理想の結婚 An Ideal Husband

●「理想の結婚 An Ideal Husband」
1999 イギリス Canal+,Fragile Films ,Icon Entertainment International.100min.
監督・脚本:オリバー・パーカー  原作:オスカー・ワイルド
出演:ケイト・ブランシェット、ミニー・ドライヴァー、ルパート・エヴェレット、ジュリアン・ムーア他
e0040938_16401267.jpg

<評価:★★★★★★★☆☆☆>
<感想>
面白かったです。いかにもイギリスの戯曲をアダプトしたという内容で、オスカー・ワイルドの
原作を、オリバー・パーカーが脚本にして監督しています。

映画というのは様々な楽しみ方があるわけですが、本作は、軽妙洒脱なイギリス的会話の
応酬。日本人には絶対に出来ないユーモアとウィットの応酬。こいつが楽しい。
これをオスカー女優ブランシェットとムーアの対立したキャラクターを中心に描いていく
わけですが、舞台がダイナミックに変化する映画ではなく、あくまでも男女の愛憎の駆け引きと
「愛する人に理想のみを追いかけることは結局不毛であり、相手の欠点も含めて愛すること、
奪うことより与えることが愛だ」というこを、二組の男女を中心に描いていく。

舞台が19世紀末のロンドンのハイソサエティ。まあ、スノッブな恋愛談義などは、庶民レベル
では無理なので、舞台が貴族の世界を背景にするのはここでは仕方がない。

国会議員(ジェレミー・ノーザム)とその妻(ケイト・ブランシェット)、国会議員の妹(ミニー)と
独身貴族(ルパート・エヴェレット)、ウィーンからロンドンに現れた、かつてのブランシェットの
学友で仲が悪いチーヴリー夫人(ジュリアン)がメインキャスト。

彼らが過去の秘密とか、それぞれのやりとりの中で、真実と嘘を上手く使い分けつつ
危機になったり・・・。男女の中とは真実だけでは成り立たないということをオスカー・
ワイルド流の手法で物語るのだが、その間のやりとりが非常に面白い。
真実は誤解により曲解され、策謀が飛び交うがそれは上手く行かず、結局、清濁併せのむ
男女の中こそ、長続きの秘訣なのだ、ということが分かってくる。

会話劇から見出される、理想の結婚のありようとは。タイトルは理想の夫だから、夫の
方に力点が置かれているが、理想の夫のありようは理想の妻の投影であるわけで、
それは映画を見ているとよく分かってくる。
イギリス流の洒脱な会話と、戯曲の面白さが堪能出来る佳作であると思う。
ブランシェットやジュリアンらのキャストも安心して見ていられる。脇を固める俳優もいい。
e0040938_16403013.jpg

<ストーリー>
「1895年、ロンドンの社交界。独身貴族アーサー(ルパート・エヴェレット)は親友で政治家の
ロバート(ジェレミー・ノーザム)の妹メイベル(ミニー・ドライヴァー)との結婚に踏み切れない
まま、優柔不断に日々をすごしていた。
ロバートと聡明な妻ガートルード(ケイト・ブランシェット)は人も羨む理想的な夫婦。ところが、
ウィーンの社交界の華となったチーヴリー夫人(ジュリアン・ムーア)が帰国して事態は急変。
彼女はアーサーと婚約していたことがあるばかりか、今度はロバートに接近して過去の秘密を
ネタに彼を脅迫、自分が投資する運河建設計画に協力を求める。返事を渋るロバートに業を
煮やしたチーヴリー夫人はガートルードにロバートの旧悪を暴露。ショックを受けた
ガートルードはロバートを追い出した。
いっぽう、アーサーもチーヴリー夫人によって身の振り方の決断を迫られる。かくして二組の
男女は様々な思いを胸に、“理想の結婚”をめぐり揺れ動くのだった。」(Movie Walker)

この映画の詳細はこちらまで。
by jazzyoba0083 | 2015-02-12 23:15 | 洋画=ら~わ行 | Comments(0)