黒いスーツを着た男  Trois Mondes

●「黒いスーツを着た男 Trois Mondes」
2012 フランス Pyramide Productions.101min.
監督:カトリーヌ・コルシニ
出演:ラファエル・ペルソナーズ、クロティルド・エスム、アルタ・ドブロシ、レダ・カテブ、アルバン・オマル他

<評価:★★★★★★☆☆☆☆>
<感想>
WOWOWのフランス映画特集で鑑賞。自動車中古車商に勤め、工員から成り上がって
支配人の地位を射止め、かつ社長の娘と結婚も決まった幸せ者。努力もそれなりに
してきた結果だ。ただし、この中古車業者は、クルマの横流しとか危ないことにも手を染め
裏金を作ったりしていた。

そんな主人公アランは、結婚式を10日後に控えた夜、工員仲間と馬鹿騒ぎをしての
帰り道、一人の男を跳ねてしまい、仲間のそそのかしもあり、逃げてしまう。
これをたまたま窓から見ていたのがジュリエットという女性。警察に目撃者として
名乗るが、黒っぽい大型車だったことと、黒っぽいスーツを着たやせ形の男がたっていたこと
しか見ていないのでその旨を証言した。そのほかに目撃者はないという。

このあたりまでは緊張感漂い、流石フランス映画、雰囲気があってよろしいなあ、などと
観ていたら。アランは成り上がった地位と社長の娘との結婚が吹き飛んでしまうような「自首」
をするわけもないが、両親の呵責に責められてはいた。

ジュリエットは重体となっている被害者を見舞いに行き、そこで妻のヴェラと仲良くなっていく。
二人は不法就労しているモルドバ人だったのだ。
一方アランはひそかに被害者が収容されている病院に出かけるのだ。殺すつもりだったのか。
そこでジュリエットに目撃されてしまう。ジュリエットはアランの後を付けて正体を見破った。

そこからタイトルのように、アラン、ジュリエット、ヴェラの3つの世界が交差し物語が動き
始める。しかし、同時に、なんだかなあ、という事態にもなる。ジュリエットが、ひき逃げ犯
アランの影のある男の魅力にやられちゃうんだな。で一夜限りとはいえ、男女の仲になる。
ジュリエットは大学かどこかの講師である彼氏がいて妊娠もしているのに、だ。

アランは中古車を横流しして得た金をジュリエットを通してヴェラに届けてくれ、とメッセンジャー
役を務めるようになる。 最終的には自首すると云ってヴェラと警察署の前まで行くのだが、
打ちひしがれて反省し、またすべてを失ったアランを許してしまうヴェラ。結局アランは自首
せず。

まあ、意外性があるといえばそうなんだが、妊娠している女が犯人といい中になっちゃうとか、
旦那を殺された女が犯人を許しちゃうとか、ありうるのかなあ・・・と。個人的にはなんか
「ぐずぐず」な感じを受けてしまったのでした。邦題はアランが目撃されたとき黒いスーツを
来ていたことから。好んで黒いスーツを着ていたようだ。
というわけで、個人的にはピリッとしない、鑑賞後の印象となったのだった。

<ストーリー>
「自動車ディーラーの社長令嬢との結婚を10日後に控えたアラン(ラファエル・ペルソナーズ)は、
友人たちと騒いだ帰り道、深夜のパリの街角で男を轢いてしまう。同乗していた友人たちに
促され、アランは茫然自失のまま男を置き去りにして逃走するが、向かいのアパルトマンから
その一部始終をジュリエット(クロティルド・エスム)が偶然目撃していた。

翌日、被害者の容態が気になり病院を訪れたジュリエットは、そこで轢かれた男の
妻ヴェラ(アルタ・ドブロシ)に会う。ヴェラと夫はフランスの滞在許可証を持たない
モルドヴァ人だった。そんな中、ジュリエットは病院の廊下で若い男の後ろ姿に目を
留めるが、その男こそ、罪の意識に駆られて様子を確かめに来たアランだった。

即座にジュリエットはアランを追いかけるが……。」(allcnema)

さらに詳細なストーリーなどはこちらのwikipediaまで。
by jazzyoba0083 | 2014-08-12 22:40 | 洋画=か行 | Comments(0)