ハミングバード Hummingbird

●「ハミングバード Hummingbird」
2012 イギリス Lionsgate,IM Global,Shoebox Films.100min.
監督・脚本:スティーヴン・ナイト
出演:ジェイソン・ステイサム、アガタ・ブゼク、ヴィッキー・マクルア、ヴェネディクト・ウォン他
e0040938_16362010.jpg

<評価:★★★★★★☆☆☆☆>
<感想>
イギリス映画ずいている今日このごろ、本作は、どこか「アメリカン・スナイパー」に
通底するような骨子をもったものだが、私としては比べているわけではないのだが
何か今一つ食い足りない感じを受けた。何だろう。逃亡中に天井窓から忍び込む
結果となった高級アパートでのあれこれがちょっとご都合主義的すぎたからかな。
スーツもシャツもおそらく靴もあんなにフィットする人が住んでいたなんて。最後に
出てくる本来の住人は、あんなにカッコイイスーツが着られる男とは見えなかったけどなあ。

しかしながれ、それを幸運として、人生を切り開き直そう(いい意味ばかりではないが)とした
男の話としての設定は面白かったけど。
アフガンに派遣された特殊部隊兵士が仲間を殺され、その復讐に無実の住人5人を殺して帰国、
軍事法廷から脱出し、トラウマに苦しみつつホームレス生活をしていた。
その男ジョーイとホームレスの救済慈善事業をしているシスター、クリスティナ(彼女もDVに会い
に憎き父親を殺したかどで未成年が故に修道院入りとなった過去がある)との恋にも似た
交流の中で何とかジョーイが自分探しをするという一幕。 シスターを演じたアガタ・セブクに
今ひとつ魅力を感じずだった。

ハミングバードとは無人偵察機のことで、映画の冒頭とラストに現れる。ラストでは裏稼業で
稼いだ大金を別れた娘と元妻のところに残し、ホームレス時代に助けてくれた少女を
売春してなぶり殺しにした金融マンをビルから落として殺し、警察に追いかけられるのだが、
それを監視しているのが上空のハミングバードだったりする。シオラレオネ行きを希望した
シスターと、逃避行に成功したかどうかは描かれない。

それなりにカタルシスも感じるし、テンポもいいのだが、先述のようなご都合主義的な部分と
ヒロインの魅力の欠如、加えて、トラウマの元となった、住民虐殺の所に、いささか常軌を
逸し過ぎた部分を感じてしまった。あんなふうになるのか?と。それが戦争、と言われれば
経験のない身としてはなんとも言えないが。

全体として見終えて「損した」と感じる映画ではないし、ステイサム自信の演技はいいので
「アメリカン・スナイパー」ほどの重い部分を訴える映画でもないので、適当に観飛ばすには
いいのではないか。★は6,5です。
e0040938_16364670.jpg

<ストーリー>
トランスポーター」シリーズや「アドレナリン」「エクスペンダブルズ」など話題の作品に次々と
出演するアクション俳優ジェイソン・ステイサムが、スタントなしで挑んだサスペンス・アクション。
過去の罪から逃れるようにロンドンの暗黒街で生きてきた男が、心の拠り所としていた少女を
突如奪われ、復讐の鬼となる。
監督は、脚本を手がけた「堕天使のパスポート」で第76回アカデミー賞脚本賞にノミネートされ、
同じく「イースタン・プロミス」でも高い評価を得たスティーヴン・ナイト。本作が長編映画初監督
作品となる。ほか、「レンブラントの夜警」のアガタ・ブゼク、「ワンダーラスト」のヴィッキー・
マクルアらが出演。」(Movie Walker)

「アフガニスタンの戦場で5人の仲間たちを目の前で殺された特殊部隊の兵士ジョゼフ・スミスは、
その報復として民間人を5人独断で殺害していく。
当然これは軍法違反であり、その姿は無人偵察機「ハミングバード」によってしっかりと監視され
ていたため、ジョゼフは軍からの逃亡を余儀なくされる。

殺害容疑の軍法会議から逃亡したジョゼフは、ロンドンでホームレスに姿を隠して生活していた。
惨めな彼の境遇を慰めてくれるのは、唯一心を開いた同じホームレスの少女ただ一人であった。
ギャングによる有り金の全てや隠し持っていたドラッグを巻き上げるホームレス狩りの際、
ドラッグと酒に溺れたいたジョゼフはギャングに散々殴られ、たまたま逃げ込んだ先の高級
アパートメントに隠れたが、そこの住人は半年以上もニューヨークに行っていて不在であった
ため、その人物になりきって生活を始める。またその騒動の際、逃げたはずのホームレスの
少女は、ギャングの一味に掴まって、ドラッグ漬けにされた上、売春婦として風俗店に立たされ
ていたのだった。そして住人のジョーイ・ジョーンズの名を借りた彼は、生きるために裏の仕事を
着々とこなしていくのだった。

また怪我をしたジョゼフを助けた修道女に、淡い恋心を抱いた行くのであった。修道女も10歳の
頃、自分を18回レイプした体操の先生を殺した為修道院に入れられていて、お互いがお互いの
傷を舐め合い励まし合い助けあうのであった。

その後も、裏の仕事と同時にホームレス少女の捜索も進めていたジョゼフの元に、あの少女が
変わり果てた姿で発見されたという最悪の報せが届く。これで怒りが頂点に達した彼は、再び
復讐の鬼となり、少女殺害に関わった者への報復を開始する。

目的を成し遂げたジョゼフは再び路上生活者に戻るも、上空から監視していたハミングバードに
見つかり…。 軍関係者の「逮捕せよ!」の無線の声で終わる。逮捕されたか?それとも再び逃
げおおせたか?不明。」(wikipedia)

この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/22852484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2015-03-03 22:40 | 洋画=は行 | Trackback | Comments(0)