兵力を有する仲間の援護で脱走に成功、
そのまま猛スピードでメキシコ国境へと向かう。その知らせを受けたオーウェンズはに
わかに現役時代の闘志を呼び覚まし、なんとしてもコルテスとその一味の逃亡をこの街で
食い止めると決意する。
しかしFBIの応援はとても間に合わない。しかも手元にある武器は銃器オタクが所有する
第二次大戦のコレクションだけ。それでもオーウェンズは副保安官らわずか4人の仲間と
共に、大量の最新鋭武器を備えたコルテス軍団に果敢に立ち向かっていくのだった。」
(allcinema)

この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/22103797
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2014-06-11 22:45 | 洋画=ら~わ行 | Trackback | Comments(0)