ハワイ・マレー沖海戦

●「ハワイ・マレー沖海戦」
1942 日本 東寶映畫  企画:大本営海軍報道部  協力:海軍省  117分
監督:山本嘉次郎  特技・撮影・特技監督:円谷英二
出演:伊藤(伊東)薫、原節子、加藤照子、藤田進、大河内傳次郎他
e0040938_16332847.png

<評価:対象外>
<感想>
海軍が国策映画として開戦1周年を記念して作らせた、国威発揚映画。なんで
こんなものを観たかというと、円谷英二の特撮の原点といわれる映像が見られると
聞いたから。 山本と円谷は、作れと言っておいて軍事秘密をたてにまったく非協力的な
海軍に腹を立てていたという。そこで山本は軍艦や空母の実物大セットを作ってしまった
という。一方、円谷の特撮技術は、海軍省提供の実写フィルムと相まって、さすがの
出来であった。モノクロなので、特に完成度の高さが目立ったと思う。カットを短くし字幕を
はさみながら、アラがバレにくくしてて、なおかつ、戦闘機の主翼ナメとか操縦室の股下からの
ショットなど工夫が凝らされている。有名な山を回転させあたかも止まっている飛行機が
山肌をかすめて飛んでいるシーンとかも見られる。
今はVFXに見慣れている我々が感心するくらいだから、公開当時は本物のドキュメントと
思った人が多くいたに違いない。

主人公?が入隊する霞ヶ関の海軍予科練習隊の様子は、ロングショットは本物が
使われたと思われ、この中の何人が生き残っただろうか、と思わずにはいられなかった。
それとエンディングに軍艦マーチとともに意味もなく流れる戦艦陸奥や長門の艦砲射撃の
実写はとてもめずらしいと感じた。
まあ、物語はあってないようなもので、海軍に入り立派に成長し田舎に里帰りした兄の
後を慕って予科練に入った弟が、皇軍魂を鍛えられる様子が延々と流され、後半は
真珠湾攻撃の様子と、レパルスとプリンス・オブ・ウェールズを撃沈したマレー沖海戦の
様子が記録映像のように淡々と描かれるのみ。冒頭あたりの原節子の登場とかは何だった
のだろう? 海軍省に検閲されるので、堅苦しい映画にならざるを得なかったのは
いたし方ないだろう。 予科練の様子も、戦闘中の様子も、本当の軍隊の様子は反映されて
おらずキレイ事が並んでいる。 国民はこういう映画を見て、大本営のいうことを信じるように
洗脳さてていったのだろう。今はテレビとかネットとかで、じわじわと来ている。
円谷の出来、特撮技術史的意味合い以外、反面教師として見なくてはならないだろう。
よもや、かっこいいなどと見てはいけない。ちなみに主人公?の伊藤(伊東)薫は、公開
直後招集され、1ヶ月後に中国で戦死しているという。20歳だったそうだ。
e0040938_16334448.jpg

本作の情報はこちらのwikipediaを参照ください。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/22461377
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2014-10-09 23:20 | 洋画=は行 | Trackback | Comments(0)