ローン・レンジャー The Lone Ranger

●「ローン・レンジャー The Lone Ranger」
2013 アメリカ Walt Disney Pictures,Jerry Bruckheimer Films.149min.
監督・製作:ゴア・ヴァービンスキー 製作:ジェリー・ブラッカイマー 
出演:ジョニー・デップ、アーミー・ハマー、トム・ウィルキンソン、ウィリアム・フィクトナー、バリー・ペッパー
    ヘレナ・ボナム=カーター、ジェームズ・バッジ・デール、ルース・ウィルソン他
e0040938_15281337.jpg

<評価:★★★★★★★★☆☆>
<感想>
シネコンに観に行こうかな、と思ったが、上映時間の長さにおそれをなして止めてしまった
作品。イマイチ積極的に観に行こう、というモチベーションが湧かなかったのも確か。
本国での評価はよろしくないし、ラジー賞にもノミネートされているのだけれど、
私としては、とても楽しく観たよ。どこかまずいのかな。たしかに白塗りしたジョニデの顔は
誰だかわからんし、ローン・レンジャーを演ったアーミー・ハマーもちょいと魅力に欠ける
キャスティングではあったけど、あとはテレビドラマ(リアルタイムでは観ていないけど)の
世界のまんまというかテレビの狭い世界では体験できないであろう大きな画面で繰り広げられる
「活劇」は伏線とカタルシスの塊で、男の子映画として、時間も長く感じなかったし、
ディズニー映画なので、安心して観ていられるし、楽しい時間を過ごせたんだけど・・・。

年老いたトントが、サーカス小屋の中の大西部展みたいなブースで、見に来たローン・レンジャー
姿の少年と会話してすすめる物語も、嫌いじゃなかった。
ラストの銀を積んだ列車での活劇は、インディー・ジョーンズの世界だな。トントの「ボケ」と
愛馬「シルバー」の「ボケ」も面白かったし、娼館の女主人ヘレナ・ボナム=カーターの義足ライフル、
など、銀の銃弾などのギミックも効いていたと思う。
この手の作品に欠かせない、「意外性」も、いろんなところで発揮できていたのではないか。

ネットを見ると、ジョニデは監督やプロデューサーとの組み合わせから「パイレーツ・オブ・カビリアン」
と比べられているようだが、幸い?なことに、私はその海賊ものはひとつも観ていないし、
見る気も起きないので、本作が素直に楽しめたのかもしれない。
所詮は、主に子供向けのラジオドラマ~テレビドラマの映画化なので、目くじら立てることもないし、
映画化も4本目だ。逆に言えば今日的におとなも楽しめるエンタテインメントに仕上がっていたかどうか、
が評価軸だと思うのだが、その点個人的にはOKだと思った。
e0040938_15282916.jpg

<ストーリー>
「日本でも人気を博した往年のTVシリーズを、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ、
「ランゴ」のゴア・ヴァービンスキー監督&ジョニー・デップ主演コンビで映画化した西部劇
アクション大作。復讐に燃える悪霊ハンター“トント”と彼によって瀕死の状態から甦った
正義のヒーロー“ローン・レンジャー”の凸凹コンビが、巨悪への鉄槌を下すべく珍道中を
繰り広げるさまをユーモアと迫力のアクションを織り交ぜ描き出す。
共演は「J・エドガー」のアーミー・ハマーと「英国王のスピーチ」のヘレナ・ボナム=カーター。
 
西部開拓時代のアメリカ。正義感あふれる郡検事のジョン・リードは、勇敢なテキサス・
レンジャーの兄ダンを無法者一味に殺され、自らも凶弾に倒れて生死をさまよう。そんな彼の
前に現われたのは、ネイティブ・アメリカンの男、トント。少年時代の忌まわしい事件のために
復讐に燃える悪霊ハンターだった。トントは、その聖なる力でジョンを甦らせると、それぞれが
求める復讐と正義のため手を組むことに。そしてジョンは敵を欺くべく兄の形見をマスクにして、
素顔を隠したヒーロー“ローン・レンジャー”となる。こうして共通の敵=極悪非道な無法者ブッチ・
キャヴェンディッシュを追って旅に出た2人だったが…。」(allninema)

この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/22510202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2014-10-23 23:15 | 洋画=ら~わ行 | Trackback | Comments(0)