ガンズ アンド ギャンブラー Guns,Girls and Gambling

●「ガンズ アンド ギャンブラー Guns,Girls and Gambling」
2011 アメリカ Freefall Films,Hollywood Sky Entertainment,Releaseme Productions.89min.
監督:マイケル・ウィニック
出演:ゲイリー・オールドマン、クリスチャン・スレーター、デイン・クック、ヘレナ・マットソン他
e0040938_17102855.jpg

<評価:★★★★★★☆☆☆☆>
<感想>
WOWOWの解説に「B級映画」とはっきり書かれていて身も蓋もないけど、「B級」には
上手く作ればそれなりの面白さがある。本作も、なんだかんだと結局最後まで観てしまったし
これがなかなか面白ろかったのだ。話がやや複雑なウラミはあるが、どんでん返しもあり
割りきって観せている手法も飽きさせずに面白い。昨日、一昨日、今日という短い時制が
行ったり来たりするが、それは苦になるのではなく、手法の魅力として映った。
出演者もどうってことない俳優さん(失礼!)が並んでいるが、それぞれ上手くハマっていたと
思う。まあDVDで見る映画かな、とも思うけど、スレイターの最後での招待バラシなどは
なるほどね、と。アメリカ先住民がらみの映画は最近インディアンという言葉を使わないので
苦労しただろうけど、わざと本物のインド人が出てきたりして、皮肉をかましているのも痛快だ。
冒頭で、カジノでスッカラカンになりエルビスモノマネコンテストに出る、というのも、最後の
最後につながっているんだね、今思えばだけど。

100万ドルはする、というインディアンのマスクをめぐり、主人公ジョン・スミス(スレーター)と
彼を取り巻く、エルビスそっくり大会のメンバーたち、やたら銃撃が上手く格闘も強い金髪の
美女、インディアンがカジノを経営し成功しているのを尻目に、今や落ちぶれマスクを奪うこと
で復権を目指す牧場主。彼らが入り乱れてのドタバタなのだが、最後にジョン・スミス(偽名)
の復讐劇が明らかにされるのだ。しかし、仮面が本来の部族に戻っていくのはいいのだけど
あの金髪美女はジョン・スミスの元カノか元夫人らしく、彼の復讐劇に一役買っていたのだけど
何であんなに強いのかなあ、(最後にはレズの彼女とバイクで消えるけど)。あと、ジョン・スミスに
ついてまわる「隣の女子大生」の正体は明かされるまで分からなかったなあ。
e0040938_1710508.png

e0040938_17133358.jpg

冒頭に出てくるエルビスものまねコンテストの優勝者がゲイリー・オールドマンなんだけど、
砂漠のど真ん中にいるわけ、そしてやがてやってきたバスに乗ったのだが、運転手が野糞に
降りところに、乗り込んだ腰に2丁の拳銃を打ち込んだ金髪美女。車内から聞こえる銃声。
それがすべての始まりであった。なぜ彼がそこにいて殺されなくてはならなかったのか・・。

この映画の詳細はこちらまで。
by jazzyoba0083 | 2014-11-20 23:15 | 洋画=か行 | Comments(0)