クロニクル Chronicle

●「クロニクル Chronicle」
2012 アメリカ Twentieth Century Fox.84min.
監督:ジョシュ・トランク
出演:デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、マイケル・B・ジョーダン、マイケル・ケリー他
e0040938_14151219.png

<評価:★★★★★★★★☆☆>
<感想>
手持ちのカメラによる、「ブレア・ビッチ・プロジェクト」風実写風の作品か、と思ったらさに非ず。
映画の内容じゃないが、「ぶっ飛びました」。そう来たか、と。低予算映画だが、CGなんかも
きちんと作られていて、ストーリはさておいてもなかなか魅せた。さておいてもじゃなく、予断を
許さない展開が、マーベル映画風だったり、オカルトチックだったりで花火のようで面白い。

冒頭予想通り一人の高校生がカメラを回すところから始まるのだが、画質がやたら良かったり
ピントがばっちり合ってたりで、民生カメラで撮っているという雰囲気はあまりないが、そんなことは
ストーリーの展開でぶっとんでしまう!!

主人公は、さえないもてない高校生、母は病気で父は怠け者。唯一中古のビデオカメラと
いとこが友達と云えば友達。そんな二人と生徒会長に立候補している黒人の3人が、
あるパーティーに出かけ地面にあいた大きな穴を見つける。中には怪しげに光る物体があり、
3人は近くまで寄ってみるが、激しいエネルギーを感じて倒れてしまう。

その後、3人には不思議な能力が・・・。ものを動かすことが出来るので、友達をからかったり
学芸会で手品を見せたり、ちょっとしたいたずらをしていた。ルールはいきものに使わない、
人が見ている前で使わない、怒りにまかせて使わない、というもの。3人はそれなりに楽しみ
さえないアンドリューも、モテモテになってきた。そのうち3人は空を飛べるようになったり、
あるものを破壊できるようになったり(スーパーマンかアイアンマンみたい)で、次第にどこまで
行ってしまうのか不安になってきていた。

そんな中、アンドリューの能力だけが傑出してきて、仲間と争いになる。おそらく父への憎しみが
パワーになってダークサイドに落ちたのだろう。空中で黒人の友達に雷を誘導し、墜落死させた
ことがきっかけで、アンドリューの悪のパワーは増大していった。
働かないオヤジをぶっとばし、母の薬が買えないと怒ったアンドリューは消防服を着て仲間から
金を強請ったり、コンビニに押し入ったりしたが、ガソリンスタンドに押し入った時念力で奪った
銃が暴発しガソリンに引火し爆発、アンドリューは大やけどを負ってしまった。
そこからさらに彼のダークなパワーは過激になり、念力を使ってパトカーやヘリをぶっとばしたり
ビルを壊したり、暴れたい放題。止めに入ったいとこのマットとの対決になる。
止めろということを聞かないアンドリューに、マットは銅像が持っていた青銅の矢を彼に突き刺し
ことを終わらせた。

マットは空が飛べるようになった時にみなで話し合ったようにその場から飛び立ちチベットへ向かう。
そこでカメラを回したマットはカメラに向かってアンドリューに話しかけるのだった。

空中を飛んでいるとき、そんなところで遊んでいると飛行機が来るぞ、と思っていたらホントに
大型ジェット旅客機が通過してみんな吹き飛んでしまうなど笑わせるところもあった。ある種
青春映画でもあるので、3人の友情やアンドリューの屈折した青春など、分かるなあ、と思って
見ていた自分もいた。 オカルト映画だと思ってみはじめたが、予想外の展開に面白くみさせて
貰った。短い時間もいい。
e0040938_14154741.jpg

<ストーリー>
高校生のアンドリュー(デイン・デハーン)は、大酒飲みで暴力的な父親、病気で寝たきりの
母親のもと、学校でも一人ぼっちで過ごしていた。アンドリューはそんな生活のすべてを、
唯一の話し相手である中古のビデオカメラに語りかけながら記録していく。

ある日、同じ高校に通ういとこのマット(アレックス・ラッセル)が、アンドリューをパーティーに誘う。
インテリで社交的なマットは早速お気に入りの女の子ケイシー(アシュレイ・ヒンショウ)を
見つけて話し込むが、ビデオカメラを回していたアンドリューはいちゃもんをつけられて殴られて
しまう。マットとアメフト部のスター選手スティーヴ(マイケル・B・ジョーダン)は、外で泣いていた
アンドリューを見かねて、近くの洞窟探検に誘う。そこで3人は、不思議な物体に触れる。

それをきっかけに不思議な能力を身につけた3人は、女の子のスカートをめくったり、駐車して
ある車を移動させたりと、軽いイタズラを楽しんでいた。しかしある日、後ろから激しく煽って
きた車を、アンドリューがチカラで横転させて池に沈めてしまう。
マットとスティーヴは運転手をなんとか救い出し、チカラを使う際のルールを決めるが、
アンドリューは不満を抱く。やがて空を飛べるようになった3人は、学校のタレントショーで
手品を披露し、アンドリューも人気者の仲間入りを果たす。しかし、急接近した女の子との
ファーストキスで大失敗し、学校でからかわれてしまう。さらにビデオカメラを内緒で買った
ことが父親にばれて殴られ、母親のために薬を買いに行っても払うお金がない。
人生が思い通りにいかないことにフラストレーションを募らせたアンドリューは、
暴走を始める……。」(Movie Walker)

この映画の詳細はこちらまで。
by jazzyoba0083 | 2014-08-28 22:50 | 洋画=か行 | Comments(0)