スパイ・レジェンド The November Man

●「スパイ・レジェンド The November Man」
2014 アメリカ Relativity Media. 108min.
監督:ロジャー・ドナルドソン
出演:ピアース・ブロスナン、ルーク・ブレイシー、オルガ・キュリレンコ、イライザ・テイラー他
e0040938_113318100.jpg

<評価:★★★★★★☆☆☆☆>
<感想>
《ストーリーのキモに触れた記載ありなのでご注意ください》
ホノルルからの帰国便で見た2本の中の1本。先に見た「エクスペンダブルズ3」とはまた
趣を変えた男の活劇である。還暦を迎えた007、ピアース・ブロスナンがなかなかの活躍だ。
彼の部下で親友でもあったルーク・ブレイシーがなかなかいいところを持っていく。
キャラクターの設定とか物語とかは分かりやすいし、カーアクションなどはなかなか魅せるの
だが、なにせ、全体の設定の古さは拭えない。

引退したスパイ、かつての仲間との葛藤、裏切っていた身内のボスの存在、CIAの悪行、
そして話に花を添える悲劇の女性、スパイと娘の親子の愛情と、スパイ映画のあるべき姿(だった)
要素で固められているので、安心して見ていられるといえるものの、刺激度が低い作品と
なった。オルガは可愛かったけど。オルガの正体は割と早いうちに「これは・・」と分かっちゃう
んじゃないかな。
さはさりながら、先にも書いたように、ブロスナンはよぼよぼしていないし、ルークもガンバって
いる。カーアクションもなかなか良い画が撮れている。ロシアの女殺し屋の姿格好が
「ドラゴン・タトゥーの女」を連想させたり、上映時間も短いし、肩肘はらずに楽しむにはいい
かもしれない。映画館で観るかどうかは、個人的な拘り(関心)によると思う。私なら行ってまで
見ようとは思わないかな。来年のWOWOW放映を待ってもいいと思ったかも。

邦題ははやりのレジェンドを使いたかったのだろうが、原題のままのほうが味があるのでは
ないかな。本作、パート3くらいまで作られるかもしれない。
e0040938_11333899.jpg

<ストーリー>
ピアース・ブロスナンが『007 ダイ・アナザー・デイ』以来13年ぶりにスパイ役に挑んだ
サスペンス・アクション。元CIAのスゴ腕エージェントが、次々に起きるスパイ殺害事件と
その裏に潜むロシア大統領選を巡る陰謀に立ち向かう姿を描く。
監督は『13デイズ』などアクション作に定評のあるロジャー・ドナルドソン。

かつて“ザ・ノヴェンバー・マン”というコードネームで活躍していた伝説のCIAエージェント、
ピーター・デヴェロー(ピアース・ブロスナン)は、今はスイスで静かな引退生活を送っている。
そんな中、昔の同僚たちが次々と殺されていることを知ったデヴェローは、彼らの救助に
向かうが、同僚であり愛していた妻がデヴェローの目の前で殺害されてしまう。しかもその
犯人は、かつて自分が所属していたCIAで自ら育て上げた仲間であった。

その現役最強のスパイと緊迫の攻防を繰り広げながら事件の全貌を解明しようとする
デヴェローは、事件の裏にロシア大統領選を巡る国際的陰謀が隠されていることを知る……。」

その陰謀の鍵を握っているのがチェチェンの犠牲者で当時戦闘現場の指揮官であり、今や
ロシアの大統領候補の男に、家族を殺され自らも2年間も陵辱され続けてきたキュリレンコで
あり、彼女は変名を使って身を潜めていたのだが、大統領候補の秘密を握っている女として
追われる立場となる。そこから彼女の復讐劇も始まるのだ。それに手を貸すブロスナン、
そして大統領候補者とCIA大幹部との密約が明らかにされて来るのだ・・・。

最後にキュリレンコがブロスナンに買っておくように言われる電車の切符3枚がなんで3枚
なのかが、ラストになると分かって思わずニヤリ。
(Movie Walker)

この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/22747798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2015-01-21 12:30 | 洋画=ら~わ行 | Trackback | Comments(0)