ザ・コール[緊急通報指令室] The Call

●「ザ・コール [緊急通報指令室] The Call」
2013 アメリカ TriStar Pictures,Stage 6 Films,and others.94min.
監督:ブラッド・アンダーソン
出演:ハル・ベリー、アビゲイル・ブレスリン、モリス・チェスナット、マイケル・エクランド他
e0040938_1630526.jpg

<評価:★★★★★★☆☆☆☆>
<感想>
前半は結構なテンションで、テンポも良くハラハラさせらたが、半ばから犯人のオカルト的な
振る舞いに焦点があてられたホラーっぽくなり、そのあたりを面白いと思うか、そうでないかで
評価が分かれる感じだ。話は単純だし、スピルバーグの「激突」みたいにワンテーマで
突っ走った方が、どうせ90分くらいの作品なので、緊張感が持続できたのではないか。
個人的にはそう思った。ただ、見せ方全般は工夫してあり緊迫感を継続できて、面白く観たけどね。

ありそうであまり知らない911指令室の活躍をハル・ベリー演じる女性オペレーターを
主人公に、精神的にやばい男に拉致された少女の救出に当たるお話だ。

ハル・ベリーは本作でラジー賞の候補になっちゃったが、そうでもないんじゃないかな。

突っこみどころもそこそこあるのだが、犯人がおそらくガンか白血病で亡くなった姉の
抜けた髪の毛に執着していて、少女を誘拐し頭の皮を髪ごと剥ぐという凶行に出ようと
したわけだ。最初の事件の時に、犠牲者の少女を、リダイヤルしてしまい犯人に通報者の
居所を教えてしまう結果となり、少女を助けられなかったオペレーターのジョーダン(ハル・ベリー)
は、それがトラウマになってしばらくは卓に付く勇気がなかったのだが、2番目の事件が
発生すると、何とか少女を助けたいと必死になって彼女を誘導し、犯人の特定などに
活躍する。

しかし、地下の秘密基地で、犯人と対峙したジョーダンと少女、復讐心は分かるけど、
警察に渡さなくちゃだめでしょ。特にジョーダンは警察関係者なんだから。
それと、あれだけトランクに閉じ込められてピーピー泣いていた少女が、犯人に
対しては人間が変わっちゃうんだから、びっくりだよね。トヨタカムリの後席には
トランクスルーがないのかね。
(オチとしては面白い持って行き方だなとは思ったけど、どうも無理を感じた次第だ)

それにしても911の指令室の過酷さ、またプリペイド携帯はGPSを持たないので位置が
特定しずらいなど、いろいろと面白いtipsがあった。始終ぶんぶんうるさいので指令室を
「蜂の巣」というのも面白い表現だな、と。
e0040938_16302681.jpg

<感想>
「ハル・ベリー演じる緊急通報室のオペレーターが、殺人鬼に誘拐された電話越しの
少女を助けようとするさまを描くサスペンス・スリラー。
『マシニスト』の鬼才ブラッド・アンダーソン監督が、斬新な手法で観る者をグイグイと引き
寄せる。誘拐された少女役の『リトル・ミスサンシャイン』のアビゲイル・ブレスリンの熱演
にも注目。

L.A.の“911緊急通報指令室”のベテラン・オペレーター、ジョーダン(ハル・ベリー)は、
一般市民の命を救うため電話越しに指示を出すという仕事に就いていた。
常に冷静沈着な彼女はある日、不法侵入者に脅える少女からの通報に対応するが、
一瞬の判断ミスが原因で少女の命は殺人鬼に奪われてしまう。

悲嘆に暮れるジョーダンは、自分の人生を見直すため、一線を退く時期ではないかと
思案する。彼女の支えとなっている警察官の恋人(モリス・チェスナット)も、もっと人生を
楽しみ、極度の緊張感にさらされる職務のノウハウを後進に教えるときだと彼女を諭す。

半年後、研修生たちを連れて911緊急通報指令室の内部を案内していたジョーダンは偶然、
何者かに誘拐され車のトランクに監禁された少女ケイシー(アビゲイル・ブレスリン)からの
電話を耳にする。彼女は、シリアル・キラー(マイケル・エクランド)に誘拐され、彼が運転する
車のトランクから命からがら911に電話をかけてきたのだ。経験豊富なジョーダンは、すぐに
ケイシーが緊迫した状況であることを察知、彼女に指示を与える。

やがて、その犯人の声に聞き覚えがあることに気付いたジョーダンは、あのときの殺人鬼だと
確信し、自身の葛藤を抱えながらケイシーの救出に乗り出していくのだった……。」(Movie Walker)

この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/22438252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2014-10-01 22:50 | 洋画=さ行 | Trackback | Comments(0)