ロボコップ(2014) Robocop

●「ロボコップ(2014) Robocop」
2014 アメリカ MGM,Columbia Pictures.117min.
監督:ジョゼ・バジーリャ
出演:ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、アビー・コーニッシュ他
e0040938_17114061.png

<評価:★★★★★★★☆☆☆>
<感想>
1987年、本作を見た時は、衝撃的だった。故に今回のリブートでは、初回のロボコップの
登場の時の衝撃は無いが、30年近くの映画技術の進化は、このコンセプトに新たな
面白さを与えている。特にVFXでは、隔世の感があるが、思えば、原作もよく出来ていたな、
という想いをも強くした次第。本作は本作で、結構面白く観ることが出来た。

ストーリーは本作をほぼなぞっているが、より人間味が加わっていて今日的な仕上がりと
なっている。巨悪を追う刑事が瀕死の重傷を負う。しかし、世の中にはロボット刑事を望む
声がある一方、こころのない機会に人間をどうこうされることは許されないという法律も出来て
いた。治安維持用のロボットを製作するオムニ社にとって、アメリカでロボット刑事を導入する
ことは、自らの企業成長のためにも欠かせないことであった。

ここで冒頭のシーンが生きてくる。アフガンや中東で、治安維持用のロボットは既に実用化
されていて、米軍兵士の犠牲0の中で、治安が維持できるという成果をあげていたのだった。
オムニ社は、なんとかしてアメリカにもこのロボット刑事を導入したいが、国に反ロボット法が
ある以上どうすることもできなかった。

このタイミングで、犯罪捜査中のアレックス刑事は、デトロイト市警の内部にまで巣食う
ロボットがらみの犯罪を捜査中に、自宅の車に仕掛けられた爆弾で、頭と胸から上以外が
吹き飛ばされた。オムニ社の開発担当技術者ノートン博士の手によって、ほとんどが人工の
ロボコップとして再生した。これを千載一遇のチャンスととらえたロボット刑事導入派の市警
幹部と、オムニ社上層部は、アレックスを大々的に売り出すことを計画した。妻と子供も
こころが前のままなら、という理由でロボット化に賛成したのだった。

しかし、過去の犯罪歴を能にインプットする時、あまりにも膨大なデータを送り込んだため、
アレックスの人間的な感情が阻害され、感情を持たないロボット刑事と化してしまった。
お披露目の会場で既に殺人犯を特定し逮捕するという活躍に市民は大熱狂。
ほくそ笑む市警とオムニ社だった。しかし、妻と息子は、夫の目に感情が無いことを察知して
いたのだった。

アレックスは自分を半殺しにした敵をやっつけ、更にそれに繋がる警察組織の汚職にまで
その手を伸ばしたのだった。オムニ社も市警も、あまり苛烈な捜査は嬉しくない。そこで
両者は、アレックスをホントに殺してしまおうとする。しかし、ノートン博士の助けで、蘇生に
成功し、妻子に迫る危機を救うとともに、オムニ社と市警の幹部の腐敗も摘発したのだった。

サミュエル・L・ジャクソンが、テレビの司会者として狂言回しのような役割なのだが、最後の
切れっぷりが、この映画を単なるハッピーエンドに終わらせていなかった。
全般的にヒューマニズムが生きていて、ロボコップと家族、そして同僚刑事とのやりとり、
機械が主人公とはいえ、終始「人間性」が表面に出ていたことが本作を一つ上の出来に
していたのではないか。
主役のキナマンは初めて観たが、殆ど顔しか出てこないし、その顔も終始仮面に覆われて
いるので、キナマンである必要が構成上もないのじゃないか、と感じた次第。
e0040938_1712251.jpg

<ストーリー>
「2028年。デトロイトに本拠を置く巨大企業『オムニコープ社』は軍事用ロボットを海外で採用
させ莫大な利益を得ていたが、アメリカ本国でだけは販路拡大を阻まれ、苦戦を強いられていた。
ロボット配備を規制する『ドレイファス法』と、それを支持する多くの議員。何より、心を持たず
命の尊さを解さないロボットに人間の生殺を任せることに、世論の根強い反発があるためで
あった。
国内にも販路を拡げたいオムニコープは、パット・ノヴァック司会のTV番組等を利用して世論
誘導に努めるが、なかなか上手くいかない。この状況を打破すべく、CEOのレイモンド・
セラーズはサイボーグ技術の権威であるデネット・ノートン博士に協力を求め、『ロボコップ』
計画を立ち上げる。機械のボディに人間の頭脳を融合させた『ロボコップ』を造り出し、警官と
して活躍させることで、心無きゆえに嫌われてきたロボットを「人々に愛される」製品に変えようと
いうのであった。

被験者として選ばれたのはアレックス・マーフィ刑事。彼は相棒のジャック・ルイス刑事と共に
武器の密輸組織の内偵を進めていたが、汚職刑事のタレ込みから組織の仕掛けた爆弾に
よって極度の重傷を負っていた。彼の妻クララの同意を得たノートン博士は、アレックスの
身体のほとんどを機械に改造し、ロボコップとして蘇らせる。

当初は変わり果てた自分の姿に絶望し死を望むアレックスだったが、妻と息子のために
生きろというノートン博士の説得を受け、ロボコップとしての活動に同意するのだった。
しかし、性能テストを開始して早々にロボコップは問題を露呈。情報経路が複雑な上に感情
ゆえの迷いを持つロボコップは、通常のロボットより遥かに判断が遅く、社の求める性能を
満たせない。ノートン博士ら技術陣は火器管制プログラムを強化しドーパミンの分泌を制御
するなどして性能アップに努めるが、その結果アレックスは感情を抑制され、妻や子供、
ルイスを見ても機械的な対応しか出来ない文字通りのロボットと化してしまう。

完成したロボコップは期待通りの性能を発揮。お披露目の場で指名手配犯を逮捕したのを
皮切りに次々と凶悪犯を捕らえ、市民から熱烈な支持を得ていく。世論は徐々にドレイファス法の
撤廃へと傾き、事態はセラーズの思惑通りに推移するように見えたが、捜査の最中にロボコップ
=アレックスがクララと再会した事から変化が起こり始める。
アレックスの脳内でドーパミンが復活し、抑えられていた感情が蘇る。自らの意思でプログラムを
書き換えたアレックスは独自の捜査を推し進め、かつて自分を殺そうとした武器密輸組織を
駆逐、遂には警察内部の汚職をも暴き出すに至った。

ロボコップが人々の喝采を浴びる状況とは裏腹に、頭を抱えるオムニコープ重役たち。そもそも
ロボコップは反ドレイファス法の広告塔に過ぎず、ロボットの販売が自由化された後に持て余す
ことになることは自明。ましてプログラムの制御を離れ、社に都合の悪い汚職まで暴きかねなく
なった今、彼はもはや邪魔者でしかない。セラーズはロボコップを停止させ、彼の家族ともども
闇に葬る策を講じ始める。間一髪、ノートン博士の助けでラボを脱出したアレックスは、家族を
守るためオムニコープに決死の反攻を開始。それぞれの思惑を巻き込み、事態はオムニ本社
ビルの死闘へとなだれ込んでいく。」(wikipedia)
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/22692335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2014-12-30 23:20 | 洋画=ら~わ行 | Trackback | Comments(0)