デタッチメント 優しい無関心 Detachment

●「デタッチメント 優しい無関心 Detachment」
2011 アメリカ Paper Street Films.97min.
監督・撮影:トニー・ケイ
出演:エイドリアン・ブロディ、クリスティナ・ヘンドリックス、ルーシー・リュー、マーシャ・ゲイ・ハーディング
    ジェイムズ・カーン、サミ・ゲイル他
e0040938_15523492.jpg

<評価:★★★★★★★☆☆☆>
<感想>
ドキュメンタリー風の荒廃した学校や生徒と、先生たちの心を主役エイドリアン・ブロディへが
インタビューに答える形で進む。ところどころに黒板にチョークで描いたアニメが挿入され
たりして、かなりシュールな表現もある。また監督がカメラマンなので、揺れた映像など凝った
画面作りになっている。 日本では劇場未公開だ。WOWOWで鑑賞。

臨時雇い教師として欠員の出た高校に、常勤教師が出てくるまでの間、繋ぎで教えている
高校教師、ヘンリー・バース(ブロディ)が、荒れた高校にやってきた。(見る限りそうムチャ
クチャな学校でもなさそうだが) 担当となった教室では話は聞かない、おしゃべりはする、
教師に暴力的な言葉使いをする、またモンスターペアレントの登場とか、割と分かり易い
混乱ぶり。

そこで働く教師たちが、退任を勧告されている女性校長(ハーディング)、超越した存在の
ジェイムズ・カーン、博士と呼ばれ冷静な感じだがついにはブチ切れる女性教師(リュー)
学校でも家でも無視されまくりの男性教師など、それぞれユニークだ。

そのなかでヘンリーはクールに生徒に接し、離任するころには結構生徒から気に入られて
いるのだった。

そんなヘンリーは街で出会った未成年なのに街娼のようなことをしているエリカを家に
連れてきて優しく接する。荒れていたエリカも次第にヘンリーに心を開き、家族のように
思うようになる。が、このままずっと一緒に暮らすわけにもいかない。そこで彼女を
児童相談所に預けることにする。泣き叫んでヘンリーとの別れを嫌うエリカだったが、
ヘンリーに他の手段は考えられなかった。
また彼には痴呆となり施設に入院している祖父がいた。フラッシュバックで登場する
薬物自殺した母、そして祖父とヘンリーの間には、癒しがたいトラウマがあるようで、
ヘンリーも時としてブチ切れることがある。

そんなヘンリーの生徒にメレディスという写真が趣味の頭のいい子がいた。彼女は
アート世界に進みたいのだが、孤独であった。ある日教室でヘンリーに相談に乗って
貰っていたところ、泣き出してしまい、ヘンリーの胸に顔を埋めたところを、同僚で
恋人寸前の間柄になっていた新人女性教師サラに目撃され、なじられる。そこでまた
切れるヘンリー。

メレディスはクスリ入りのケーキを作って文化祭の日に自分の写真を飾ったパネルの
前でそれを食べて自殺してしまう。 

なんだか、暗い、逃げ場のない、カタルシスの無い映画だなあ・・。主人公の心理も
良く見えてこないし、何一つ解決していないじゃん、と思って観ていた。
ラストは、児童相談所にエリカを訪ねて行き、ヘンリーを見つけたエリカが飛びつくシーン。
多少救われたかな。ヘンリー自身も心を閉ざしていたわけだ。エリカの存在がそれを
少し変えつつあるようだった。

面白い映画だったが、結局、アメリカの今の高校の先生の行き場のない感情や学校
崩壊の様子をを表現したものだったのだろうか。エイドリアン・ブロディは良かったし、
脇を固めた教師陣も良かった。冒頭本物っぽい教師がモノクロ画面で何人か登場し
インタビューに答えるのだが「高速道路の料金徴収係にはなっても教師にだけは絶対に
なりたくない」と答えていたのが印象的だった。
子供たちを正しく導くことはとても大切だが、それは教師だけに課せられたものではないし
親やコミュニティ、そして友人たちが温かく見守らないと将来の世界は荒廃した2極世界に
なってしまうだろう、そんなことを考えて観終えたのだった。
原題のつづりは間違いではなく、「超越した存在」「かかわりがないこと」を表す。
e0040938_15532427.jpg

この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/22116215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2014-06-14 22:40 | 洋画=た行 | Trackback | Comments(0)